西之島

2022年12月 2日 (金)

東海徳場付近の変色水の湧出 2022/11/25,27

 海上保安庁による2022/11/25の観測で、東海徳場付近の変色水の湧出の規模が大きくなっているのが観測されました。
LandBrowserのSENTINEL2の2022/11/27の画像でも同様の変色水の湧出が観測されています。

図1、東海徳場付近の変色水の湧出 2022/11/25,27

 

 

 


図2、東海徳場付近の変色水の湧出 SENTINEL2 2022/11/27 zoom12

S2b54rwp202211270_zoom12_002


図3、東海徳場付近の変色水の湧出 SENTINEL2 2022/11/27 zoom15

S2b54rwp202211270_zoom15_002


図4、東海徳場付近の変色水の湧出位置

20_001

 

「海徳海山」活動記録 2022/11/25 13:51-14:04
 海徳海山の東海徳場付近に、直径約300mの円型の濃厚な黄白色の変色水の
湧出を認めた。
そこから南西方向に幅約1km、長さ約10kmにわたって青白色の変色水の分布を
認めた。
浮遊物は認めなかった。
海上保安庁
(出所:海上保安庁HP海域火山データベース > 海徳海山)

-----------------------------------------------------------

海徳海山の火山活動について(11月25日観測)
1.観測結果
海徳海山の東海徳場付近に、直径約300mの円形の濃厚な黄白色の変色水を認め
ました。また、そこから南西方向に幅約1km、長さ約10kmにわたって青白色の
変色水を認めました(図1・図2)。海徳海山では、本年8月から変色水が確認されて
おり、変色水の規模が大きくなっています。
2.東京工業大学理学院火山流体研究センター 野上健治教授(航空機同乗)のコメント
は以下のとおりです。
・前回(10月12日)の観測に比べて湧出域の面積が2倍以上に拡大し、変色域が
10kmまで延びており、海徳海山からの熱水湧出量はこの1ヶ月間で格段に増
加していることが認められる。
・規模としては38年前(1984年)の活動に近づいていると言える。このこと
は、海徳海山での海底火山活動がさらに活発化していることを示唆している。
・今後の火山活動の推移に注意が必要と考えられる。
3.海徳海山では、1984年に噴火が発生し、変色水、噴煙等の噴出がありました。
また、1986年に海底での火山活動を示す変色水が、2001年には気泡の湧出が
それぞれ確認されました。その後、特異事象は認められていませんでしたが、本年8
月、36年ぶりに変色水が確認されました。
(出所:海上保安庁海洋情報部HP
    海徳海山の火山活動について(11月25日観測)
     https://www1.kaiho.mlit.go.jp/KIKAKU/press/2022/20221128.pdf

------------------------------------------------------------

画像、説明文の出典:下記をもとにR1が作成。

海洋情報部トップ > 海の情報 > 海域火山データベース > 海徳海山
https://www1.kaiho.mlit.go.jp/GIJUTSUKOKUSAI/kaiikiDB/kaiyo20-2.htm
図1、kaitoku_20221125.mp4
図2、20.png  


LandBrowserのSENTINEL2画像
The source data were downloaded from AIST’s LandBrowser,
(https://landbrowser.airc.aist.go.jp/landbrowser/)produced from ESA remote sensing data
Sensor:SENTINEL2
ID:S2B54RWP202211270
Path:0 Row:0 Num:656
Cloud:11.97
Date:2022-11-27T01:20:01Z

BGM:NHKクリエイティブ・ライブラリー
http://www1.nhk.or.jp/archives/creative/material/
サンセットD0002070010_00000_A_001.m4a

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

| | コメント (0)

2022年11月23日 (水)

西之島 2022/11/17 SENTINEL2画像

 西之島の噴火は休止中で上空は快晴、久しぶりの西之島全景が見えます。
変色水域がこれだけ出ているということは、島内も火山性のガスで覆われていると
思うのですが、生息していた水鳥の住めない環境になっているのでしょうか?


写真1、西之島 2022/11/17 SENTINEL2画像(広域 LandBrowser オリジナル画像)

01_z11_004

 

写真2、西之島 2022/11/17 SENTINEL2画像(広域 変色水域の強調画像)

02_z11_004

 

写真3、西之島 2022/11/17 SENTINEL2画像

03_z14_002


画像の出典:下記をもとにR1が作成。

LandBrowser
https://gsrt.digiarc.aist.go.jp/landbrowser/index.html

Sensor:SENTINEL2
ID:S2B54RVR202211170
Path:0 Row:0 Num:381
Cloud:0.03
Date:2022-11-17T01:19:36Z

Sensor:SENTINEL2
ID:S2B54RVR202211170
Path:0 Row:0 Num:232
Cloud:0.03
Date:2022-11-17T01:19:36Z

Sensor:SENTINEL2
ID:S2B54RVQ202211170
Path:0 Row:0 Num:288
Cloud:4.6
Date:2022-11-17T01:19:50Z

Sensor:SENTINEL2
ID:S2B54RWR202211170
Path:0 Row:0 Num:221
Cloud:0.14
Date:2022-11-17T01:19:34Z

Sensor:SENTINEL2
ID:S2B54RWQ202211170
Path:0 Row:0 Num:275
Cloud:0.04
Date:2022-11-17T01:19:47Z

The source data were downloaded from AIST’s LandBrowser,
(https://landbrowser.airc.aist.go.jp/landbrowser/)produced from ESA remote sensing data

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

| | コメント (0)

2022年11月16日 (水)

福徳岡ノ場 2022/10/28 SENTINEL2画像

 福徳岡ノ場で2021/8/13の噴火でできた新島も消え、今は海中に沈んだ火口から噴出
する変色水域を認めるだけになりました。
もう海上保安庁の航空写真も2022/8/23を最後に大きな変化がないのか更新されません。
活動記録の最後の更新が2022/10/12ですが写真がありません。
どうなっているか見たいなーと思っていたら、LandBrowser (AIST)に変色水域を見る
ことのできる、SENTINEL2の画像を見つけました。
SENTINEL2の解像度は10m(R,G,B)でLandsat8の15m(PAN)より鮮明な画像が得られるのか
最近多く掲載されています。

今回使用したのは直近の、2022-10-28T01:20:27Z で雲が無く鮮明に見える画像です。


写真1、福徳岡ノ場 2022/10/28 SENTINEL2画像(LandBrowser オリジナル画像)

  画面中央にうっすらと変色水域が見えます。(下の島は南硫黄島)

S2b54qwm202210280_default_002_1

 

写真2、福徳岡ノ場 2022/10/28 SENTINEL2画像(変色水域の強調画像)

  画像強調すると、海面下に消えた新島と思われる濃い緑色箇所と変色水域がはっきり確認できます。

S2b54qwm202210280_default_002_2

 

写真3、福徳岡ノ場 2022/10/28 SENTINEL2画像(変色水域の強調画像) zoom14

  火口の周りの頂上部と思われる濃い緑色部分とその上に見える丸い環状部分は火口でしょうか?
 火口の周りの濃い水色部分は水深が浅い部分と思われます。

S2b54qwm202210280_default_002_3

 

画像の出典:下記をもとにR1が作成。

LandBrowser
https://gsrt.digiarc.aist.go.jp/landbrowser/index.html

Sensor:SENTINEL2
ID:S2B54QWM202210280
Path:0 Row:0 Num:477
Cloud:0.95
Date:2022-10-28T01:20:27Z

The source data were downloaded from AIST’s LandBrowser,
(https://landbrowser.airc.aist.go.jp/landbrowser/)produced from ESA remote sensing data

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

| | コメント (0)

2022年11月11日 (金)

西之島 2022-11-05,07 SENTINEL2画像

 気象・地球観測衛星 Sentinel-2A で撮影された西之島の画像です。

 

図1、西之島 2022-11-05 T01:29:36Z 広域画像(LandBrowserオリジナル画像) 

01_s2a54rvr202211050_default_5_002

 

図2、西之島 2022-11-05 T01:29:36Z 広域画像(変色水域強調画像)

02_s2a54rvr202211050_default_5_002

 

図3、西之島 2022-11-05 T01:29:36Z 拡大画像(LandBrowserオリジナル画像)

03_s2a54rvr202211050_default_4_004

 

図4、西之島 2022-11-05 T01:29:36Z 拡大画像(地形強調画像)

04_s2a54rvr202211050_default_4_004

 

図5、西之島 2022-11-07 T01:19:35Z 拡大画像(LandBrowserオリジナル画像)

05_s2b54rvr202211070_default_4_004

 

図6、西之島 2022-11-07 T01:19:35Z 拡大画像(地形強調画像)

06_s2b54rvr202211070_default_4_004

 

 

画像の出典:下記をもとにR1が作成。

LandBrowser
https://gsrt.digiarc.aist.go.jp/landbrowser/index.html

Sensor:SENTINEL2
ID:S2A54RVR202211050
Path:0 Row:0 Num:209
Cloud:9.68
Date:2022-11-05T01:29:36Z

Sensor:SENTINEL2
ID:S2B54RVR202211070
Path:0 Row:0 Num:341
Cloud:79.91
Date:2022-11-07T01:19:35Z

The source data were downloaded from AIST’s LandBrowser,
(https://landbrowser.airc.aist.go.jp/landbrowser/)produced from ESA remote sensing data

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

| | コメント (0)

2022年10月14日 (金)

西之島 2022年10月12日(再噴火後の初映像)

『 2022/10/27追加記事。
      1)海上保安庁HPに追加された写真3を追加掲載しました。
      2)活動記録の更新文を掲載 』

 2022/10/01に再噴火が確認された西之島を、2022/10/12 12:36-13:14
に観測した初映像・写真です。
観測中の噴火は認められなかった。

 

西之島の活動 10月12日(12:36-13:14の間)
海上保安庁撮影動画をもとにR1が作成。

 

 

写真1(遠景),2022年10月12日 南南東方から撮影
海上保安庁撮影をもとにR1が作成

20221012_movie_901

 


写真2(拡大),2022年10月12日 南南東方から撮影
海上保安庁撮影をもとにR1が作成

Photo1_20221012l_902

 

写真3,2022年10月12日 東方から撮影
海上保安庁撮影をもとにR1が作成

Photo3_20221012l_001

 

 

「西之島」活動記録 2022/10/12 12:36-13:14
観測中、噴火は認めなかった。
火砕丘中央火口から白色噴気が高さ約3,600mまで上がり、西方に流れていた。
南東部の火砕丘中腹において白色噴気を認めた。
島の西側に降り積もった火山灰が、東風にのって島の西方に拡散していた。
過去の噴煙とみられる、やや灰色がかった雲を島から西方に約40kmの地点まで認めた。
島のほぼ全周に茶褐色及び黄緑色の変色水の分布を認めた。
前回9/16観測と比較して、茶褐色の範囲は減少していたが、その外側の黄緑色の範囲は
広範囲に広がっていた。
火砕丘中央火口の湯だまりについて、火口内は噴気で確認できなかった。
火口南縁のものは、孔は引き続き認めたが、以前のような顕著な茶褐色の湯だまりは
認めなかった。
硫黄昇華物は、目視できる範囲では認められなかった。
海岸線全周に溶岩流は認められなかった。
西之島南海丘周辺に、特異事象は認められなかった。
海上保安庁(出所、海上保安庁HP)


画像、説明文の出典:下記をもとにR1が作成。
海域火山データベース 西之島
https://www1.kaiho.mlit.go.jp/GIJUTSUKOKUSAI/kaiikiDB/kaiyo18-2.htm
20221012_movie.mp4
photo1_20221012L.jpg
photo3_20221012L.jpg


BGM:NHKクリエイティブ・ライブラリー
http://www1.nhk.or.jp/archives/creative/material/
サンセットD0002070010_00000_A_001.m4a

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

| | コメント (0)

2022年10月12日 (水)

西之島 2022年9月16日 (写真を追加して再掲載)

 気象衛星「ひまわり」で2022/10/01に西之島の噴火が確認され、火山灰を含む
噴煙が現在も続いています。
掲載した2022年9月16日の写真が、再噴火前の綺麗な?西之島の最後の写真です。
(この記事は、後日に追加掲載された写真2,3を合わせて再掲載しています)

 

西之島 2022年9月16日 (2022/10/01再噴火前の姿)

 

 

 

写真1,2022年9月16日 12:52 南西方から撮影
第三管区海上保安本部撮影をもとにR1が作成

Photo1_20220916l_003a

 

写真2,2022年9月16日 12:51 東方から撮影
第三管区海上保安本部撮影をもとにR1が作成

Photo2_20220916l_003

 

写真3,2022年9月16日 12:54 北東方から撮影
第三管区海上保安本部撮影をもとにR1が作成

Photo3_20220916l_003

 

「西之島」活動記録 2022/9/16 12:49-12:54
噴火は認めず、火砕丘中央火口から白色噴煙が上がっていた。
西部~北部~東部の火砕丘中腹、北部~東部の山麓において白色噴気の放出を認めた。
放出量は前回8/15観測に引き続き多く、遠景でもはっきりと視認できる量であった。
火砕丘中央火口の湯だまりを引き続き確認した。
噴煙により火口内は確認できなかったが、火口南縁で1箇所、茶褐色の湯だまりを認めた。
火砕丘中央火口における硫黄昇華物は噴煙により詳細は確認できなかったが、火口南東縁で引き続き認めた。
島のほぼ全周に茶褐色及び黄緑色の変色水が分布していた。
変色水の分布範囲及び濃さは、前回8/23観測と比較して減少していた。
第三管区海上保安本部(出所、海上保安庁HP)


画像、説明文の出典:下記をもとにR1が作成。
海域火山データベース 西之島
https://www1.kaiho.mlit.go.jp/GIJUTSUKOKUSAI/kaiikiDB/kaiyo18-2.htm
photo1_20220916L.jpg
photo2_20220916L.jpg
photo3_20220916L.jpg

BGM:NHKクリエイティブ・ライブラリー
http://www1.nhk.or.jp/archives/creative/material/
アフタヌーンティーD0002070011_00000_A_001.m4a

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

| | コメント (0)

2022年10月 7日 (金)

西之島 2022年9月16日

 海上保安庁により2022年9月16日 に撮影された西之島です。

図1,2022年9月16日 12:52 南西方から撮影
第三管区海上保安本部撮影をもとにR1が作成

Photo1_20220916l_003

 

「西之島」活動記録 2022/9/16 12:49-12:54
噴火は認めず、火砕丘中央火口から白色噴煙が上がっていた。
西部~北部~東部の火砕丘中腹、北部~東部の山麓において白色噴気の放出を認めた。
放出量は前回8/15観測に引き続き多く、遠景でもはっきりと視認できる量であった。
火砕丘中央火口の湯だまりを引き続き確認した。
噴煙により火口内は確認できなかったが、火口南縁で1箇所、茶褐色の湯だまりを認めた。
火砕丘中央火口における硫黄昇華物は噴煙により詳細は確認できなかったが、火口南東縁で引き続き認めた。
島のほぼ全周に茶褐色及び黄緑色の変色水が分布していた。
変色水の分布範囲及び濃さは、前回8/23観測と比較して減少していた。
第三管区海上保安本部(出所、海上保安庁HP)


画像、説明文の出典:下記をもとにR1が作成。
海域火山データベース 西之島
https://www1.kaiho.mlit.go.jp/GIJUTSUKOKUSAI/kaiikiDB/kaiyo18-2.htm
photo1_20220916L.jpg

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

| | コメント (0)

2022年9月15日 (木)

西之島 2022年8月23日 火砕丘中央火口

 海上保安庁により2022年8月23日 に撮影された西之島の「火砕丘中央火口」です。


図1、2022/8/23 14:23
火砕丘中央火口 南南西方から
海上保安庁撮影をもとにR1が作成

_photo2_20220823l_304

 

「西之島」 活動記録 2022/8/23 14:12-14:24
 噴火は認められなかったが、火砕丘中央火口から白色噴煙が高さ約2,500mまで上がっていた。
北部~東部~南部の火砕丘中腹、北部~東部の山麓において白色噴気の放出を認めた。
放出量は前回8/15観測に引き続き多く、遠景でもはっきりと視認できる量であった。
火砕丘中央火口の湯だまりを引き続き確認した。
噴煙により詳細は確認できなかったが、火口底で1箇所、火口南縁で1箇所を認めた。
2箇所とも茶褐色であった。
硫黄昇華物が引き続き火砕丘中央火口内、火口縁の北部~東部~南部及び火砕丘中腹の北部に分布していた。
中央火口内には特に鮮やかな黄色の箇所があった。
島のほぼ全周に濃厚な茶褐色及び黄緑色の変色水が分布していた。
茶褐色の変色水は色がかなり濃厚で、分布範囲も広かった。
西之島南海丘周辺に、特異事象は認められなかった。
海上保安庁(出所、海上保安庁HP)


画像、説明文の出典:下記をもとにR1が作成。
海域火山データベース 西之島
https://www1.kaiho.mlit.go.jp/GIJUTSUKOKUSAI/kaiikiDB/kaiyo18-2.htm
photo2_20220823L.png

| | コメント (0)

2022年8月25日 (木)

海徳海山 2022/8/23 東海徳場付近の変色水

「海徳海山」活動記録 2022/8/23 13:49-13:57

 海徳海山の東海徳場付近に、直径約100mの若干浮遊物を伴う
円型の薄い黄白色の変色水を認めた。
海上保安庁(海上保安庁HPより引用)

 

 

映像・画像・文の出典・BGM:下記をもとにR1が作成。
海洋情報部トップ > 海の情報 > 海域火山データベース > 海徳海山
https://www1.kaiho.mlit.go.jp/GIJUTSUKOKUSAI/kaiikiDB/kaiyo20-2.htm
kaitoku_20220823.mp4
kaitoku_topo.png
Ekaitoku_bird.png
BGM:NHKクリエイティブ・ライブラリー
http://www1.nhk.or.jp/archives/creative/material/
SnowflakeD0002070017_00000_A_001.m4a

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

| | コメント (0)

2022年8月 3日 (水)

西之島の変色水域は約180Kmの範囲に広がっていた (2022-03-20 Landsat8画像解析)

 西之島の変色水域の広がりを、雲の少ない2022-03-20のLandsat8の画像から
判別してみました。

 ※福徳岡ノ場の空中写真を画像強調したところ変色水域が鮮明に見えたので、
  西之島のLandsat8画像にも適用してみました。
    福徳岡ノ場の航空写真による海底地形 2022-5-16,6-17


 Landbrowserのカラー画像(図1)では、西之島から北西方向に約50Kmの長さで
広がっている変色水域が薄っすらと判別できます。

(図1)西之島の変色水域 2022年3月20日(Landsat8 カラー オリジナル)

1_hensyokusuiiki

 

 画像強調を行った所、広範囲にわたって表層の海流で流された変色水域が
広がっているのが判別できます(図2)。

(図2)西之島の変色水域 2022年3月20日(Landsat8 カラー 強調画像)

2_hensyokusuiiki

 

(図3)は変色水域と思われる範囲を黄色線で示しています。
変色水域の判別は、水色部分(拡散前の濃い変色水域?)と緑色部分
(拡散して薄くなった変色水域?)で判別しています。
画像の右上から左下までの変色水域の長さは差し渡し約180Kmに達しています。

 ※緑色部分は潮目などが見えている可能性があります。
  判別は専門家ではないので確証はありません(^^;

(図3)西之島の変色水域 2022年3月20日(Landsat8 カラー 強調画像+範囲)

3_hensyokusuiiki

 

画像の出典:
LandBrowser 国立研究開発法人 産業技術総合研究所
https://gsrt.digiarc.aist.go.jp/landbrowser/index.html
“Image produced and distributed by AIST, Source of
Landsat 7/ 8 data: U.S. Geological Survey.”
Sensor:LANDSAT8
ID:LC81050412022079LGN00
Path:105 Row:041 Num:201
Cloud:34.4
Date:2022-03-20T01:05:44Z

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧