« 拡大が続いている西之島 2017/07/11 の大きさ | トップページ | 暑いから早く海の中に入ろうよ! 2017/07/15 積丹・美国でダイビング »

2017年7月16日 (日)

西之島 2017-07-15 T12:34:32Z Landsat8

                                   (西之島シリーズ目次 No.101~)

 今日の夜間撮影は、雲の影響はないようです。
噴煙は東側に流れていたので、西側拡大部の温度情報を得られています。

図1~4を見ると、中央火口の温度が高いです。(B10で、84.7℃ LandBrowserより)
LandBrowserの最近のB10温度でも高い部類に入ります。

 2017/04/19 T12 94.9℃
 2017/05/12 T12 93.7℃
 2017/06/10 T01 84.4℃
 2017/07/15 T12 84.7℃

火砕丘側面にはホットスポットが見られないので新しい噴火孔は成長しなかったようです。

 西側の溶岩流による面積増加は続いているようで、B7画像で西之島輪郭(※1)よりも
高温部が北側の海上に拡大しています。
   ※1:図1~4の西側拡大部の輪郭は、海上保安庁2017/07/11画像よりR1が
      推測したものです。

各バンドの温度(推定)

 1、バンド7(レンジ 約 170~310℃)では、中央火口・西側溶岩流出部とも放射輝度値が
   クリップしているので推定温度は約310℃以上です。
 2、バンド6(レンジ 約 290~480℃)は火口部で1点クリップがあったので、約480℃付近。
 3、バンド10(レンジ ~約140℃)は、LandBrowserより最大温度=84.7℃
 4、バンド5(レンジ 約 600~900℃)はクリップ無なので、約600℃以上900℃以下

 

 

図1、西之島 2017-07-15T12:34:32Z バンド10(解像度100m)で見る3D熱分布

20170715b10


 

 

図2、西之島 2017-07-15T12:34:32Z バンド7(解像度30m)で見る3D熱分布

20170715b7


 

 

図3、西之島 2017-07-15T12:34:32Z バンド6(解像度30m)で見る3D熱分布

20170715b6


 

 

図4、西之島 2017-07-15T12:34:32Z バンド5(解像度30m)で見る3D熱分布

20170715b5


 

R1メモ
 B6では約480℃なのに、B5では約600℃以上なのはおかしくない?
と興味を持たれた方は下記が参考になると思います。

産総研 リモートセンシングRG  浦井 稔氏 HP 「観測値と地表温度の関係」
https://staff.aist.go.jp/urai-minoru/volcano/Temp.htm
「2.二値温度分布モデル」

 

 
画像の出典:下記よりダウンロードした画像をもとにR1が作成。

図1~4
"The source data were downloaded from AIST's LandBrowser,
(http://landbrowser.geogrid.org/landbrowser/index.html). Landsat8 data courtesy of the U.S. Geological Survey."

図1~4の、西之島の輪郭(西側拡大部)
海上保安庁海洋情報部 西之島の噴火について(7月11日観測)
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KIKAKU/press/2017/20170714-1.pdf 図1

 

にほんブログ

村 科学ブログ 地学・地球科学へ にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

|

« 拡大が続いている西之島 2017/07/11 の大きさ | トップページ | 暑いから早く海の中に入ろうよ! 2017/07/15 積丹・美国でダイビング »

西之島」カテゴリの記事

Landsat8」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西之島 2017-07-15 T12:34:32Z Landsat8:

« 拡大が続いている西之島 2017/07/11 の大きさ | トップページ | 暑いから早く海の中に入ろうよ! 2017/07/15 積丹・美国でダイビング »