« 2015年台風23号の発生から消滅まで | トップページ | ひまわり8号で紀伊水道に出入りする潮流を見る。 »

2016年3月21日 (月)

ひまわり8号で見る今週の流氷 2016/03/14~2016/03/20

 気象衛星ひまわり8号で見たオホーツク海の流氷です。

 図1,2,3は、ひまわり8号の画像から雲を除去して雲の下の流氷を見ています。
   1)流氷の観測時間は、09:00から14:00  (図1,2~2.5分間隔)(図3~10分間隔)
   2)雲が多い画像は雲の除去効果が薄いため、流氷部がハッキリ見えない場合が
    あります。
   3)流氷の動きが速い場合は流氷が雲と分離できないため、流氷部が縮小して見える
    ことがあります。
   4)図の流氷の位置・量は、確度が不明なため参考図として見て下さい。
    ひまわり8号の画像から得た流氷は、流氷密度の1~6が不鮮明で見えない場合が
    あります。
    ※流氷の公式資料は、海上保安庁の海氷速報で確認してください。

 

 

図1、ひまわり8号で見る北海道沿岸の流氷 2016/03/14~2016/03/20

   網走の「海明け」は2月28日でした(網走地方気象台18日発表)

__2016031420160320_all

 

 

図2、ひまわり8号で見た流氷と海上保安庁海氷速報の比較 2016/03/17

   雲の多い日です。

   ※ひまわり8号の画像では、密度1~6 は見えない部分があります。

_0317

 

 

図3、ひまわり8号で見るオホーツク海の流氷 2016/03/14~2016/03/20

__2016031420160320_all_2

 

 

画像の出典

図1、図2-①、図3
NICTサイエンスクラウド ひまわり8号リアルタイムWeb http://himawari8.nict.go.jp/
画像をもとに作成。

図2-②
最新の海氷速報(第一管区海上保安本部海氷情報センター) 2016/03/17
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN1/drift_ice/ice_chart/ice_calendar.html

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ

|

« 2015年台風23号の発生から消滅まで | トップページ | ひまわり8号で紀伊水道に出入りする潮流を見る。 »

ひまわり8号」カテゴリの記事

流氷」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひまわり8号で見る今週の流氷 2016/03/14~2016/03/20:

« 2015年台風23号の発生から消滅まで | トップページ | ひまわり8号で紀伊水道に出入りする潮流を見る。 »