« 西之島 だいち2号干渉SARの観測による溶岩等の堆積高さ変動 3D・可視化 | トップページ | 西之島海底火山のDEMデータ(1992)公開 »

2019年12月30日 (月)

西之島 2019/12/25 ランドサット8

 12月初旬に再噴火した西之島ですが噴火の勢いが強すぎて(^^;、あれよあれよという間に姿が
どんどん変わっていきます。
最初は主に火口の東側側面から流れ出した溶岩が東側海岸に達し、東への勢いが弱まると今度は
中央火口の噴火で旧島台地の北をかすめて西側の海岸線に到達。
さらに、これが弱まると北側に溶岩流の流れを変えて北側海岸まで到達。
次回の観測までにどんな展開になるんでしょうか?

 

図1:パンシャープン画像(PAN=B8、RGB=B4,B3、B2)
   新しい溶岩流で覆われた部分はのっぺりとして凹凸や皺がない。

01_l8b8_009

 

図2:約170~310℃の高温部分布(B7-B5)
   高温部はの表面は冷えるのが早いので、現在の溶岩流が流れている北側に高温部が見えます。
   溶岩流の先端は2つに分かれて海岸線に達しています。
   北側は浅瀬が広がっているので溶岩流の供給が続けば陸域拡大が期待できます。

02_gif_l8b8_0092

 

図3:~約130℃の低温部分布(B10)
   少し前に流れが止まった部分の低温部が火口の東西に見え、現在溶岩流が流れている
   北側に高温の溶岩流が見えます。

03_gif_l8b8_0092

 

※測定温度の範囲は気象条件によって変わるので目安としてください。


画像の出典:下記よりダウンロードした画像をもとにR1が作成。
EO Browsers https://apps.sentinel-hub.com/eo-browser/?lat=26.920&lng=141.067&zoom=9
“ Landsat 8 image (LC08_L1GT_105041_20191225_20191225_01_RT) courtesy of the U.S. Geological
Survey processed by Sentinel Hub”

 

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

|

« 西之島 だいち2号干渉SARの観測による溶岩等の堆積高さ変動 3D・可視化 | トップページ | 西之島海底火山のDEMデータ(1992)公開 »

西之島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 西之島 だいち2号干渉SARの観測による溶岩等の堆積高さ変動 3D・可視化 | トップページ | 西之島海底火山のDEMデータ(1992)公開 »