« 2021年5月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年8月

2021年8月28日 (土)

海底火山・福徳岡ノ場の新島と、噴出した軽石等の浮遊物 2021/8/26 フォトビデオ

 海上保安庁により 2021/8/26 に撮影された海底火山・福徳岡ノ場にできた
新島の画像をフォトビデオにしています。

※福徳岡ノ場は東京から約1300Km南にある海底火山です。(詳細は※1を参照ください)

 

 

写真1、福徳岡ノ場(手前)と南硫黄島(奥)
2021/8/26 12:50 海上保安庁 撮影

写真2、福徳岡ノ場 新島の状況
2021/8/26 13:07 海上保安庁 撮影

写真3、「噴出した軽石等の浮遊物」の漂流位置
2021/08/13~2021/08/26


「福徳岡ノ場」活動記録
2021/8/26 12:43-13:10
新島の西側はほぼ変化なし、東側は一部を残し海没していた。
観測中、噴火は認められなかった。
二つの新島に挟まれた火口では海面上に灰色の物質が間欠的に湧出していた。
変色水域は茶褐色の分布が広く認められ、西方へ延びていた。
海上保安庁 (文引用)


参考資料
福徳岡ノ場の火山活動について(8 月 26 日観測) 海上保安庁
https://www1.kaiho.mlit.go.jp/KIKAKU/press/2021/20210827.pdf


映像、説明文、BGMの出典:下記をもとにR1が作成。

1)写真1,2、説明文
海上保安庁 海域火山データベース・福徳岡ノ場(※1)
https://www1.kaiho.mlit.go.jp/GIJUTSUKOKUSAI/kaiikiDB/kaiyo24-2.htm
fuku210826-1.jpg
fuku210826-2.jpg

2)BGM
NHKクリエイティブ・ライブラリー
http://www1.nhk.or.jp/archives/creative/material/
森の舞踏会D0002040322_00000_A_001.m4a

3)写真3、噴出した軽石等の浮遊物
https://himawari.asia/himawari8-image.htm
提供:情報通信研究機構(NICT)

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

| | コメント (0)

2021年8月18日 (水)

海底火山・福徳岡ノ場の噴火 2021/8/16 フォトビデオ 4K

 海上保安庁により(2021/8/16 13:50-15:08)に撮影された海底火山・福徳岡ノ場の
噴火状況の画像をフォトビデオにしています。

※福徳岡ノ場は東京から約1300Km南にある海底火山です。(詳細は※1を参照ください)


海底火山・福徳岡ノ場の噴火 2021/8/16 フォトビデオ 4K

 

 

写真1,南硫黄島(左)と福徳岡ノ場の新島(右)
2021/8/16 13:50海上保安庁 撮影

Fuku2108161_007_1200


写真2、新島の状況
2021/8/16 14:14海上保安庁 撮影

Fuku2108162_005_1200


写真3、新島の状況(写真2を拡大)
2021/8/16 14:14海上保安庁 撮影。

Fuku2108162_105


写真4,浮遊物の状況(左下)と硫黄島(右上)
2021/8/16 15:08海上保安庁 撮影

Fuku2108163_005_1200


「福徳岡ノ場」活動記録
2021/8/16 13:48-15:10
昨日確認した南側に開いた馬蹄型の新島は北側が消失して()型に変化していた。
()型の中心から水蒸気及び火山ガスの放出が継続していた。
観測中に噴火は認められなかった。
噴出した軽石等の浮遊物は、蛇行しながら西北西方向に断続的に約100km(最大幅約13km)
まで達していた。
褐色系の濃厚な変色域は新島の内外で広範囲に発生していた。
海上保安庁(文引用)


映像、説明文、BGMの出典:下記をもとにR1が作成。

1)映像、説明文
海上保安庁 海域火山データベース・福徳岡ノ場(※1)
https://www1.kaiho.mlit.go.jp/GIJUTSUKOKUSAI/kaiikiDB/kaiyo24-2.htm
fuku210816-1.jpg
fuku210816-2.jpg
fuku210816-3.jpg

2)BGM
NHKクリエイティブ・ライブラリー
http://www1.nhk.or.jp/archives/creative/material/
SnowflakeD0002070017_00000_A_001.m4a

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

| | コメント (0)

2021年8月17日 (火)

西之島 2021/08/16 海上保安庁撮影画像

 前回の西之島のブログで「噴火は治まった」と書いたとたんに再噴火。
「福徳岡ノ場」海底火山が噴火した後に連動したかのように西之島も噴火です。
(ブログネタが尽きたと思ってorzだったのですが、もう少しネタがありそうです)
西之島は2021/08/14の6:00~18:00(推定)に噴火して茶色い噴煙を北方向に流していました。
その影響を知りたかったのですが海上保安庁の観測が2021/08/16に行われ最新の西之島の画像が
公開されました。

写真1,3を見ると火砕丘の左右から北側にかけて火山灰に覆われて煤けたような状態です。
南側にある海鳥の生息地は何とか無事のように見えます。
写真4の火口内も火山灰を被って、茶色く見えていた火砕丘の断層などがはっきりしません。
でも火口内の形状が大きく変化していないので今回の噴火は火山灰だけで大きな噴石などは
無かったようです。


西之島 2021/08/16 海上保安庁撮影画像 フォトビデオ 4K

 

 

 

写真1 南東方から撮影 2021年8月16日 15:53
海上保安庁撮影をもとにR1が作成

Photo1_20210816l_005_1200

写真2 東方から撮影 2021年8月16日 16:02
海上保安庁撮影をもとにR1が作成

Photo2_20210816l_005_1200

写真3 西方から撮影 2021年8月16日 16:13
海上保安庁撮影をもとにR1が作成

Photo3_20210816l_005_1200

写真4 火砕丘 2021年8月16日 16:15
海上保安庁撮影をもとにR1が作成

Photo4_20210816l_105_1200


「西之島」活動記録
2021/8/16 15:52-16:24
火砕丘中央火口からの噴火を認めず。
火砕丘中央火口底及び内壁、火口縁からの複数の白色噴気を確認。
南東岸~南岸及び西岸に茶褐色も変色水の分布を認めた。
西之島南海丘に変色水等の特異事象を認めず。
海上保安庁(文引用)


画像の出典:下記をもとにR1が作成。
海上保安庁 海域火山データベース 西之島
https://www1.kaiho.mlit.go.jp/GIJUTSUKOKUSAI/kaiikiDB/kaiyo18-2.htm
photo1_20210816L.jpg
photo2_20210816L.jpg
photo3_20210816L.jpg
photo4_20210816L.jpg

BGM:NHKクリエイティブ・ライブラリー
http://www1.nhk.or.jp/archives/creative/material/
アフタヌーンティーD0002070011_00000_A_001.m4a

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

| | コメント (0)

西之島 再噴火 2021-08-14

 期待を裏切って (^^; 西之島が再噴火~ 👏
2021-08-14の早朝から夜にかけて黒い噴煙が北側に流れています。

西之島 再噴火 2021-08-14

 

 

ひまわり8号の熱画像(バンド7)では高温を示す黒点が、
開始 6:00 ~ 終了 18:00 の間に見られます。

画像の出典:ひまわりリアルタイムWebをもとにR1が作成。
https://himawari.asia/himawari8-image.htm
提供:情報通信研究機構(NICT)

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

| | コメント (0)

海底火山・福徳岡ノ場の噴火 2021/8/15

 海上保安庁により(2021/8/15 12:40-13:10)に撮影された海底火山・福徳岡ノ場の
噴火状況の映像・画像をまとめています。

※福徳岡ノ場は東京から約1300Km南にある海底火山です。(詳細は※1を参照ください)

 

映像1,海底火山・福徳岡ノ場の噴火映像 2021/8/15(1920x1080)

 

 

 

映像2,海底火山・福徳岡ノ場の噴火 2021/8/15 フォトビデオ 4K (3840x2160)

 

 

 

図1,南硫黄島(左)と福徳岡ノ場の新島(右)
第三管区海上保安本部 撮影 2021/8/15 12:51

Fuku2108151_006


図2,福徳岡ノ場の新島(図1の拡大)
第三管区海上保安本部 撮影 2021/8/15 12:51

Fuku2108151_106


図3,福徳岡ノ場の新島 噴火状況
第三管区海上保安本部 撮影 2021/8/15 12:51

Fuku2108152_006


図4,福徳岡ノ場の新島の状況
第三管区海上保安本部 撮影 2021/8/15 12:51

Fuku2108153_005


図5,福徳岡ノ場の新島の状況(拡大)
第三管区海上保安本部 撮影 2021/8/15 12:51

Fuku2108153_106

 

「福徳岡ノ場」活動記録
2021/8/15 12:40-13:10
直径約1kmの馬蹄型の新島を確認。
断続的な噴火が継続。浮遊物が蛇行しながら北西方向に約60km流れていた。
第三管区海上保安本部(引用文)


映像、説明文、BGMの出典:下記をもとにR1が作成。

1)映像、説明文
海上保安庁 海域火山データベース・福徳岡ノ場(※1)
https://www1.kaiho.mlit.go.jp/GIJUTSUKOKUSAI/kaiikiDB/kaiyo24-2.htm
fuku210815.mp4

2)BGM(映像1)
NHKクリエイティブ・ライブラリー
http://www1.nhk.or.jp/archives/creative/material/
(映像1)ブルーバードD0002040324_00000_A_001.m4a
(映像2)麦わら帽子とトンボD0002022425_00000_A_001.m4a

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

| | コメント (0)

2021年8月15日 (日)

福徳岡ノ場付近の噴火 噴煙高度は? 2021/8/13

 海上保安庁が撮影した「福徳岡ノ場が噴火」画像から、噴煙の高度を割り出してみました。

データは画像情報から(ただしトリミング無しとして)
 1)カメラ Canon EOS 7D Mark II(APS-C 22.4x15.0mm)
 2)レンズ 50mm
 3)被写体までの距離(カメラ~福徳岡ノ場)約90km (※1)

  水平撮影距離 約40.3Km
  垂直撮影距離 約27.0Km

  噴煙高さ=488pix/912pix*27.0km=14.4Km    (※R1の推定値で公式値ではありません)

  福徳岡ノ場付近の噴火の噴煙高さは 約14.4Km で成層圏 (11-50 Km)に達していました。

 

Fuku210813_new_101


(※1)撮影情報
福徳岡ノ場北方約90km、高度約6,000mから撮影。第三管区海上保安本部 撮影
「2021/8/13 15:00-15:30 福徳岡ノ場付近にて噴煙を確認。
なお、噴火の規模が大きく接近しての詳細な観測はできなかった。
第三管区海上保安本部(「福徳岡ノ場」活動記録より引用)」

 

画像の出典:下記をもとにR1が作成。
海上保安庁 海底火山データベース 福徳岡ノ場
https://www1.kaiho.mlit.go.jp/GIJUTSUKOKUSAI/kaiikiDB/kaiyo24-2.htm
fuku210813.jpg

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

| | コメント (0)

福徳岡ノ場付近の噴火(ひまわり8号画像)2021/8/13 05:50 ~ 2021/8/15 03:50

 福徳岡ノ場が噴火しました。
福徳岡ノ場は東京から南に約1280Kmにある南硫黄島の北側約5Km付近の海域です。
ひまわり8号の画像から、噴火が始まったのは 2021/8/13 06:10 から観測されています。
噴煙は、8/14 15:00 の画像ではフィリピンを超えて南シナ海にまで達しています。
映像の最終(記事作成時) 2021/8/15 03:50 には噴火が小康状態になっています。

 

 

「福徳岡ノ場」の噴火情報は下記で詳細を見ることができます。

福徳岡ノ場付近の噴火 2021/8/13
http://r1rawd.cocolog-nifty.com/blog/2021/08/post-2c6889.html

海上保安庁 福徳岡ノ場付近の噴火を確認
https://www1.kaiho.mlit.go.jp/KIKAKU/press/2021/20210813.pdf

海上保安庁 海底火山データベース 福徳岡ノ場
https://www1.kaiho.mlit.go.jp/GIJUTSUKOKUSAI/kaiikiDB/kaiyo24-2.htm


画像の出典:ひまわりリアルタイムWebをもとにR1が作成。
https://himawari.asia/himawari8-image.htm
提供:情報通信研究機構(NICT)

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

| | コメント (0)

2021年8月14日 (土)

福徳岡ノ場付近の噴火 2021/8/13

 西之島の噴火が(多分)治まったと思ったら、福徳岡ノ場が噴火しました。
福徳岡ノ場は東京から南に約1280Kmにある南硫黄島の北側約5Km付近の海域です。

図1、海底火山データベース 福徳岡ノ場 の位置

202108134


図2、福徳岡ノ場 付近の海底地形図

24_001

 

ひまわり8号の画像では、2021/08/13 06:10 から噴煙が観測されており、
噴煙は西南西の方向へ最長時には東京~沖縄の距離に達しています。(現在噴火継続中です)

第三管区海上保安本部による観測は、2021/8/13 15:00-15:30 に行われており、
噴火の様子が赤外線映像で撮影されています。


図3、福徳岡ノ場付近の噴火(画像) 2021/8/13 15:00-15:30

202108133_001


図4、福徳岡ノ場付近の噴火(映像) 2021/8/13 15:00-15:30(疑似カラー)

 

 

福徳岡ノ場北方約90km、高度約6,000mから撮影。第三管区海上保安本部 撮影
「2021/8/13 15:00-15:30 福徳岡ノ場付近にて噴煙を確認。
なお、噴火の規模が大きく接近しての詳細な観測はできなかった。
第三管区海上保安本部(「福徳岡ノ場」活動記録より引用)」
(第三管区海上保安本部 撮影映像をR1が疑似カラーに加工しています)

福徳岡ノ場は過去に何回か噴火していますが、噴火する成分が軽石?で
「南硫黄島付近 (福徳岡ノ場) 1914年(大正3年)
海底噴火による新島形成.1月23日大噴煙,溶岩流出.
1月25日高さ300m,周囲11.8km,面積9,075aの新島出現.
2月12日新島各所で決壊,高さ117m,長径0.7マイル,短径0.5マイル.
1916年6月29日新島は消滅していた.
(海底火山データベース 福徳岡ノ場 より引用)」
なので今回も日本の領土拡大は期待できないかなー・・・


画像、映像の出典:下記をもとにR1が作成。

海上保安庁 福徳岡ノ場付近の噴火を確認
https://www1.kaiho.mlit.go.jp/KIKAKU/press/2021/20210813.pdf
図20210813-3、20210813-4 

海上保安庁 海底火山データベース 福徳岡ノ場
https://www1.kaiho.mlit.go.jp/GIJUTSUKOKUSAI/kaiikiDB/kaiyo24-2.htm
24.png
fuku210813.mp4

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

| | コメント (0)

2021年8月12日 (木)

西之島 2021年7月9日

 最近は海上保安庁提供の高解像度の西之島の写真が提供されなくなったので、気象庁に提供
している低解像度の写真しか一般人には見ることができなくなりました。
月単位で観測される西之島はもう大きな地形変化はありません。

326_21m074_b21_002

 

 私の世代では(多分)噴火が収まった西之島の今後の変化をあと何年観察できるのでしょう?
・地形の変化(雨風・波による浸食、雨でできる川、池、海の中の地形変化)
・植物の侵入(コケ、地衣類、一年草、多年草、森林)
・生物の侵入(鳥、昆虫、海岸・海の中の生物、爬虫類?)
・哺乳類の侵入(飛んでくるのは蝙蝠くらいかな)


画像の出典:下記をもとにR1が作成
西之島の火山活動解説資料(令和3年7月)
気 象 庁 地 震 火 山 部 火山監視・警報センター
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/monthly_v-act_doc/tokyo/21m07/326_21m07.pdf
(図2右上)7月9日 13 時 51 分 海上保安庁提供

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

 

| | コメント (0)

2021年8月10日 (火)

画像・映像の高感度処理(ハイパスフィルター)金星・西之島・濃霧の東京

 金星探査機「あかつき」のIR1 (0.90 µm)で撮影した金星昼面(高感度処理(ハイパスフィルター)の
操作例(1)の左側画像)を見ても何も映っていない?画像ですが、画像の強調処理を行うと細かな雲の
模様が見えてきます。

今回は、その画像処理方法と例を3点ビデオに収めています。

1,例(1)金星探査機「あかつき」のIR1 (0.90 µm)で撮影した金星昼面
  タイムライン 00:00~00:10
2,高感度処理(ハイパスフィルター)の操作例
  タイムライン 00:10~02:04
3,例(2)西之島富士(西之島の火砕丘が一番綺麗な時期 2020年4月19日15:17)
  タイムライン 02:04~02:14
4,例(3)濃霧にかすむ東京を金星人の目で見たら?
  タイムライン 02:14~04:49

 

 

 

1,例(1)金星探査機「あかつき」のIR1 (0.90 µm)で撮影した金星昼面

_1600

 

3,例(2)西之島富士(西之島の火砕丘が一番綺麗な時期 2020年4月19日15:17)

_1600_20210810060601

 

4,例(3)濃霧にかすむ東京を金星人の目で見たら?

_1600_20210810060602

 

note
 1、高感度処理は画像・映像とも、16bitで行ってください。
 2、減算部分はスマートオブジェクトに変換してください。
 3、レベル補正値の最適値は対象によって変わるので試行錯誤になります。
 4、例(2),(3)の作品は、他の効果(アンシャープマスク、カラー調整など)も行っています。
 5、画像・映像の高感度処理は、photoshop CS6 の例です。


画像、映像、BGMの出典:下記をもとにR1が作成。

1,例(1)・2,操作例
  DARTS http://www.darts.isas.jaxa.jp/
  「あかつき」科学データアーカイブ
  http://www.darts.isas.jaxa.jp/planet/project/akatsuki/index.html.ja
 「宇宙航空研究開発機構・宇宙科学研究所」
  IR1 (0.90 µm)で撮影した金星昼面 ir1_20160506_180208_09d_l2c_v10.fit
  https://akatsuki.isas.jaxa.jp/gallery/data/000869.html

3,例(3)
  海上保安庁 海洋情報部 海域火山データベース
  https://www1.kaiho.mlit.go.jp/GIJUTSUKOKUSAI/kaiikiDB/kaiyo18-2.htm
  2020年4月19日 15:03-15:12 海上保安庁撮影
  photo5_20200419l.jpg

4,例(4)
  NHKクリエイティブ・ライブラリー
  http://www1.nhk.or.jp/archives/creative/material/
  D0002161729_00000_V_000.mp4
  クロスロードD0002070021_00000_A_001.m4a(BGM,4)
  サンセットD0002070010_00000_A_001.m4a(BGM,1,2,3)


2021/08/10 by R1
ブログ
http://r1rawd.cocolog-nifty.com/blog/

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

| | コメント (0)

« 2021年5月 | トップページ | 2021年9月 »