« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月29日 (金)

西之島 3D立体海底地形図(2015年6-7月)改訂版 Ver.3

                                   (西之島シリーズ目次 No.101~)

 西之島は、ランドサット8の観測でも高温部が検出されなくなりました。
今後、海上保安庁等から公開される西之島の新しいデータは再々噴火でもない限り更新
されなくなるでしょう。
ただ、再噴火後の新しい陸域の地形図(国土地理院)、海域の海底図(海上保安庁)は
更新されると思うので気長に待ちましょう(^_^;)

 前回、2015年6-7月発表の海底地形図からトレースした等深線で海底地形図(Ver.2)を
作成したのですが、等深線の補間を数値的にできなかったので、(内緒で(^_^;))Photoshop
でアナログ的なフィルターを掛けて補間していました。
今回は、エクセルでもできる補間方法を考案したので、改めて西之島の海底地形図を作り
直しました。
本当は新しい再噴火後の西之島の海底地形図(2017/06/21)から最新の海底地形図を
作りたかったのですがPDF版では縮尺が小さすぎて等深線をトレース出来なかったので、
前回と同じマンボウⅡのデータ(図5)を使いました。

 下の図1~図4は、図5の等深線図から補間して得た、約2.9mDEMデータから作った
3D海底地形図です。

  ※オリジナルの2.9mDEMではデータ数が多くてエクセルの3Dグラフ最大配列数255を
   超えてしまうので、作図はデータを1/6に間引いて、17.5mDEMで行っています。

 

 

図1、西之島 3D立体海底地形図(2015年6-7月)改訂版 Ver.3-1  (3D・交差法)

  エクセルの等深線デフォルトの配色に、10m等深線を合成して見やすくしました。

_6div_001t6_0011

 

 

図2、西之島 3D立体海底地形図(2015年6-7月)改訂版 Ver.3-2  (3D・交差法)

  エクセルの単色(ブルー)陰影図に、10m等深線を合成して見やすくしました。
  これが一番見易い図でしょうか?

_6div_001t6_0012

 

 

図3、西之島 3D立体海底地形図(2015年6-7月)改訂版 Ver.3-3  (3D・交差法)

  エクセルの等深線デフォルトの配色3Dです。 やっぱり目が「チカチカ」しますか?

_6div_001t6_0013

 

 

図4、西之島 「海底地形図(2015年6-7月)」と「海底地形図 第6556号8」の違い

   微妙に違いますね! 私の等深線図は寄せ集めから作っているので(^_^;)

_6div_001t6_0014hikaku

 

 

図5、トレースで読み取った西之島の等深線図(2015年6-7月)

   0-150m間は10m間隔、15-700m間は50m間隔で読み取ってトレースしました。
   0-150m間は密集部分で等深線が分離できない部分は推定で作図。
   150-700m間は、縮尺が小さい図を拡大しているので輪郭が滑らかではありません。
   図は、1600x1600pixの大きさで作成し、それをビットマップからエクセルで読める
    0-255輝度値に変換するのにbmp2csv.exe(ra-vさん)を使っています。(感謝!)
   エクセルに1600x1600セルで読み込んだ後は、R1オリジナルの「膨張法補間」で
   等深線間の補間をしています。

_w8002

 

 

    前に作った
   「西之島海底火山 500mメッシュ水深データによる3D海底地形図」
    http://r1rawd.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/500d-d80e.html
   は30Kmを500mメッシュで読み取った水深値(61x61=3721点)で作りました。
   もし、今回のように1600x1600で読み取るとしたら
   仮に、1点10秒で読み取れるとして
   1600x1600*10s=7111h=296日  24時間休まずに続けても296日! できません(^_^;)

R1メモ
   今回の等深線補間方法として考え出した「膨張法補間」の概念です。
  エクセルのマクロが出来ないので単純なセル計算で補間が出来る方法を考えた
  結果がこれです。
  膨張法補間では、オリジナルの等深線の形は維持されています。
  補完により生成された等深線の間隔が不等になってしまう現象も出ていますが
  大きく目立たないので良しとします。
  (これ以上の改善が出来なかった。が本当のところですが・・・)

_001

 

 

 等深線から高解像度のDEMデータを作ることが出来ましたが、問題はエクセル2010・・・
 3Dグラフの1列のデータ数が255までなので、いくら高解像度のDEMデータを作っても
 生かせません。
 今回の図1~図4はデータを1/6に間引いて作図しています。
    (※ 海底地形図シリーズのように、255x1600に分割して作図しPhotoshopで
      合成、又はX軸のみ1/6間引きで全体を255x1600にするという方法もあります)
 今回は、初めての手法なので分解能の限界値と計算時間の確認と、部分拡大も視野
 に入れて、1600x1600pixで行ってみました。
 初めからエクセルサイズで作ると、製作時間が大幅に短縮できます。
 1600x1600セルの14回ループ計算に約2分30秒かかりました
  (ノートパソコン Core i7 2670QM 8GB)

 

出典:下記をもとにR1が作成
図1~図5の海底部分の地形図:
海上保安庁 西之島周辺の海底調査データの解析結果について http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KIKAKU/press/2015/H271020_nisinosima.pdf

図4の右・海底地形図: 海上保安庁海洋情報部 海底地形図 第6 5 5 6号8 西之島 
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KIKAKU/press/2017/20170621.pdf

 

にほんブログ

村 科学ブログ 地学・地球科学へ にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月27日 (水)

海の中は冬の準備中 2017/09/23 積丹・美国でダイビング

 積丹の海は、9月初旬が水温の上げ止まりで、これからどんどん下がっていきます。
アイナメのオスは婚姻色の黄色に変わり始めていて、10月末にはアイナメの保護卵が見られます。

 R1メモ
  積丹の年間海水温度
  http://r1rawd.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/20081019-201211.html

 

 

アイナメ(アブラコ~北海道での呼び名です)

   ダイビングをするまで、アブラコとアイナメが同じ魚だとは知りませんでした(^_^;)

 

 

 

新作のケーキ? 3D立体写真・交差法 (左クリックで拡大)

  シロウミウシが丸まっています。おいしそ~!

P9230036_siroumiusi

 

 

小さなヒラメ 3D立体写真・交差法 (左クリックで拡大)

  砂の色と同じでヒラメが動かなければ気が付かなかった。見事な保護色です。

P9230052_hirame

 

 

ヨウジウオ  3D立体写真・交差法 (左クリックで拡大)

P9230064_youjiuo_2

 

 

ハナイロウミウシ 3D立体写真・交差法 (左クリックで拡大)

P9230076_hanairoumiusi

 

 

 

 

コケギンポ

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

おしりは猫耳 2017/09/16 積丹・美国でダイビング

 初めて知りました。
カノコキセワタ(ウミウシ)のおしりは、猫耳 (^_^;)

 

 

おしりは猫耳 ~ カココキセワタ 3D立体写真・交差法 (左クリックで拡大)

P9160055__2

 

 

 

ニホンカムリ 3D立体写真・交差法 (左クリックで拡大)

  カイメンを背負ってカモフラージュ、でも誰から?

P9160032_nihonnkamuri

 

 

オウゴンムラソイ 3D立体写真・交差法 (左クリックで拡大)

P9160041_ougonmurasoi

 

 

 R1メモ
  従来はオウゴンムラソイとアカブチムラソイは別に分類されていましたが、
 遺伝学的な分類で一つの種にまとめられています。

 オウゴンムラソイ 2014/08/23 積丹・美国でダイビング
 http://r1rawd.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/20140823-00c1.html

 

 

5分の2 3D立体写真・交差法 (左クリックで拡大)

  分数の教材に(^_^;)

P9160054_itomakihitode

 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

西之島 2017-09-17 T12:34:51Z Landsat8

                                   (西之島シリーズ目次 No.101~)

  島内の最高温度は、25.0℃ (landbrowser B10 より)でした。
このまま順調(^_^;)に冷えていけば、温度観測も不要になりますね!

 

 

図1、西之島 2017-09-17 T12:34:51Z Landsat8 B10で見る3D熱分布

   最大温度部は再噴火時の溶岩噴出位置(火砕丘裾野の西北)で、25.0℃。
  溶岩が流出してできた、西側・南側の溶岩原は温度がさらに低下しています。    
  西之島付近の海面水温は、約28.5℃(2017/09/17 気象庁HPより)でした。
  (海水温の方が島内温度より高い? 海水と地面の放射率の違いでしょうか???)

20170917b103d

 

R1メモ
   昼間撮影時のB10では、島内(地面)の温度が海水面より高く見えています。
  これは、地面が太陽光の赤外線を反射するのと太陽熱で温められていることが
  原因で、夜間撮影時は太陽光の赤外線反射がなく地面も放射で冷えていることで
  海水面と(溶岩の影響のない)地面の温度が逆転していると思われます。

 

図2、西之島 2017-09-17 T12:34:51Z Landsat8 B7で見る3D熱分布

   今回もローレベルギリギリの輝度を無理やり高感度現像しています。
  Lレベル(0)は西之島島内以外のレベルがすべてゼロになるように設定しています。
  B7の輝度温度観測は約170-310℃(R1調べ)としていますが、下限は参考にしたグラフ
  の下限値を推定値としているので、もっと低い温度も観測できているのかな?
  B7の高温部位置は溶岩の噴出点や、溶岩トンネル部のコブなどで溶岩が多く溜まって
  いて冷えるのに時間がかかっている位置の残熱でしょうか?

20170917b73d

 

 

出典:下記のデータをもとにR1が作成。

図1,2
"The source data were downloaded from AIST's LandBrowser,
(http://landbrowser.geogrid.org/landbrowser/index.html).
Landsat8 data courtesy of the U.S. Geological Survey."

 

にほんブログ

村 科学ブログ 地学・地球科学へ にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

水海月の空 2017/09/10 積丹・美国でダイビング

 今日の空は、水海月(ミズクラゲ)も飛んでいます(^_^;)

 

 

ミズクラゲ

 ミズクラゲ銀河団! 

 

 

 

コケギンポ 3D立体写真・交差法 (左クリックで拡大)

  マイホ~ム♪

P9100005_kokeginpo

 

 

ヤドカリ 3D立体写真・交差法 (左クリックで拡大)

  小っちゃくて細長い貝殻に住んでいる可愛いヤドカリ君。 
 このヤドカリが一番好きです(^_^;)

P9100015_yadokari

 

 

ウマズラハギ 3D立体写真・交差法 (左クリックで拡大)

P9100021_umazurahagi

 

 

何の卵?(1) 3D立体写真・交差法 (左クリックで拡大)

 螺旋状に巻かれた小さな卵の卵隗。 貝それともウミウシの卵? ナゾー

P9100032_tamago_humei

 

 

何の卵?(2) 3D立体写真・交差法 (左クリックで拡大)

 上の写真のピクセル等倍です。

P9100032_tamago_humei_3

 

 

キツネメバル 3D立体写真・交差法 (左クリックで拡大)

P9100039_kitumemebaru

 

 

アユカワウミコチョウ 3D立体写真・交差法 (左クリックで拡大)

 今日はTG-4を持った方がいたのですが、クローズアップレンズなしでも約2mmの
アユカワウミコチョウが綺麗に写っていました。
私のXZ-2は発売が2012/10の5年前のカメラでクローズアップレンズなしでは写せません。
技術の進歩はすごいですねー(^_^;)

P9100045_ayukawaumikotyou

 

 

ツガルウニ (左クリックで拡大)

 たまに見る変わったウニで大きなものがいたので写してみました。
大きさはグローブの幅より少し大きい、約10cm。
ツガルウニという名前だそうで、食用には向いていないらしい。

P9100049_tugaruuni

 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

西之島 2017-09-14 T01:05:57Z Landsat8

                                   (西之島シリーズ目次 No.101~)

  西之島に高温部は見られなくなってしまいました。
島内の最高温度は火口の周囲で、35.7℃ (landbrowserより)でした。

 

 

図1、西之島 2017-09-14 T01:05:57Z Landsat8

Pan_002

 

 

図2、西之島 2017-09-14 T01:05:57Z Landsat8 B10で見る3D熱分布

   西之島付近の海面温度は、約28.5℃(2017/09/13 気象庁HPより)でした。

20170914t01_3d_001

 

 

ここからは、
「西之島の火山活動解説資料(平成29 年8月)」
気象庁地震火山部 火山監視・警報センター
の資料で、海上保安庁により8/24に撮影された西之島の資料になります。

 

図3 西之島 熱赤外画像

 ランドサット8のB10と、ほぼ同じパターンです。

326_17m083

 

 

図4 西之島 ひまわり8号の観測による西之島付近の輝度温度の変化
(輝度温度は中心波長3.9μm 帯による観測)

  西之島の地表温度は、7/30からほぼ海面水温と同じレベルに下がっています。

326_17m088

 

 

図5 西之島 島全体の空中写真と海岸線の変遷(8月24 日 海上保安庁撮影)

  西之島の面積は、 2.96km2 (赤枠)になりました。

326_17m0811

 

 

出典:下記のデータをもとにR1が作成。

図1,2
"The source data were downloaded from AIST's LandBrowser,
(http://landbrowser.geogrid.org/landbrowser/index.html).
Landsat8 data courtesy of the U.S. Geological Survey."

図3,4,5
西之島の火山活動解説資料(平成29 年8月)
気象庁地震火山部 火山監視・警報センター
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/monthly_v-act_doc/tokyo/17m08/326_17m08.pdf

にほんブログ

村 科学ブログ 地学・地球科学へ にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 8日 (金)

スジハゼとテッポウエビの共生 永久保存版

 「北海道漁港管理条例」が変わり(※1)、平成29年4月1日から漁港内では一般人の
ダイビングが禁止されました。
この条例改正により、アマチュアのダイバーは漁港内で潜れなくなってしまったのですが
(個人的?)に困ったことがあります。
積丹の漁港内でのみ観察できていた「スジハゼとテッポウエビの共生」がもう見られなく
なってしまったのです。
「スジハゼとテッポウエビの共生は漁港内でいつでも見られる」と思っていたので外洋が
時化でダイビングできないときに見ればいいやー。なんて思っていたのですが、その
チャンスももう無くなりました(涙

 最後にビデオに収めた「スジハゼとテッポウエビの共生 2012/10/13」を、出来るだけ
綺麗な状態で再エンコードして保存版のビデオにしました。

 私たち、アマチュアダイバーにはもう二度と見ることのできない
「スジハゼとテッポウエビの共生」 ビデオを永久保存版としてここに置いていきます。

スジハゼとテッポウエビの共生

 

 

 

ビデオの説明:
 テッポウエビの巣穴に、テッポウエビとスジハゼが共生して住んでいます。
視力の良くないテッポウエビは、目の良いスジハゼに外敵の見張りをしてもらいます。
その代わり、テッポウエビは巣穴を提供して、一生懸命巣穴のお掃除をします。
テッポウエビが砂出しで巣穴から出るときには、警戒信号を受け取るために長い触角で
スジハゼに触れながら出てきます。

ビデオを何回も見ていると、二人の関係が何となくわかる気になってきます(^_^;)

最後に一瞬でスジハゼとテッポウエビが消えた瞬間は、画面には映っていませんが、
撮影に興味を持った?ベロが巣穴の上に来ていました。
スジハゼ君はちゃんと役目を果たし、テッポウエビ君も無事隠れることが出来ました。

Pa139590_102s2

1:21:00 キャプチャー

撮影データ
1、カメラ:オリンパス XZ-1 1280x720P
2、撮影地:積丹 某漁港
3、撮影日:2012/10/13

※1: 「北海道漁港管理条例」の改正
「みなさん、『漁港の利用規制が変わりました』ご存じですか?」
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sr/gkg/grp/yuueikinnsi.pdf

 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

うさぎとモルモット

 今週はダイビングネタが無いので、「うさぎとモルモット」です(^_^;)

 

 

うさぎとモルモット

 約11分あるので、お暇なときにどうぞ。

 

 

 

うさぎとモルモット 立体ビデオ・交差法

 3Dで見られる方はこちらでどうぞ。

 

 

 

カテゴリー違いですが・・・

 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マレス MR22 ABYSS NAVY 2

 OWD講習の時から約10年使っていた、マレスのレギュレーター「オービター」のプラスチッ
クカバーが割れたのですが、もう修理部品として無いということで、2代目のレギュレーター
「マレス MR22 ABYSS NAVY 2」を購入しました。

 

Mr22_abyss_navy_2

 

まだ使用は2本目ですがオービターと比べて特に違和感はなく同じ感覚で使えています。
もっともマイレギュレーター以外は、高圧ホースパンク時にお借りして使ったシャーウッド?
が1回あるだけなので他のレギュレーターの感想は全くないのですが・・・

MR22 ABYSS NAVY 2は、オービターのように寒冷地キットがオプション(+3万円? )では
なく最初から組み込まれているのでお財布にも優しいレギュレーターです。
冬も潜る蝦夷ダイバーなので、寒冷地仕様のレギュレーターは欠かせません。
これであと10年は使えそうです。 が、もしかしたら私の方が先に・・・かな(^_^;)

 

R1メモ
 今週は、?十肩がぶり返して肩の調子が悪いのでダイビングはお休みしました(涙
ぶり返した原因は、先週枕を硬い高めのものに変えたのが原因かもしれません。
仰向けに寝ると肩と敷布団の間に隙間が出来ていたので、横向きで寝ている姿勢が多かっ
たような気がします。
そこで元の枕に戻したら、なんとなく痛みが無くなってきたので、やっぱり新しい枕が原因だっ
た気がします。
次週はダイビングに行ける?ような気がします(^_^;)

 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »