« 海底火山・福徳岡ノ場の新島 ASTER 2021年10月3日 | トップページ | 赤い長方形(Red Rectangle HD44179)原始惑星状星雲 (NHKクリエイティブ・ライブラリーより、No.0066) »

2021年10月 9日 (土)

かに星雲 M1 パルサーの渦巻(NHKクリエイティブ・ライブラリーより、No.0065)

かに星雲 M1は超新星爆発した星で、中心核は中性子星(16等)として残って
おり、約1/30秒周期で電波やX線を出すパルサーです。
急速に回転する中性子星であるかにパルサーによって光速近くまで推進された物質
と反物質の光景を、すばる望遠鏡の映像から可視光で光る拡大リングとリングから
直角に噴き出すジェットとして見ることができます。
画像の上に「X線画像と光学画像(合成)」の両方で見える拡大リングを重ねて、
比較できるようにしています。

 

CREDITS:
Credits for X-ray Image: NASA/CXC/ASU/J. Hester et al.;
Credits for Optical Image: NASA/HST/ASU/J. Hester et al.

 

図1、かに星雲 M1
   すばる望遠鏡の映像から、可視光で光る拡大リングとリングから直角に噴き出すジェット

Messier-1_1  


図2、かに星雲 M1
   「X線画像と光学画像」の両方で見える拡大リングとリングから直角に噴き出すジェット

Messier-1_2

CREDITS:
Credits for X-ray Image: NASA/CXC/ASU/J. Hester et al.;
Credits for Optical Image: NASA/HST/ASU/J. Hester et al.


図3、かに星雲 M1 (ビデオフレーム291枚合成画像)

Messier-1_3

 

図4 かに星雲 M1 超新星爆発の残骸部鮮明化

Messier-1_4

 

 

オリジナル映像説明(NHKクリエイティブ・ライブラリー)
かに星雲 M1
地球から7200光年離れているM1(かに星雲)の映像。
西暦1054年に起きた超新星爆発の名残、中心には強力なX線やガンマ線を放出するパルサーが1秒間に30回という高速で回転している。
この爆発は世界各地で記録され、日本では藤原定家の明月記に記述が残る。
ハワイ島マウナケア山の国立天文台すばる望遠鏡で1999年撮影。
番組名:宇宙スペシャル
副題: 世界一の望遠鏡「すばる」でみる大宇宙(2)すばる撮影の天体映像
放送: 1999年

 

映像、画像、BGM、説明文の出典:下記をもとにR1が作成。
(1)かに星雲 M1(可視光線画像)(図1,2,3,4)
NHKクリエイティブ・ライブラリー
https://www2.nhk.or.jp/archives/creative/material/view.cgi?m=D0002050555_00000
D0002050555_00000.mp4
麦わら帽子とトンボD0002022425_00000_A_001.m4a(BGM)   
(2)X線画像と光学画像(図2)
Messier 1 (The Crab Nebula)
https://www.nasa.gov/feature/goddard/2017/messier-1-the-crab-nebula
CREDITS:
Credits for X-ray Image: NASA/CXC/ASU/J. Hester et al.;
Credits for Optical Image: NASA/HST/ASU/J. Hester et al.

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

|

« 海底火山・福徳岡ノ場の新島 ASTER 2021年10月3日 | トップページ | 赤い長方形(Red Rectangle HD44179)原始惑星状星雲 (NHKクリエイティブ・ライブラリーより、No.0066) »

NHKクリエイティブ・ライブラリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 海底火山・福徳岡ノ場の新島 ASTER 2021年10月3日 | トップページ | 赤い長方形(Red Rectangle HD44179)原始惑星状星雲 (NHKクリエイティブ・ライブラリーより、No.0066) »