« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月27日 (土)

はやぶさ2 タッチダウン候補地L08-B 高画質・拡大3D立体地形図(ビデオ)

 タッチダウン2回目のリハーサルTD1-R1-Aで、ONC-W1により撮影された画像より作成
しています。

 

ビデオの見方

 1、タイムライン 0:00~0:10   ビデオの説明

 2、タイムライン 0:10~1:10   ビデオ本編

   ※ はやぶさ2のタッチダウン・シミュレーションに実物大の影を入れています。

 

 

図1、はやぶさ2 タッチダウン候補地L08-B (TD1-R1-A)2018年10月15日 
    拡大3D立体地形図(交差法ビデオ)

 

 

 

 

 

 

図2、はやぶさ2 タッチダウン候補地L08-B (TD1-R1-A)2018年10月15日 
    拡大3D立体地形図(平行法ビデオ)

 

 

 

 

 

 

  1)使用した画像
   Rch:14/41 UTC 2018-10-15 13:45:13  高度約54.5m(※1)
   Lch:23/41 UTC 2018-10-15 13:45:31  高度約65.7m(※1)

  2)拡大率 約3倍

※1、撮影時の高度と5mスケールは、はやぶさ2の大きさ6mを基準に算出しています
   (R1調べで、公式な数値ではありません)

※2、立体視したときの垂直倍率(凸凹)は少し誇張されて見えています。
   L08-Bは岩(ボルダ―)の大きさが約50cm以下の場所が選定されています。

※3、ステレオペアのRch画像はLch画像を基準(変形なしで使用)にして立体視時にL08-B
   の地面がほぼ平面に見えるように変形しています。

※4、同時に、(交差法 cross-eyed viewing)と(平行法 parallel viewing)のビデオを別に
   アップしています。見易い方のビデオで見て下さい。

交差法 cross-eyed viewing:
  右目で左側の図、左目で右側の図を、視線を交差(寄り目)で見る方法で、
 大きなモニターで見るのに適しています。

平行法 parallel viewing:
  右目で右側の図、左目で左側の図を、視線を平行(遠くを見る感じ)にして見る方法で、
 画面サイズ約130mm幅(瞳間の2倍)以下で見て下さい。スマホ向きです
 (拡大には不向きです)
 垂直倍率(凸凹)が交差法より誇張されて見えます。

 

画像の出典:はやぶさ2プロジェクトHPの画像をもとにR1が作成しています。

リュウグウ接近時の連続画像
http://www.hayabusa2.jaxa.jp/topics/20181026_TD1R1A_W1movie/ 図1
画像クレジット:JAXA, 東京大, 高知大, 立教大, 名古屋大, 千葉工大, 明治大, 会津大, 産総研

BGM:「ディープ・フィールド」
甘茶の音楽工房 http://amachamusic.chagasi.com/

2018/10/27 by R1
ブログ・はやぶさ2 カテゴリー
http://r1rawd.cocolog-nifty.com/blog/cat73469282/index.html

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月25日 (木)

ダイビング、肺機能検査良好で解禁です!

 8月に原因不明の急性肺炎で緊急入院。
その後、肺炎は完治したが咳喘息になりダイビングを休養していたのですが
今日、肺機能検査を受けて問題なし。
咳も治まって安定してきたので、ダイビング解禁となりました。
後は天候・海況次第でいつでも行けます(行きます(^_^;)
おっとその前に、運動不足でドライスーツが縮んでいないか・・・ 

 FEV1.0による肺年齢・COPD評価

 あなたの肺年齢は **歳(-5歳)です。

 異常なし

   %1秒量 104.5%
   1秒率  88.25%

   肺活量  3.79 L
   1秒量   3.23 L
   1秒率  88.25 %

R1メモ
 ダイビング以外にスポーツをしていませんが、肺活量が年齢平均より大きいのは
 ダイビングで肺を鍛えた効果でしょうか?

 年齢、身長からの肺活量予測値 3452.468 ml

 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月24日 (水)

はやぶさ2 タッチダウン候補地L08-Bの高解像度3D立体地形図

 2018年10月14日から16日にかけて行われたタッチダウン2回目のリハーサルTD1-R1-A
で高度約47mからONC-W1で撮影された画像を使い、高解像度のL08-Bの3D立体地形図
を作成しました。

 

 

図1、はやぶさ2 タッチダウン候補地L08-Bの高解像度3D立体地形図ビデオ(交差法)

  1、ピクセル等倍
    高度約47mから写した画像(Rch、47mm/pix、画像範囲約47mx47m)から作成した
    3D立体写真(交差法)で、Rch画像はHD(1920x1080)時に等倍ピクセル
    (トリミングあり)です。

    タイムライン 0:10 ~ 1:10

  2、3倍に拡大
    上の画像のL08-B部分を3倍に拡大した、3D立体写真(交差法)

    タイムライン 1:10 ~ 2:10

 

 

 

図2、はやぶさ2 タッチダウン候補地L08-Bの高解像度3D立体地形図ビデオ(平行法)

  1、ピクセル等倍
    高度約47mから写した画像(Rch、47mm/pix、画像範囲約47mx47m)から作成した
    3D立体写真(平行法)で、Rch画像はHD(1920x1080)時に等倍ピクセル
    (トリミングあり)です。

    タイムライン 0:10 ~ 1:10

  2、3倍に拡大
    上の画像のL08-B部分を3倍に拡大した、3D立体写真(平行法)

    タイムライン 1:10 ~ 2:10

 

 

 

 

※1、立体視したときの垂直倍率(凸凹)は視差が大きい画像ペアのためかなり誇張されて
見えています。
L08-Bは岩(ボルダ―)の大きさが約50cm以下の場所が選定されています。

※2、ステレオペアのLch画像はRch画像を基準(変形なしで使用)にして立体視時に地面
がほぼ平面に見えるように変形しています。
そのため、地面の傾きや大きなうねりは再現できていません。

※3、画像内の10mスケールは広角レンズの歪みが解らないので、はやぶさ2のパネル間
の影の距離を6mとして換算しています。

※4、同時に、(交差法 cross-eyed viewing)と(平行法 parallel viewing)のビデオを別に
アップしています。見易い方のビデオで見て下さい。

交差法 cross-eyed viewing:
 右目で左側の図、左目で右側の図を、視線を交差(寄り目)で見る方法で、
大きなモニターで見るのに適しています。

平行法 parallel viewing:
 右目で右側の図、左目で左側の図を、視線を平行(遠くを見る感じ)にして見る方法で、
画面サイズ約130mm幅(瞳間の2倍)以下で見て下さい。スマホ向きです(拡大には不向きです)
垂直倍率(凸凹)が交差法より誇張されて見えます。

画像の出典:はやぶさ2プロジェクトHPの画像をもとにR1が作成しています。
Rch:小惑星探査機「はやぶさ2」の運用状況 2018年10月23日
http://www.hayabusa2.jaxa.jp/enjoy/material/press/Hayabusa2_Press20181023_ver6.pdf  図40
画像クレジット:JAXA, 東京大, 高知大, 立教大, 名古屋大, 千葉工大, 明治大, 会津大, 産総研
Lch:小惑星探査機「はやぶさ2」の運用状況 2018年10月11日
http://www.hayabusa2.jaxa.jp/enjoy/material/press/Hayabusa2_Press20181011_ver7.pdf  図85
画像クレジット:JAXA, 東京大, 高知大, 立教大, 名古屋大, 千葉工大, 明治大, 会津大, 産総研

BGM:「AM2:00」
甘茶の音楽工房 http://amachamusic.chagasi.com/

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月20日 (土)

西之島の北約46.5Kmに変色水域か(ランドサット8 2018/10/19)

 ランドサット8で2018/10/19に撮影された西之島付近の画像で、西之島の北約46.5Kmに
広範囲の変色水域が観測されています。
(注意:変色水域の確認はR1調べで、海上保安庁などの公式報告ではありません)

 

 

図1、西之島の北約46.5Km地点の変色水域(ランドサット8 2018/10/19 画像より)

   画像の上部に変色水域が見られる。(141.04189 27.64076 付近)

Nishinosima_20181019_1

 

 

図2、変色水域の拡大 (左クリックで拡大)

   水面に茶色い変色水域が見える。

Nishinosima_20181019_2

 

 

図3、変色水域の位置(西之島の北約46.5Km 141.04189 27.64076 付近)

   海底地形図では土曜海山の東側の裾に位置し、特に隆起した地形ではない。

Nishinosima_20181019_3

 

 

画像の出典:下記よりダウンロードした画像をもとにR1が作成。
"The source data were downloaded from AIST's LandBrowser,
(http://landbrowser.geogrid.org/landbrowser/index.html). Landsat8 data courtesy of the U.S. Geological Survey."

Satellite:LANDSAT8
ID:LC81050412018292LGN00
Path:105 Row:041 Num:100
Cloud:7.95
Date:2018-10-19T01:05:43Z

海洋情報部研究報告 第52 号 平成27 年3 月2 日
150 m グリッドDEM から作成した伊豆・小笠原海溝周辺の3D 海底地形
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/GIJUTSUKOKUSAI/KENKYU/report/article.html#rhr52

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月13日 (土)

はやぶさ2 MASCOTがリュウグウの地表を横切る経路(3D立体写真)

 MASCOTの落下地点と移動していく経路が、マスコットの放出時に
広角の光学航法カメラ(ONC-W2)で写した範囲の中にありました。
これって奇跡に近いのではないでしょうか・・・

 今回は、MASCOTがリュウグウの地表を横切る経路を、高解像度の3D立体写真に入れ
てみました。
こんなゴツゴツした岩塊や瓦礫の中を転がって移動して本体に損傷はなかったようなの
で、MASCOTは頑丈なんですね。

 

 

図1、はやぶさ2 MASCOTがリュウグウの地表を横切る経路 
    3D立体写真・交差法 (左クリックで拡大)

Mascot_005

 

 

図2、はやぶさ2 MASCOTがリュウグウの地表を横切る経路 
    3D立体写真・交差法 (左クリックで拡大)

   ブログ用の写真は私のモニターに合わせて幅1300pixに縮小していますが、下記の
  動画をYouTubeで見ると、HD(1920x1080)サイズの大きな画面で見ることが出来ます。

 

 

 

図3、はやぶさ2 MASCOTがリュウグウの地表を横切る経路 
    3D立体写真・平行法 (左クリックで拡大)

Mascot_005p

 

 

図4、はやぶさ2 MASCOTがリュウグウの地表を横切る経路 
    3D立体写真・平行法 (左クリックで拡大)

   ブログ用の写真は私のモニターに合わせて幅1300pixに縮小していますが、下記の
  動画をYouTubeで見ると、HD(1920x1080)サイズの大きな画面で見ることが出来ます。
   (平行法なので幅約130mm以上に拡大すると見づらくなりますが・・・)

 

 

 

図5、MASCOTのリュウグウ接近と地表を横切る経路

Mascot_pm_uebersicht_001

 

 

※1、図中の5mスケールはR1調べで参考値です
   (はやぶさ2HPの公式なものではありません)
※2、図中の時刻は、UTC(世界時)です。

画像の出典:はやぶさ2プロジェクトHPの画像をもとにR1が作成しています。

MASCOTがリュウグウの地表を横切る経路:
小型着陸機MASCOTのプレスリリースについて
http://www.hayabusa2.jaxa.jp/topics/20181012_MSC/
図3 MASCOTのリュウグウ接近と地表を横切る経路  MASCOT_PM_Uebersicht.jpg
画像クレジット:JAXA, 東京大, 高知大, 立教大, 名古屋大, 千葉工大, 明治大, 会津大, 産総研

リュウグウの高解像度画像:
探査機から分離していくMASCOTの撮影に成功! 
http://www.hayabusa2.jaxa.jp/topics/20181005_MSC_ONC/
ステレオ画像のRch:Fig1a.jpg、Lch:Fig1c.jpg  
画像クレジット:JAXA, 東京大, 高知大, 立教大, 名古屋大, 千葉工大, 明治大, 会津大, 産総研

BGM:「星空と桜」
甘茶の音楽工房 http://amachamusic.chagasi.com/

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月11日 (木)

はやぶさ2 MASCOT放出時に写されたリュウグウの高解像度・スクロール3D立体写真(交差法)

 はやぶさ2探査機から放出されてリュウグウに降下していくMASCOTの撮影時に写され
たリュウグウの高解像度画像(約73x73m=1024x1024pix ※2)から作成した3D立体写真
を、分割してスクロール表示することで小さなモニターでも解像度を落とさないで見られる
ようにしたスクロール3D立体動画です。
 画像は、広角の光学航法カメラ(ONC-W2)で2018年10月3日、10:57:54と10:58:14
(日本時間)に撮影された画像を使用しています。

 

 

図1、リュウグウの高解像度・スクロール3D立体写真(交差法)(false color)

 

 

 

図2、リュウグウの高解像度・スクロール3D立体写真(平行法)(false color)

 

 

 

 宇宙人の形跡がないか探してみるのも楽しいのでは・・・
石や岩の、大・小、角が丸い・尖っている、丸い・平たい・長い、埋まっている・いない、
重なりぐあい、などなど、見る人が見たら何かわかるんでしょうね。

 

※1、動画は交差法又は平行法で見ることで立体的に見えますが長時間(6分間)の立体
視が出来ない方は、見たい部分で一時停止させて、静止画として見て下さい。
拡大された画像の位置は画面の下に表示されている赤、緑、青のタイムラインで示してい
ます。
又は、YouTubeのタイムラインでもわかるので、移動する場合の目安としてください。
上段画像、0:10~2:10  
中段画像、2:10~4:10  
下段画像、4:10~6:10

※2、画像の大きさ、図中の5mスケールはR1調べで参考値です
   (はやぶさ2HPの公式なものではありません)
   算出方法、はやぶさ2 探査機から分離していくMASCOTとリュウグウ(高解像度3D)
        http://r1rawd.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/mascotd-2563.html

※3、画像はオリジナル画像を3倍に拡大して加工しています(コントラスト、カラーなど)

※4、動画を全部見ると6分にもなりますが、長時間の立体視は眼が疲れます。
ちょっと工夫すると目の疲れが軽減できます。やり方は、下記の私のブログ記事を参照し
て見て下さい。

   「どうしても立体視が出来ない人のために~交差法立体写真の見方」
   http://r1rawd.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/d-e755.html
   「どうしても立体視が出来ない人のために~平行法立体写真の見方」
   http://r1rawd.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-55e6.html

 

 

図5、はやぶさ2探査機から、MASCOTの分離直後にONC-W2によって撮影された
   リュウグウの撮影範囲。    (撮影範囲はR1調べで推定位置です)

Mascot__001

 

 

画像の出典:はやぶさ2プロジェクトHPの画像をもとにR1が作成しています。
探査機から分離していくMASCOTの撮影に成功! 
http://www.hayabusa2.jaxa.jp/topics/20181005_MSC_ONC/
ステレオ画像のRch:Fig1a.jpg、Lch:Fig1c.jpg  
画像クレジット:JAXA, 東京大, 高知大, 立教大, 名古屋大, 千葉工大, 明治大, 会津大, 産総研

図5、Box-C運用で撮影したリュウグウの画像 
http://www.hayabusa2.jaxa.jp/topics/20180831/index.html
hyb2_onc_20180720_095103_tvf_l2b.jpg 
画像クレジット:JAXA, 東京大, 高知大, 立教大, 名古屋大, 千葉工大, 明治大, 会津大, 産総研

BGM:「オーヴⅠ、Moon、祈り」
甘茶の音楽工房 http://amachamusic.chagasi.com/

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 6日 (土)

西之島 2018-10-03 T01:05:36Z Landsat8

 久しぶりの西之島。
海上保安庁により西之島周辺の航空レーザー測量が行われています。
「西之島周辺の航空レーザー測量の結果について」
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KIKAKU/press/2018/20181005.pdf

 

 

西之島 2018-10-03 T01:05:36Z Landsat8 (左クリックで拡大)

Nishinosima_20181003

 

 

画像の出典:下記よりダウンロードした画像をもとにR1が作成。
"The source data were downloaded from AIST's LandBrowser,
(http://landbrowser.geogrid.org/landbrowser/index.html). Landsat8 data courtesy of the U.S. Geological Survey."

Satellite:LANDSAT8
ID:LC81050412018276LGN00
Path:105 Row:041 Num:98
Cloud:9.47
Date:2018-10-03T01:05:36Z

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はやぶさ2 探査機から分離していくMASCOTとリュウグウ(高解像度3D)

 はやぶさ2探査機から放出されてリュウグウに降下していくMASCOTと、リュウグウ表面
の高解像度3D立体写真です。
広角の光学航法カメラ(ONC-W2)で2018年10月3日、10:57:54と10:58:14(日本時間)に撮
影された2枚の画像よりステレオ立体写真を作成しています。
Lchに写っているMASCOTの高度は、約35mだそうです。

 

 

図1、全体図 3D立体写真・交差法(false color) (左クリックで拡大)

  ※1、片側画像の縦横大きさは、約73.3 x 73.3 m

Hayabusa2_ryugu_1

 

 

図1a、 全体図 3D立体写真・交差法(false color) スケール有 (左クリックで拡大)

  ※1、片側画像の縦横大きさは、約73.3 x 73.3 m

Hayabusa2_ryugu_1_sk

 

 

図2-1、上部・左側 3D立体写真・交差法(false color) (左クリックで等倍に拡大)

  ピクセル等倍のトリミングなので片側画像の大きさは、約46.5x 46.5 m(※2)

Hayabusa2_ryugu_21

 

 

図2-2、上部・右側 3D立体写真・交差法(false color) (左クリックで等倍に拡大)

  ピクセル等倍のトリミングなので片側画像の大きさは、約46.5x 46.5 m(※2)

Hayabusa2_ryugu_22

 

 

図2-3、下部・左側 3D立体写真・交差法(false color) (左クリックで等倍に拡大)

  ピクセル等倍のトリミングなので片側画像の大きさは、約46.5x 46.5 m(※2)

Hayabusa2_ryugu_23

 

 

図2-4、下部・右側 3D立体写真・交差法(false color) (左クリックで等倍に拡大)

  ピクセル等倍のトリミングなので片側画像の大きさは、約46.5x 46.5 m(※2)

Hayabusa2_ryugu_24

 

 

図3、全体図 3D立体写真・交差法(false color) 4Kビデオ(静止画)

YouTubeで直接見ると4Kサイズで見ることが出来ます。
  ※1、片側画像の縦横大きさは、約73.3 x 73.3 m

 

 

※:図1、2-1~4、3はRover-1Bの画像を参考に擬似カラー化(false color)しています。

 

 

図4、画像撮影範囲の大きさ(左クリックで拡大)    (追記 2018/10/07)

  図1,4  : 片側画像の縦横大きさは、約73.3 x 73.3 m (※1)
  図2-1~4:ピクセル等倍のトリミングなので片側画像の大きさは、約46.5x 46.5 m
         (※2)

Fig2_502

 

(注意:大きさはR1調べで公式なものではありません)

 

 

図5、はやぶさ2探査機から、MASCOTの分離直後にONC-W2によって撮影された
   リュウグウの撮影範囲。    (撮影範囲はR1調べで推定位置です)

Mascot__001

 

 

画像の出典:はやぶさ2プロジェクトHPの画像をもとにR1が作成しています。

図1、2-1~4、3:探査機から分離していくMASCOTの撮影に成功!
http://www.hayabusa2.jaxa.jp/topics/20181005_MSC_ONC/
ステレオ画像のRch:Fig1a.jpg、Lch:Fig1c.jpg
画像クレジット:JAXA, 東京大, 高知大, 立教大, 名古屋大, 千葉工大, 明治大, 会津大,
産総研

 

図4:探査機から分離していくMASCOTの撮影に成功!http://www.hayabusa2.jaxa.jp/topics/20181005_MSC_ONC/Fig1c.jpg、Fig2.jpg
画像クレジット:JAXA, 東京大, 高知大, 立教大, 名古屋大, 千葉工大, 明治大, 会津大, 産総研

図5、Box-C運用で撮影したリュウグウの画像 
http://www.hayabusa2.jaxa.jp/topics/20180831/index.html
hyb2_onc_20180720_095103_tvf_l2b.jpg 
画像クレジット:JAXA, 東京大, 高知大, 立教大, 名古屋大, 千葉工大, 明治大, 会津大, 産総研

図3:BGM:「ジェーン・グレイの肖像」
甘茶の音楽工房 http://amachamusic.chagasi.com/

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »