« 2019年5月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月25日 (木)

はやぶさ2 第2回タッチダウンの着地地点はここです (3D・立体写真)

 第2回タッチダウン(PPTD)が無事成功しました。
第2回タッチダウン精度はJAXAの発表によると60cmとなっていますが
基準点はどこなのでしょうか?。
 ※ 20190725_hayabusa2.pdfのP9 「PPTD-TMB1画像」のC01-Cb中心から
  だと着地点まで約90cmで向きも違います。P9図への記入誤差でしょうか?

 

 

 

 

 

 

画像のタイムライン

 

 

1、説明 (このページ)            00:00~01:00
  図1、図2の3D・平行法用画像

 

2、図1 タッチダウン広域 3D・交差法画像  01:00~02:00
  

 

3、図2 タッチダウン拡大 3D・交差法画像  02:00~03:00

 

 

①3Dステレオペア画像はRchを基準とし、Lchの画像を変形して
フィッテイングさせています。
図1、3Dペア画像の範囲(白枠)の外側は、2D補間画像を挿入しています。

 

②3D立体視時の垂直倍率は交差法で見た場合、約0.5倍ぐらいと思われます。
(平行法で見ると少し強調されて約等倍で見えます。)

 

 ※積み岩の高さ65cmと1mスケールで推定してください。

 

 

注)このビデオは、2019/07/15にUPした
「はやぶさ2 第2回タッチダウンの着地誤差は45cm? (3D・立体写真)」
の修正版です。7/15UPビデオの着地地点はJAXAからの公表前にR1が推測で
位置を割り出したものですが位置が間違っていたため、修正して再UPしました。
旧ビデオは、限定公開として残してあります。
https://www.youtube.com/watch?v=0Q6AZteo0N0

 

 

画像の出典:はやぶさ2プロジェクトHPの画像をもとにR1が作成しています。

 

①第2回タッチダウンへのアプローチ−その1:タッチダウン地点付近の観測−
http://www.hayabusa2.jaxa.jp/topics/20190619_PPTD_approach1/
pub_onc_PPTDTM1B_20190613_st_5m.jpg (Rcn)

 

②小惑星探査機「はやぶさ2」 記者説明会(2019年6月25日版)
https://fanfun.jaxa.jp/countdown/hayabusa2/press/files/20190625_hayabusa2_v3.pdf
P16 左図 (Lch)、岩の呼称、高さ、C01-Cb範囲 など

 

③第2回タッチダウン画像速報
http://www.hayabusa2.jaxa.jp/topics/20190711_PPTD_ImageBulletin/
CAM-Hで撮影したタッチダウンの瞬間の画像(画像のクレジット:JAXA)
fig4.jpg  第2回タッチダウン位置の推定図
協力:東京理科大学 木村研究室  (CAM-Hには、過去にJAXAと理科大が実施した共同研究の成果、技術が応用されています。)

 

画像クレジット:JAXA, 東京大, 高知大, 立教大, 名古屋大, 千葉工大, 明治大, 会津大, 産総研

 

 

BGM:甘茶の音楽工房 http://amachamusic.chagasi.com/ 「tsukinokobune.mp3」

 

2019/07/25 by R1
ブログ・はやぶさ2 カテゴリー
http://r1rawd.cocolog-nifty.com/blog/cat73469282/index.html

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

| | コメント (0)

2019年7月 7日 (日)

はやぶさ2 第2回タッチダウン地点「C01-Cb」の3D立体写真

 2回目のタッチダウン(PPTD)は、7月11日に行われます。
タッチダウンが行われる範囲の「C01-Cb」は、衝突装置(SCI)で作った人工クレーター
から北西の方向へ約20mほど離れたところにあります。

C01-Cbとクレーターの位置関係は下記の広域図で見ることができます。
https://youtu.be/2ueiAuNpRmI

 

1、裸眼立体視・交差法画像

5mp16_204w1300

 

2、裸眼立体視・平行法画像
  縮小してモニター上で横幅約130mm以下の大きさで見てください。

5mp16_204pw1300

 

 

3、4Kビデオ

 

 

画像のタイムライン

1、裸眼立体視・交差法画像  00:00~02:00
  大画面(4K、HD)で見ることができます。

2、裸眼立体視・平行法画像  02:00~04:00
  縮小してモニター上で横幅約130mm以下の大きさで見てください。

 

①3Dステレオペア画像はRchを基準とし、Lchの画像を変形して
フィッテイングさせています。
(北に向かっての傾斜角度は正確な基準が不明のため、R1の推定
で行っているので参考図となります)
3Dペア画像の範囲(白枠)の外側は、2D補間画像を挿入しています。

②3D立体視時の垂直倍率は交差法で見た場合、約0.5倍ぐらいと思われます。
(平行法で見ると少し強調されて約等倍で見えます。)

 ※積み岩の高さ65cmと1mスケールで推定してください。

画像の出典:はやぶさ2プロジェクトHPの画像をもとにR1が作成しています。

①第2回タッチダウンへのアプローチ−その1:タッチダウン地点付近の観測−
http://www.hayabusa2.jaxa.jp/topics/20190619_PPTD_approach1/
pub_onc_PPTDTM1B_20190613_st_5m.jpg (Rcn)

②小惑星探査機「はやぶさ2」 記者説明会(2019年6月25日版)
https://fanfun.jaxa.jp/countdown/hayabusa2/press/files/20190625_hayabusa2_v3.pdf
P16 左図 (Lch)、岩の呼称、高さ、C01-Cb範囲 など

画像クレジット:JAXA, 東京大, 高知大, 立教大, 名古屋大, 千葉工大, 明治大, 会津大, 産総研

BGM:甘茶の音楽工房 http://amachamusic.chagasi.com/ 「tsukinokobune.mp3」

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年8月 »