« 2022年7月 | トップページ | 2022年9月 »

2022年8月

2022年8月25日 (木)

海徳海山 2022/8/23 東海徳場付近の変色水

「海徳海山」活動記録 2022/8/23 13:49-13:57

 海徳海山の東海徳場付近に、直径約100mの若干浮遊物を伴う
円型の薄い黄白色の変色水を認めた。
海上保安庁(海上保安庁HPより引用)

 

 

映像・画像・文の出典・BGM:下記をもとにR1が作成。
海洋情報部トップ > 海の情報 > 海域火山データベース > 海徳海山
https://www1.kaiho.mlit.go.jp/GIJUTSUKOKUSAI/kaiikiDB/kaiyo20-2.htm
kaitoku_20220823.mp4
kaitoku_topo.png
Ekaitoku_bird.png
BGM:NHKクリエイティブ・ライブラリー
http://www1.nhk.or.jp/archives/creative/material/
SnowflakeD0002070017_00000_A_001.m4a

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

| | コメント (0)

2022年8月18日 (木)

ASTER(Terra衛星)の近赤外で見た、夜の東京(2015/02/01 21:48:35)

 ASTERの近赤外(TIR)で、夜の東京がどのように見えるのか試してみました。
画像は雲のほぼ無い日として、2015/02/01 21:48:35 を選定。
使用した近赤外の波長は疑似カラーを得るために3波長を使用しています。
 RGB割り当て(カラー化に使用したバンドと組み合わせに特に意味はありません)
   R(赤)=band10 熱赤外 8125nm-8475nm
   G(緑)=band12 熱赤外 8925nm-9275nm
   B(青)=band14 熱赤外 10950nm-11650nm

こんな画像が得られました。

ASTER(Terra衛星)の近赤外で見た、夜の東京(2015/02/01 21:48:35)

150201_rgb101214_002

 RGB割り当てに意味はないのですが、山がちょうど緑色になって、カラー写真らしく
見えます(^^;
画像の季節は冬なので、陸地より河川や東京湾の水温の方が高い(明るい)。
(明るい=温度高い、暗い=温度低い)


ASTER 熱赤外(TIR)仕様

波長
 band10 熱赤外 8125nm-8475nm
 band11 熱赤外 8475nm-8825nm
 band12 熱赤外 8925nm-9275nm
 band13 熱赤外 10250nm-10950nm
 band14 熱赤外 10950nm-11650nm

分解能:90m
観測幅:60km
センサ1画素あたりの情報量:12bits

画像の出典:下記をもとにR1が作成。
国立研究開発法人 産業技術総合研究所 LandBrowser
https://gsrt.digiarc.aist.go.jp/landbrowser/index.html
“Citation: ASTER-VA image courtesy NASA/METI/AIST/Japan Spacesystems, and
U.S./Japan ASTER Science Team.”

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

| | コメント (0)

2022年8月 3日 (水)

西之島の変色水域は約180Kmの範囲に広がっていた (2022-03-20 Landsat8画像解析)

 西之島の変色水域の広がりを、雲の少ない2022-03-20のLandsat8の画像から
判別してみました。

 ※福徳岡ノ場の空中写真を画像強調したところ変色水域が鮮明に見えたので、
  西之島のLandsat8画像にも適用してみました。
    福徳岡ノ場の航空写真による海底地形 2022-5-16,6-17


 Landbrowserのカラー画像(図1)では、西之島から北西方向に約50Kmの長さで
広がっている変色水域が薄っすらと判別できます。

(図1)西之島の変色水域 2022年3月20日(Landsat8 カラー オリジナル)

1_hensyokusuiiki

 

 画像強調を行った所、広範囲にわたって表層の海流で流された変色水域が
広がっているのが判別できます(図2)。

(図2)西之島の変色水域 2022年3月20日(Landsat8 カラー 強調画像)

2_hensyokusuiiki

 

(図3)は変色水域と思われる範囲を黄色線で示しています。
変色水域の判別は、水色部分(拡散前の濃い変色水域?)と緑色部分
(拡散して薄くなった変色水域?)で判別しています。
画像の右上から左下までの変色水域の長さは差し渡し約180Kmに達しています。

 ※緑色部分は潮目などが見えている可能性があります。
  判別は専門家ではないので確証はありません(^^;

(図3)西之島の変色水域 2022年3月20日(Landsat8 カラー 強調画像+範囲)

3_hensyokusuiiki

 

画像の出典:
LandBrowser 国立研究開発法人 産業技術総合研究所
https://gsrt.digiarc.aist.go.jp/landbrowser/index.html
“Image produced and distributed by AIST, Source of
Landsat 7/ 8 data: U.S. Geological Survey.”
Sensor:LANDSAT8
ID:LC81050412022079LGN00
Path:105 Row:041 Num:201
Cloud:34.4
Date:2022-03-20T01:05:44Z

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

| | コメント (0)

« 2022年7月 | トップページ | 2022年9月 »