西之島

2020年8月 1日 (土)

西之島 2020年7月31日 3D立体画像(想像図)~だいち2号SAR強度画像から作成

 だいち2号による2020年7月31日のSAR強度画像から想像で3D立体画像を作成してみました。

3D立体画像のRchは2020年7月31日、Lchは2020年7月17日を使い、7月17日の画像を加工して
疑似的な視差加工を行い3D立体画像を作成しています。
立体感は「これくらいかな?」のアバウトな決め方で凸凹感を決めています。
あとモノクロ画像だと寂しいので、黒くなる前の西之島の色で彩色してみました。

  この3D立体画像はあくまでも想像図で、アートとしてみてください (^^;

 

 

このページ(説明)   00:00 ~ 00:10
3D立体画像(交差法) 00:10 ~ 00:40
3D立体画像(平行法) 00:40 ~ 01:10 ※平行法は高さが強調されて見えます


画像の出典:下記をもとにR1が作成
西之島のSAR強度画像:
国土地理院HP 西之島のだいち2号SARデータ解析結果
https://www.gsi.go.jp/BOUSAI/R1_nishinoshima.html
(図62)2020年7月31日(左)及び2020年7月17日(右)のSAR強度画像 
https://www.gsi.go.jp/common/000226141.pdf 解析:国土地理院 原初データ所有:JAXA

BGM:ノスタルジア(甘茶)
http://nostalgiamusic.info/  「mizunonakanotsuki.mp3」

ブログ: 西之島 カテゴリー
http://r1rawd.cocolog-nifty.com/blog/cat60180080/index.html

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

| | コメント (0)

2020年7月30日 (木)

西之島 2020/07/28 ASTER衛星画像 フォトビデオ

 西之島は火口からの噴煙が続いていますが、「band13 熱赤外画像」を見ると火口以外に高温部が
見られないことから、直近の火砕丘からの溶岩噴出は無いと思われます。
西之島の海岸線も、2020/07/17だいち2号SAR強度画像の海岸線輪郭とほぼ変化はありません。


西之島 2020/07/28 ASTER衛星画像 フォトビデオ

 

 

 

写真1、西之島 ASTER衛星画像(全景)
タイムライン 00:30 ~ 01:00

写真2、西之島 ASTER衛星画像(中拡大)
タイムライン 01:00 ~ 01:30

写真3、西之島 ASTER衛星画像(大拡大)
タイムライン 01:30 ~ 02:00

写真4、西之島 ASTER衛星画像(海岸線比較)
タイムライン 02:00 ~ 02:30

写真5、西之島 band13 熱赤外画像
タイムライン 02:30 ~ 03:00


画像の出典:下記をもとにR1が作成

MADAS(METI AISTデータアーカイブシステム) https://gbank.gsj.jp/madas/map/index.html
GranuleID:ASTB200728012320 取得日:2020-07-28T01:23:16Z
Citation: ASTER-VA image courtesy NASA/METI/AIST/Japan Spacesystems, and U.S./Japan ASTER Science Team (see: https://gbank.gsj.jp/madas/?lang=en#contentss for detail)

西之島の輪郭
西之島のだいち2号SARデータ解析結果 解析:国土地理院
https://www.gsi.go.jp/BOUSAI/R1_nishinoshima.html
SAR強度画像から抽出した海岸線【暫定※】 000225825.jpg

BGM:ノスタルジア(甘茶)
http://nostalgiamusic.info/  「kawabededate_nostalgia.mp3」

ブログ: 西之島 カテゴリー
http://r1rawd.cocolog-nifty.com/blog/cat60180080/index.html

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

| | コメント (0)

2020年7月28日 (火)

西之島の噴火活動 2020年7月20日 4Kフォトビデオ(海上保安庁撮影写真)

 海上保安庁撮影の西之島の噴火活動の写真を高解像度 4K(3840x2160)
で見てもらえるようにフォトビデオにしました。


西之島の噴火活動 2020年7月20日 4Kフォトビデオ(海上保安庁撮影写真)

 

 

写真1 西之島 13:50
タイムライン 00:30 ~ 01:00

写真2 西之島(拡大) 13:50
タイムライン 01:00 ~ 01:30

写真3 火砕丘周辺 13:50
タイムライン 01:30 ~ 02:00

 


画像の出典:下記をもとにR1が作成。

海上保安庁 海洋情報部 海域火山データベース
https://www1.kaiho.mlit.go.jp/GIJUTSUKOKUSAI/kaiikiDB/kaiyo18-2.htm
2020年7月20日 13:30-13:53 海上保安庁撮影
photo1_20200720l.jpg  photo2_20200720l.jpg


BGM:ノスタルジア(甘茶) http://nostalgiamusic.info/  
「kokoronosukima.mp3」

ブログ: 西之島 カテゴリー
http://r1rawd.cocolog-nifty.com/blog/cat60180080/index.html

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

| | コメント (0)

2020年7月27日 (月)

西之島 2020年7月11日 火山雷

 海上保安庁により2020年7月11日に撮影された西之島の火山雷の様子です。

そろそろ、ゴジラが出てきてもいい雰囲気ですね(^^;

 

西之島 2020年7月11日 火山雷

 

 

 

ビデオ1(全編 33秒)
タイムライン 00:10 ~ 00:43

ビデオ2(火山雷部分のみを、1/16倍スロー)
タイムライン 00:45 ~ 01:57


ビデオの出典:下記をもとにR1が作成。

海上保安庁 海洋情報部 海域火山データベース
https://www1.kaiho.mlit.go.jp/GIJUTSUKOKUSAI/kaiikiDB/kaiyo18-2.htm
海上保安庁撮影7月11日動画 33秒【約8.21MB】火山雷抜粋. 20200711_movie.mp4

BGM:ノスタルジア(甘茶) http://nostalgiamusic.info/  
「kirinokyuryou.mp3」

ブログ: 西之島 カテゴリー
http://r1rawd.cocolog-nifty.com/blog/cat60180080/index.html

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

| | コメント (0)

2020年7月18日 (土)

西之島 2020年7月17日 3D立体画像 ~ だいち2号SAR強度画像から作成した想像図

 だいち2号による2020年7月17日のSAR強度画像から想像で3D立体画像を作成してみました。

3D立体画像のRchは2020年7月17日(南行)、Lchは2020年7月10日(北行)を使い、電波の照射方向
を(傾きを持った)疑似的な視差として火砕丘以外の立体感を得ています。
火砕丘は2020年7月17日を基準として「R1の想像図」として立体感を出しています。
(火砕丘の凹凸の立体感を出していますが高さ方向は基準が無いのでエイヤ!で決めました・・・)

  この3D立体画像はあくまでも想像図で、アートとしてみてください (^^;

 

 

このページ(説明)   00:00 ~ 00:10
3D立体画像(交差法) 00:10 ~ 00:40
3D立体画像(平行法) 00:40 ~ 01:10 ※平行法は高さが強調されて見えます


画像の出典:下記をもとにR1が作成
西之島のSAR強度画像:
国土地理院HP 西之島のSARデータ解析結果
だいち2号干渉SARによる変動について 
https://www.gsi.go.jp/BOUSAI/R1_nishinoshima.html
図55 https://www.gsi.go.jp/common/000225736.pdf 解析:国土地理院 原初データ所有:JAXA

BGM:ノスタルジア(甘茶)
http://nostalgiamusic.info/  「soiretudukumichi_nostalgia.mp3」

ブログ: 西之島 カテゴリー
http://r1rawd.cocolog-nifty.com/blog/cat60180080/index.html

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

| | コメント (0)

2020年7月16日 (木)

西之島 2020年7月11日 気象庁撮影写真 フォトビデオ

 気象庁が2020年7月11日に撮影した写真が7月15日に公開されました。
その写真でフォトビデオを作成しています。

 

 

写真1 西之島 噴煙の状況
タイムライン 00:30~01:00
7月11日14時52分 山頂から南南西に6Km地点から撮影。
・噴煙は火口縁上約1,700mまで上昇した後、西北に流れました。


写真2 西之島 噴煙の状況
タイムライン 01:00~01:30
7月11日15時57分、山頂から東に4Kmから撮影


写真3 西之島 噴煙の状況
タイムライン 01:30~02:00
7月11日16時12分、山頂から北東に6Kmから撮影
・大量の火山灰を含む黒色の噴煙が概ね直上に火口縁上1,300m以上まで上がった後、上空の風に
流されていました。
・島内から海上にかけて、上空に流された噴煙から火山灰が降下していました。


写真4 西之島 夜間の噴火の状況
タイムライン 02:00~02:30 
7月11日20時18分、山頂から東に4Kmから撮影
・噴煙とともに赤熱した溶岩が噴出し、火口縁上200m程度まで上がっていました。
・山頂火口の南側に裂け目のような地形が認められました。


写真5 西之島 噴出する赤熱した溶岩と火山雷
タイムライン 02:30~03:00
7月11日220時33分頃、山頂から東北東に4Kmから撮影


画像の出典:下記をもとにR1が作成
西之島の火山活動開設資料(令和2年7月15日14時00分)
気象庁地震火山部 火山監視・警報センター
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/monthly_v-act_doc/tokyo/20m07/202007151400_326.pdf
説明文は上記より引用

BGM:ノスタルジア(甘茶)
http://nostalgiamusic.info/  「tsukinomiyako_nostalgia.mp3」

ブログ: 西之島 カテゴリー
http://r1rawd.cocolog-nifty.com/blog/cat60180080/index.html

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

| | コメント (0)

2020年7月14日 (火)

西之島 白薔薇となる 2020/07/12 ASTER衛星画像 4Kフォトビデオ

 西之島の噴火活動が、2020年7月11日~13日(進行中)にかけて激しい噴煙を伴う形態になりました。
もしかしたら「大噴火で西之島が吹き飛んで小さくなったのでは? 」の可能性も考えていたのですが
安心してください、12日10時23分14秒のASTER衛星画像で南側の輪郭が確認できました。
ほかの部分の地形は噴煙で見えませんが多分大きくなって残っている(はずと・・・・

 衛星画像で見た西之島は白い噴煙(水蒸気?)が白薔薇のように見えます。
バックの茶色い噴煙を宇宙の背景としたら「白ばら星雲」ですね(^^;

 

 

写真1、西之島 ASTER衛星画像(全景)
タイムライン 00:30 ~ 01:00

写真2、西之島 ASTER衛星画像(中拡大)
タイムライン 01:00 ~ 01:30

写真3、西之島 ASTER衛星画像(大拡大)
タイムライン 01:30 ~ 02:00


画像の出典:下記をもとにR1が作成
MADAS(METI AISTデータアーカイブシステム) https://gbank.gsj.jp/madas/map/index.html
GranuleID:ASTB200712012319  取得日:2020-07-12T01:23:14Z
Citation: ASTER-VA image courtesy NASA/METI/AIST/Japan Spacesystems, and U.S./Japan ASTER Science Team (see: https://gbank.gsj.jp/madas/?lang=en#contentss for detail)

BGM:ノスタルジア(甘茶)
http://nostalgiamusic.info/  「sakuramaukoro.mp3」

ブログ: 西之島 カテゴリー
http://r1rawd.cocolog-nifty.com/blog/cat60180080/index.html

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

| | コメント (0)

2020年7月13日 (月)

西之島 大噴火か? 2020/07/11~12

 ひまわり8号の画像で2020/07/11の早朝から、西之島からの100Kmを超える
激しい噴煙が観測されています。
噴煙の規模は今までにない大きさで100Km四方を超える広がりです。
この激しい噴火で西之島の地形が大きく変わっているかもしれません。
大きくなるのならいいのですが吹き飛んで小さくなる可能性もあります。
海上保安庁の次回の観測ではっきりするでしょう。

 

 

 

 

画像の出典:下記をもとにR1が作成
ひまわり8号リアルタイムWeb
https://himawari.asia/himawari8-image.htm
提供:情報通信研究機構(NICT)

BGM:ノスタルジア(甘茶)
http://nostalgiamusic.info/  「gogonoameniutarete.mp3」

ブログ: 西之島 カテゴリー
http://r1rawd.cocolog-nifty.com/blog/cat60180080/index.html

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

| | コメント (0)

2020年7月 7日 (火)

西之島 2020年7月3日の大きさと3D海底地形図の比較

 西之島の噴火が激しくなり今も続いています。
面積の拡大している西之島近傍の海底地形はどのように変化しているかは、噴火の終了後に
海上保安庁による測量が行われるまでは全くの不明です。
そこで少しでも海底地形の変化を推測できるように、現在(2020/7/3)の西之島の輪郭を2015年
に作成された西之島の3D海底地形図の上に作図して、どのくらいの水深まで面積が広がっているか
わかるような図を作成してみました。
西之島の輪郭外周からいきなり垂直に落ちている図になっていますがこの部分の傾斜をイメージして見ると、
何となくどこまで海底下の地形が広がっているのが想像できます。


西之島 2020年7月3日の大きさと3D海底地形図の比較

 

 

 

※1、垂直倍率(水平対水深)は約2倍で描写しています。
※2、西之島の輪郭はだいち2号SAR画像(2020/07/03)を使用しています。
※3、西之島の3D海底地形図は2015年測量の水深図を使用して作成しています。

R1メモ
 海底の地形シミュレーションとしては、輪郭から安息角(30度ぐらいか?)で斜面を
外挿していけば良いのですが、今後の宿題です。

データの出典:下記をもとにR1が作成。

西之島の水深図:
海上保安庁 西之島周辺の海底調査データの解析結果について
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KIKAKU/press/2015/H271020_nisinosima.pdf

西之島の輪郭:
西之島のSAR強度画像 国土地理院HP 西之島のSARデータ解析結果
だいち2号干渉SARによる変動について 
SAR強度画像の比較アニメーション (2019年11月22日~2020年7月3日)
SAR強度画像から抽出した海岸線【暫定※】000225564.jpg   
解析:国土地理院 原初データ所有:JAXA
https://www.gsi.go.jp/BOUSAI/R1_nishinoshima.html

BGM:ノスタルジア(甘茶)
http://nostalgiamusic.info/  「shizukanarunatsunopulse1_nostalgia.mp3」

ブログ: 西之島 カテゴリー
http://r1rawd.cocolog-nifty.com/blog/cat60180080/index.html

 

 

| | コメント (0)

2020年7月 5日 (日)

西之島 再噴火後の成長(2019年11月22日~2020年7月3日のSAR強度画像)

 だいち2号干渉SARの観測による画像から、溶岩堆積部の拡大を図式化しました。

だいち2号の観測日

 基準日(2019/11/22)以降の溶岩堆積部拡大を見ています。

 1、2019/11/22 (再噴火前の基準地形)

 2、2019/12/06   3、2019/12/20   4、2020/01/03  
 5、2020/01/17   6、2020/01/31   7、2020/02/14
 8、2020/02/28   9、2020/03/13   10、2020/03/27
 11、2020/04/24   12、2020/05/08   13、2020/05/22
 14、2020/06/05 15、2020/06/19   16、2020/07/03

 

 

 

1、左図 :だいち2号干渉SAR強度画像(比較・前期)
      オリジナル画像に色調加工しています。

2、右図 :だいち2号干渉SAR強度画像(比較・後期)
赤色部 ~ 比較・前期/後期の地形変化のあった部分

 

 

データーの出典:下記をもとにR1が作成。

西之島のSAR強度画像:
国土地理院HP 西之島のSARデータ解析結果
だいち2号干渉SARによる変動について 
SAR強度画像の比較アニメーション (2019年11月22日~2020年7月3日)
000225561.gif   解析:国土地理院 原初データ所有:JAXA
https://www.gsi.go.jp/BOUSAI/R1_nishinoshima.html

西之島付近の等深線:
海上保安庁 西之島周辺の海底調査データの解析結果について
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KIKAKU/press/2015/H271020_nisinosima.pdf

BGM:ノスタルジア(甘茶)
http://nostalgiamusic.info/  「tsukinomiyako_nostalgia.mp3」

ブログ: 西之島 カテゴリー
http://r1rawd.cocolog-nifty.com/blog/cat60180080/index.html

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧