« アイナメと保護卵 2016/10/22 積丹・美国でダイビング | トップページ | 高域補間 N-ハイレゾ音源 Ver.3 »

2016年10月24日 (月)

ケムシカジカの求愛行動 2016/10/22 積丹・美国でダイビング

 今年はケムシカジカが異常なくらい多い。
いつもなら数匹見つけられるくらいなのですが、今日は10匹以上も目撃できました。
3人でダイビングしていたので見た総数は20匹以上です。
で、見ていると小さなケムシカジカがお腹の大きいケムシカジカを追いかけている姿が
何回か見られます。
何をしているのかと中層でじーっと観察(ビデオ撮影)していると、オスと思われる小さな
ケムシカジカがお腹の大きいメスの前に出て尾を盛んに振っています。
これがケムシカジカのオスが行う求愛行動だと思われます。
ビデオでは、求愛行動を2回行っていますが、交尾までには至りませんでした。(残念!)

 

 

ケムシカジカの求愛行動

 

 

 

 

 ケムシカジカの交尾(受精)は少し複雑です。
求愛行動でOKが出たら、メスの生殖器からオスの精子を吸着するゼリーを分泌する管を
出し、そこにオスが放精して管の周りのゼリーが吸着した精子を再びメスの卵巣内に戻し
て交尾が終わります。
メスの卵巣に入った精子は卵の中に入るが受精状態とならずに保持され、産卵後の海水
に触れた刺激(化学反応らしい)で受精が行われます。

詳しい説明は、下記を参照ください。
カジカ科魚類における交尾の成立基盤 (宗原 弘幸  北海道大学)
https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-05760145/

 

 

ケムシカジカ(1) 3D立体写真・交差法 (左クリックで拡大)

  2D写真では解らない、ケムシカジカの奇異な姿はぜひ3D立体視で見て下さい。

Pa220009_kemusikajika

 

 

ケムシカジカ(29 3D立体写真・交差法 (左クリックで拡大)

Pa220016_kemusikajika

 

 

ケムシカジカの泳ぎ方

  ケムシカジカはムナビレをグライダーの主翼のように広げて尾の推力で泳ぎます。

 

 

 

 

R1メモ
  OWD講習数NO.1のインストラクターのMさん、今日はおニューのドライスーツです。
 なんとバックファスナーが樹脂製です。
 締めさせてもらったら金属ファスナーの半分以下の力でスムーズに開閉できます。
 でもちょっと欠点が・・・ ドライスーツのオレンジ色にアイナメのオスの婚姻色と
 見間違えた?メスが寄ってくる(^_^;)  3D立体写真・交差法 (左クリックで拡大)

Pa220055_mi

 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

|

« アイナメと保護卵 2016/10/22 積丹・美国でダイビング | トップページ | 高域補間 N-ハイレゾ音源 Ver.3 »

美国-秋 9~11月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケムシカジカの求愛行動 2016/10/22 積丹・美国でダイビング:

« アイナメと保護卵 2016/10/22 積丹・美国でダイビング | トップページ | 高域補間 N-ハイレゾ音源 Ver.3 »