« ひまわり8号で見る今週の流氷 2016/02/22~2016/02/28 | トップページ | ひまわり8号で見る今週の流氷 2016/02/29~2016/03/06 »

2016年3月 4日 (金)

野付半島の流氷

 最大水深が4mの浅い野付湾は、湾奥にある3本の河(茶志骨川、当幌川、飛雁川)から
入る淡水で塩分濃度が下がり湾内の海表面が結氷します。
その結氷した氷が成長し割れることにより湾から流れ出してミニ流氷となります。 (R1調べ)

 

 

野付半島の流氷  ※画像はランドサット8で撮影されたものです。

Ryuuhyou_notukehantou

 

野付湾の流氷は規模は小さいですが、オホーツク海の流氷の発生と理屈は同じです。

オホーツク海の流氷
  アムール川から流れ込んだ淡水で、海水の塩分濃度が下がって海表面が結氷。
 結氷が成長した氷の塊が流氷となり、北風で南下し北海道東北部沿岸にまで達します。

 

画像の出典:
"Image produced and distributed by AIST,Source of Landsat8 data:
U.S. Geological Survey."  をもとに作成。
http://landbrowser.geogrid.org/landbrowser/index.html

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

|

« ひまわり8号で見る今週の流氷 2016/02/22~2016/02/28 | トップページ | ひまわり8号で見る今週の流氷 2016/02/29~2016/03/06 »

Landsat8」カテゴリの記事

流氷」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野付半島の流氷:

« ひまわり8号で見る今週の流氷 2016/02/22~2016/02/28 | トップページ | ひまわり8号で見る今週の流氷 2016/02/29~2016/03/06 »