« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月29日 (土)

西之島 2020/02/27 01:05:50 UTC ランドサット8

 雲が~~~
北・東側海岸の溶岩流出部分の面積拡大の肝心なところが見えません orz
熱画像から主な溶岩流の流れは、「北側」と「南東側」の2本が確認できますが
ASTER 2020-02-19 01:23:48 UTC」の熱画像で南西に伸びていた高温部の温度は
下がっていて確認できません。
火口から火砕丘の南西の裾野にかけて黒い線と下端に黒い点が見えるので地形が変化
しているかもしれません。
その先の地形がわずかに白っぽくなっている(新しい溶岩部は表面が滑らかで
反射率が高く明るく見える?)ので、もしかしたら新しい溶岩の堆積部分かも
しれません。(地表面近くの雲を見誤っているかもしれません)
細かい地形の変化は、次回のだいち2号干渉SAR画像で判別できると思います。
あと明るく見える地形は火砕丘の北側と東側にも広がっています。
(比較的新しい溶岩の堆積部か?)


図1:パンシャープン画像(PAN=B8、RGB=B4,B3、B2、地形強調)  (左クリックで拡大)

B8_pan_001

 

図2:西之島の高温部分布 (アニメーションサイクル 5秒)


B710_003600


    B10: ~約130℃の低温部分布
    B7: 約170~310℃の高温部分布(B7-B5)
  

 ※測定温度の範囲は「R1調べ」で気象条件によって変わるので目安です。

 

図3:B10熱画像を疑似的に分解能を上げてみた   (左クリックで拡大)

B710_102


  B10の空間分解能は100mでB7の30mに比べて荒いため小さなホットスポットも
  100m四方の平均値になってしまい、暗くて大きなピクセルの表示になって
  しまいます。
  今回はB10にフィルターを掛けて疑似的に分解能を上げてみました。
  画像処理で疑似的に分解能を上げているので数値的な分解能は不明
  ですが、見た目には70m前後くらいでしょうか? (よくわからない(^^;
  このフィルター処理が正しいか不明ですが見た目で「効果あり」としました 


画像の出典:下記よりダウンロードした画像をもとにR1が作成。

Landosat8
EO Browsers https://apps.sentinel-hub.com/eo-browser/?lat=26.920&lng=141.067&zoom=9
“ Landsat 8 image courtesy of the U.S. Geological Survey processed by Sentinel Hub”

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

| | コメント (0)

2020年2月21日 (金)

西之島 ASTER 2020-02-19 01:23:48 UTC

 溶岩流の流れが活発になってきました。

 南東と南西に新しい溶岩流が2本増えています。
南東側は少し上側に流れている溶岩流と先で合流しているようです。
南西側はまだ海岸線まで達していませんが、この先どうなるか?

 北側の溶岩流は海岸に達しており高温部の幅が広がっているので
溶岩流の流れは衰えていません。

少し気になるのは北側の溶岩流の中間ぐらいから西側に分岐している
細い溶岩流で、旧島台地直撃コースにならなければいいのですが(^^;

R1メモ
  2020年2月14日のSAR強度画像から求めた西之島の面積は、約3.15K㎡ (R1調べで参考値)

 

                 (左クリックで拡大)

20200219_007

 

熱画像(B13) 

20200219_008


画像の出典:下記をもとにR1が作成
ASTER画像 MADAS https://gbank.gsj.jp/madas/map/index.html
imagery courtesy "NASA/METI/AIST/JSS ASTER"

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

| | コメント (0)

2020年2月20日 (木)

西之島 2020年2月17日 海上保安庁撮影写真 4K(3840x2160) フォトビデオ

 海上保安庁撮影の西之島の写真を高解像度 4K(3840x2160)で見て
もらえるようにフォトビデオにしました。

高解像度のモニターで見ている方は、YouTubeの4K、フルHD画質で見ると
溶岩流の流れもはっきりと確認できます。

 

 

 

 

 

 下記の写真は、ブログ用に 1600x900(ブログ最大サイズ)に解像度を
下げています。

写真1

Photo1_20200217l_004

写真2

Photo2_20200217l_003

写真3

Photo3_20200217l_004

写真4

Photo4_20200217m_3

写真5

Photo5_20200217m_002

 

 

画像の出典:下記をもとにR1が作成。
海上保安庁 海洋情報部 海域火山データベース 
https://www1.kaiho.mlit.go.jp/GIJUTSUKOKUSAI/kaiikiDB/kaiyo18-2.htm
photo1_20200217l.jpg
photo2_20200217l.jpg
photo3_20200217l.jpg
photo4_20200217m.jpg
photo5_20200217m.jpg

BGM:甘茶の音楽工房   
http://amachamusic.chagasi.com/   
「boukyakunopavane.mp3」

ブログ: 西之島 カテゴリー
http://r1rawd.cocolog-nifty.com/blog/cat60180080/index.html

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

| | コメント (0)

2020年2月19日 (水)

西之島 2020年2月4日 海上保安庁撮影写真 4K(3840x2160) フォトビデオ

 海上保安庁撮影の西之島の写真を高解像度 4K(3840x2160)で見て
もらえるようにフォトビデオにしました。

高解像度のモニターで見ている方は、YouTubeの4K、フルHD画質で見ると
溶岩流の流れもはっきりと確認できます。

 

西之島 2020年2月4日 海上保安庁撮影写真 4K(3840x2160) フォトビデオ

 

 

 下記の写真は、ブログ用に 1600x900(ブログ最大サイズ)に解像度を
下げています。

写真は左クリックで拡大できます。

写真1

Photo1_20200204l_4k2_0021600

写真2

Photo2_20200204l_4k_0021600

写真3

Photo3_20200204l_4k_0021600

写真4

Photo4_20200204l_4k_0021600

写真5

Photo5_20200204l_4k_0021600

写真6

Photo6_20200204l_4k_0031600

 

画像の出典:下記をもとにR1が作成。
海上保安庁 海洋情報部 海域火山データベース 
https://www1.kaiho.mlit.go.jp/GIJUTSUKOKUSAI/kaiikiDB/kaiyo18-2.htm
photo1_20200204l.jpg photo2_20200204l.jpg photo3_20200204l.jpg 
photo4_20200204l.jpg photo5_20200204l.jpg photo6_20200204l.jpg

BGM:甘茶の音楽工房   
http://amachamusic.chagasi.com/   
「kiminoitanatsu.mp3」

ブログ: 西之島 カテゴリー
http://r1rawd.cocolog-nifty.com/blog/cat60180080/index.html

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

| | コメント (0)

2020年2月17日 (月)

西之島 再噴火前2019/11/22から2020/02/14までの溶岩堆積部の拡大

 だいち2号干渉SARの観測による画像から、溶岩堆積部の拡大を図式化しました。

だいち2号の観測日

 基準日以降の6期の溶岩堆積部拡大(画像の差分)を見ています。

 1、2019/11/22 (再噴火前の地形の基準)
 2、2019/12/06
 3、2019/12/20
 4、2020/01/03
 5、2020/01/17
 6、2020/01/31
 7、2020/02/14


西之島 再噴火前 2019/11/22 から 2020/02/14 までの溶岩堆積部の拡大

 

 

 

1、左図はだいち2号干渉SAR図(電波で見た画像)。
  (見やすくするためにオリジナル画像を加工しています)
2、右図は、再噴火後の各観測日の画像から、再噴火前(2019/11/22)の地形基準都の
  差分を溶岩堆積部と推測して図式・彩色化したものです。
  カラーは見やすくするためで、温度や堆積高さをを示すものではありません。


データーの出典:下記をもとにR1が作成。

国土地理院HP 西之島のSARデータ解析結果
だいち2号干渉SARによる変動について
(図21)2019年11月22日~2020年2月14日のSAR強度画像の比較アニメーション
https://www.gsi.go.jp/BOUSAI/R1_nishinoshima.html
解析:国土地理院 原初データ所有:JAXA

BGM:甘茶の音楽工房
http://amachamusic.chagasi.com/   「toiminatonoyakei.mp3」

ブログ: 西之島 カテゴリー
http://r1rawd.cocolog-nifty.com/blog/cat60180080/index.html

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

| | コメント (0)

西之島 2020-02-15 12:46:19 UTC ASTER

 今回のASTER画像は残念なことですが東側が少し欠けていますが
溶岩流の流れの盛んな部分は見えているようです。

北側に流れている溶岩流はまだ衰えていません。
東側に流れていた溶岩流は南東に新しい流れができているようですが
その先が切れているので海岸線に達しているかは不明です。

次回の昼間画像ではっきりするでしょう。

B13_003

 


画像の出典:下記をもとにR1が作成
ASTER画像 MADAS https://gbank.gsj.jp/madas/map/index.html
imagery courtesy "NASA/METI/AIST/JSS ASTER"

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

| | コメント (0)

2020年2月16日 (日)

西之島 だいち2号干渉SAR画像 凄いぞ、ここまで見える!

 国土地理院で公開している、西之島のだいち2号干渉SARの観測画像。
公開されているのはGIF形式の画像で少しのっぺりとした印象の画像ですが、
安定した品質の画像を供給しなければならない使命の国土地理院さんは
「見た目が派手で見栄えのいい加工」なんてできない相談です。
そのおかげで私なんかが自由に加工できる余地を貰っているようなもので(^^;


と言うことで、今回は2019/11/22から2020/01/31の6枚の画像をR1風に加工。
結果は、ここまで地形が見えるんですね! SAR 凄いぞ!

  各画像は、左クリックで 970x840pix に拡大できます(オリジナルの約2倍)

1_20191122

2_20191206

3_20191220

4_20200103

5_20200117

6_20200131

画像の出典:下記をもとにR1が作成。

国土地理院HP 西之島のSARデータ解析結果
だいち2号干渉SARによる変動について
(図17)2019年11月22日~2020年1月31日のSAR強度画像の比較アニメーション
https://www.gsi.go.jp/BOUSAI/R1_nishinoshima.html
解析:国土地理院 原初データ所有:JAXA

ブログ: 西之島 カテゴリー
http://r1rawd.cocolog-nifty.com/blog/cat60180080/index.html

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

| | コメント (0)

2020年2月13日 (木)

西之島 2020/02/11 01:05:54 UTC ランドサット8

少し見ぬ間にぐんぐんと成長! と言いたい所ですが・・・

 今の溶岩流の噴出点は、熱画像で見ると噴火口の北東側の裾野にあるホルニトと思われます。
東側に流れている溶岩流はその先の急傾斜の海底へとただ落ち込んでいくだけで面積拡大には
期待できません。
唯一面積拡大のチャンスは、熱画像から確認できる真北の浅瀬に向かって流れていく溶岩流だけです。
熱画像からはまだ海岸線に達していないようですが期待できそうな予感が(^^;
ただ、北側の溶岩流が少しでも西側に拡大すると、旧島台地の海岸線側はすでに溶岩流でほぼ同じ高さに
埋められており新たに溶岩流が流れ込んできたら逃げ場なし!
旧島台地は西之島のシンボルとして生き残ってほしい!


図1:パンシャープン画像(PAN=B8、RGB=B4,B3、B2)

Pan_002b56001

 


図2:パンシャープン画像(PAN=B8、RGB=B4,B3、B2) 地形強調
   金星探査機「あかつき」で考え付いた画像処理を応用してみました。

Pan_002b56002

 

※ 金星探査機「あかつき」カテゴリーは下記に記載しています。
  「海の中より・水中写真と立体写真 別館」
  http://3d-eye.cocolog-nifty.com/blog/cat74277631/index.html

 

図3:西之島の温度分布 (GIF 2秒サイクル)

Pan_002b5600_102400p

※測定温度の範囲は「R1調べ」で気象条件によって変わるので目安としてください。

 


画像の出典:下記よりダウンロードした画像をもとにR1が作成。

Landosat8
EO Browsers https://apps.sentinel-hub.com/eo-browser/?lat=26.920&lng=141.067&zoom=9
“ Landsat 8 image courtesy of the U.S. Geological Survey processed by Sentinel Hub”

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

| | コメント (0)

「海の中より・水中写真と立体写真 別館」 を開設しました

 このブログ「海の中より・水中写真と立体写真」の使用可能な容量が
少なくなってきました。

現在のブログカテゴリーは今まで通りこのブログ

   「海の中より・水中写真と立体写真」
    http://r1rawd.cocolog-nifty.com/

で続けますが、今後新たに設けるカテゴリーは

   「海の中より・水中写真と立体写真 別館」
    http://3d-eye.cocolog-nifty.com/blog/

に記載していきますので今後ともよろしくお願いいたします。


移動カテゴリーの第一弾は、

    金星探査機「あかつき」
    http://3d-eye.cocolog-nifty.com/blog/cat74277631/index.html

からスタートします。

| | コメント (0)

2020年2月 9日 (日)

西之島 ASTER 2020-02-03 01:23:28 UTC

 西之島、えらいこっちゃ!

 火口からの噴煙と噴煙が作り出す雲に覆われて何にも見えません(^^;
この噴煙と雲の下でいかなるドラマが生まれているのか?
次回の晴れに乞うご期待!

 

図1、西之島の上空で見る、ASTER観測域全体(60Kmx60Km)

20200203_012328_002

図2、西之島 ASTER 2020-02-03 01:23:28 UTC

20200203_012328_003  


画像の出典:下記をもとにR1が作成
ASTER画像 MADAS https://gbank.gsj.jp/madas/map/index.html
imagery courtesy "NASA/METI/AIST/JSS ASTER"

GranuleID: ASTB200203012332
AcquisitionDate: 2020-02-03T01:23:28Z

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

| | コメント (0)

2020年2月 6日 (木)

西之島 2020年2月4日 西之島の活動・火口及び熱赤外のビデオ

 西之島、元気です! 
再噴火した時は、すぐ収束かな? と思っていたら(いい意味で)期待を裏切られました(^^;
だいち2号のSAR画像だと今までの溶岩流の広がりはわかるものの、現在活動中の溶岩流の流れ
状態が把握できません。
やっぱり海上保安庁さんの画像・動画が詳細に西之島の状態を把握できますね!
(でも、ちょっと情報の頻度が少ないがヒコーキ飛ばすの予算がかかるから・・・)


西之島 2020年2月4日 西之島の活動(溶岩の高温部強調)

 画像の鮮明化と、溶岩の高温部を強調(赤色鮮明化)しています。

 

 

西之島 2020年2月4日 火口及び熱赤外

 画像の鮮明化と、熱赤外ビデオの温度スケール画像挿入しています。

 

 

画像の出典:下記をもとにR1が作成
海上保安庁 海域火山データベース 西之島
https://www1.kaiho.mlit.go.jp/GIJUTSUKOKUSAI/kaiikiDB/kaiyo18-2.htm
20200204_movie01.mp4
20200204_movie02.mp4

by R1
ブロブ:西之島カテゴリー
http://r1rawd.cocolog-nifty.com/blog/cat60180080/index.html

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »