« アイナメの赤ちゃんの胎動 2017/11/05 積丹・美国でダイビング | トップページ | 3D湖底地形図 作成予定の湖沼一覧(目次) »

2017年11月12日 (日)

然別湖の3D湖底地形図 (No.8)

                           3D湖底地形図 作成予定の湖沼一覧(目次)

 3D湖底地形図・第8回は「然別湖」です。

 然別湖は最大水深が-99mと水深があるので、水深倍率=約2倍で描写しています。
(注意:水深の見え方を誇張しています。実際の湖底斜面の傾斜はもっと緩やかです。)

 

 

図1、然別湖の3D湖底地形図 (裸眼立体視・交差法) (左クリックで拡大)

_3ddx2002

 

 

図2、然別湖と周囲の3D地形図 (裸眼立体視・交差法) (左クリックで拡大)

   然別湖は、山と山の間の窪地に水が溜まってできているのが解かります。
  北側の湖底はヤンベツ川から流れ込む水流で元の山肌が削られてなだらかな斜面
  となり、その先の水深約-90mの下は土砂などの堆積物で湖底が平らになっています。
  西側の斜面は山の尾根がそのまま湖底へと延びている地形です。

D

 

   水深倍率=約2倍の3D湖底図と地理院地図3Dの標高倍率=2倍の図をもとに
  作成・ 合成しています。
   ※3D立体加工をすると、水深・標高倍率は誇張されて見えます
         (立体視時に感じる倍率は不明です)
    なを、水深倍率と標高倍率は同じではなく等倍で続いているものではありません。

 

 

図3、然別湖 トレース等深線から膨張法補間により作成したDEMの変換精度

_dem

 

 

  「3D湖底地形図について」

   1,ここで使用している湖のDEM水深データは、電子国土Webの簡易等深線を
    トレースして得た等深線から、R1(ブログの作成者)が補間により生成したDEM
    データで公式なものではありません。
    湖の公式で詳細な等深線を知りたい方は下の国土地理院HPを参照ください。
     調査実施湖沼一覧
     http://www.gsi.go.jp/kankyochiri/koshouchousa-list.html

   2,水深の浅い湖は立体感を得るために水深倍率を、数倍~数十倍で描写している
    ものがあります。
    水深の倍率はエクセルで作る3Dグラフの垂直断面の比率で合わせていますが、
    図を回転させたり、3Dの交差法で見ると水深方向が誇張されて見えます。
    そのため急に見える湖底の斜面は実際にはもっとなだらかな傾斜角です。
    実際の水深は、等深線カラーを参照ください。

 

出典:下記のデータをもとにR1が作成。

図1,2,3:等深線データ・地理院地図(電子国土Web)
http://maps.gsi.go.jp/#15/43.275362/143.117781/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0

図2:地理院地図3D
http://maps.gsi.go.jp/index_3d.html?z=14&lat=43.28139191767464&lon=143.11640739440918&pxsize=1024&ls=std%7Cseamlessphoto&blend=0#&cpx=0.000&cpy=-100.000&cpz=100.000&cux=0.000&cuy=0.000&cuz=1.000&ctx=0.000&cty=0.000&ctz=0.000&a=1&b=0

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

|

« アイナメの赤ちゃんの胎動 2017/11/05 積丹・美国でダイビング | トップページ | 3D湖底地形図 作成予定の湖沼一覧(目次) »

湖底地形図」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 然別湖の3D湖底地形図 (No.8):

« アイナメの赤ちゃんの胎動 2017/11/05 積丹・美国でダイビング | トップページ | 3D湖底地形図 作成予定の湖沼一覧(目次) »