« 卵の手入れに忙しいクジメの父ちゃん 2017/10/21 積丹・美国でダイビング | トップページ | 鮭の遡上 川の水族館 2017/10/28 北海道・積丹 »

2017年10月30日 (月)

能取湖の3D湖底地形図 (No.5)

                           3 D湖底地形図 作成予定の湖沼一覧(目次)

 3D湖底地形図・第5回は「能取湖」です。

 能取湖は最大水深が-23.1mと浅いため、水深倍率=約50倍で描写しています。
(注意:水深の見え方を誇張しています。実際の湖底斜面の傾斜はもっと緩やかです。)

 

 

図1、能取湖の3D湖底地形図 (裸眼立体視・交差法) (左クリックで拡大)

   能取湖の湖底はこんな形です。

_1x5039

 

 

図2、ランドサット8で見る、能取湖の冬と夏

   冬は完全結氷するようです。
   夏は、養殖の網?が見えています。何を養殖しているんでしょうか?

20170313_0905

 

 

図3、能取湖 トレース等深線から膨張法補間により作成した15.7mDEMの変換精度

X100

 

   中央の図は、膨張補間の操作を1531回行った図になります。
    (Loop計算は、Loop31回の型を作り、手動でN31のデータをN1に挿入して再計算を
   繰り返す)
  左図の説明で書いたように地形の谷(尾根)などのように細長い等深線で囲まれた
  部分は中に等深線が入っていないと半閉鎖領域になってしまい、低い(高い)地形から
  の膨張による広がりがブロックされて平坦な地形になってしまいます。
  Loop回数を増やす(右図 倍の3031回)と少しは改善されますが、回数(時間)対広がり
  の効果がそんなに反映されないので、新しいアイデアが浮かぶまで1531回をスタン
  ダードとします。
  もとの等深線図が5m間隔で広いので間に補助等深線が入るとこの問題は解消され
  るのですが元図にないので想像で入れるのもおかしいのでできません。
  R1が作成している「3D湖底地形図」は、まだ大まかな湖底地形の簡易版です。

 

  R1メモ
    今使っている等深線図は電子国土webの簡易タイプです。
   もっと詳細な「湖沼データ及び湖沼図」があるのですが「基本測量成果」のため
   国土地理院に申請しないと使えないのと、データ量が多い(等深線の数が多い)ので
   トレース作業や補間計算などは、ノートパソコンとExcel2010では重すぎます(^_^;)
  

 

  「3D湖底地形図について」

   1,ここで使用している湖のDEM水深データは、電子国土Webの簡易等深線をトレース
    して得た等深線から、R1(ブログの作成者)が補間により生成したDEMデータで公式
    なものではありません。
    湖の公式で詳細な等深線を知りたい方は下の国土地理院HPを参照ください。
     調査実施湖沼一覧
     http://www.gsi.go.jp/kankyochiri/koshouchousa-list.html

   2,水深の浅い湖は立体感を得るために水深倍率を、数倍~数十倍で描写している
    ものがあります。
    水深の倍率はエクセルで作る3Dグラフの垂直断面の比率で合わせていますが、
    図を回転させたり、3Dの交差法で見ると水深方向が誇張されて見えます。
    そのため急に見える湖底の斜面は実際にはもっとなだらかな傾斜角です。
    実際の水深は、等深線カラーを参照ください。

 

出典:下記のデータをもとにR1が作成。

図1,3:等深線データ・地理院地図(電子国土Web)
http://maps.gsi.go.jp/#12/44.056999/144.166031/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0

図2:ランドサット8衛星画像
"The source data were downloaded from AIST's LandBrowser,
(http://landbrowser.geogrid.org/landbrowser/index.html).
Landsat8 data courtesy of the U.S. Geological Survey."

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

|

« 卵の手入れに忙しいクジメの父ちゃん 2017/10/21 積丹・美国でダイビング | トップページ | 鮭の遡上 川の水族館 2017/10/28 北海道・積丹 »

湖底地形図」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 能取湖の3D湖底地形図 (No.5):

« 卵の手入れに忙しいクジメの父ちゃん 2017/10/21 積丹・美国でダイビング | トップページ | 鮭の遡上 川の水族館 2017/10/28 北海道・積丹 »