« 西之島 Landsat8と、だいち2号の熱赤外線画像の比較 | トップページ | 西之島 2015/12/09 3D立体地形図(交差法) »

2016年1月 8日 (金)

西之島 2016/01/07 T23:21:40 だいち2号CIRC

                                   (西之島シリーズ目次 No.101~)

 だいち2号CIRCで撮影した夜の西之島です。
2015/01/03の海保による観測では、「第7火口から噴火・噴煙等は認められなかった」と
報告されています。
CIRC画像でも西之島に高温部はありません。

 

 

図1、西之島 2016/01/07 T23:21:40 だいち2号CIRC (左クリックで拡大)

   西之島に高温部は見られません。

Al2cr20160107142140_012_203a

 

 

 だいち2号の夜間画像を現像するのは初めてなのでまだ定量的な現像パラメーターが
決まりません。
今回は噴火中で溶岩流の高温部が見える2015/07/09の画像と同じような温度カラーに
なるように調整してみましたが同じパラメーターでは温度カラーが大きく異なったので、
現像パラメーターは一致しませんでした。
CIRCの画像は、昼と夜、雲の有無などで変動するので現像パラメータは模索中です。

 

 

図2、西之島 2015/07/09 T23:21:39 だいち2号CIRC (左クリックで拡大)

   現像の調整用に使った、溶岩流による高温部がある夜間のCIRC画像です。

Al2cr20150709142139_012_503

 

 

 ハイライトの調整は、溶岩流の高温部が白飛びしない範囲で最大に調整し、同じ値で
2016/01/07にも適用。
シャドーは雲が大きく潰れない範囲で調整(2015/07/09と2016/01/07で異なります)。
現像パラメータの調整は利用目的により変わると思いますが、Landsat8と同じになるように
「海面が寒色の青~紫(L)・高温の溶岩がハイライトの赤(H)」になるように調整しています。
(ブログ上のLandsat8の現像パラメーターは、R1独自の値です)

 

 西之島の噴火活動休止が長期に続くと、「西之島がテーマのブログ記事」もネタが
無いので一段落してしまいます。
「ひまわり8号による今週の西之島」も雲しか見えないので一時中断です。
暫くは、ランドサット8とだいち2号の観測で西之島の記事を書いていきます。

 

画像の出典:だいち2号CIRCの画像をもとに作成しています。
Courtesy of JAXA CIRC Observation Data Search
http://circgs.tksc.jaxa.jp/data/index.html

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科

学へ

|

« 西之島 Landsat8と、だいち2号の熱赤外線画像の比較 | トップページ | 西之島 2015/12/09 3D立体地形図(交差法) »

西之島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西之島 2016/01/07 T23:21:40 だいち2号CIRC:

« 西之島 Landsat8と、だいち2号の熱赤外線画像の比較 | トップページ | 西之島 2015/12/09 3D立体地形図(交差法) »