« 西之島 2015年05月21日「西之島南西、変色水あり」 | トップページ | 西之島 2015/05/20 の陸地輪郭の想像図 »

2015年5月29日 (金)

水中カメラの老眼鏡

 今週(5/24)は休養日(^_^;)でダイビングはお休みしました。
今回は「水中カメラの老眼鏡」のお話。

 

 私は近眼の老眼? 水中マスクは-4Dのレンズが入っていて、離れたところはよく見える
ので5mmぐらいの稚魚やウミウシを見つけることは出来るのですが、それを写そうとすると
カメラのLCDモニターがよく見えない(^_^;)

クローズアップレンズを使った高倍率のマクロ撮影はオートフォーカスが使えないので
ピント合わせはモニターでピントを見ながらカメラをミリ単位で前後に動かして合わせます。
そこで、モニターがよく見えるように「水中カメラの老眼鏡」が必要になってきます。
早い話が、「モニターの前に虫眼鏡を置き、モニターを拡大して見やすくする」です。

 

   注意!  クローズアップレンズやルーペファインダーを使っている方へ

    日差しが強くなるこれからの時期、カメラの置き方に注意が必要です!
   ダイビング前後にカメラを日向に置いていると、クローズアップレンズや
   ルーペファインダーが「虫眼鏡になってカメラを焼いてしまう」
事故が発生
   しています。

   レンズが太陽に向いた最悪の場合は、数分でカメラが焦げます(^_^;)
   船で移動中やお昼休みにはカメラの上にシートを掛けるか日陰に入れて
   おきましょう。

 

現在は、f=200mmx75φぐらいの虫眼鏡を2枚合わせて中間に空気層を作り水中で約3倍
のルーペファインダー(拡大鏡)を自作して使っています。
ファインダーは接眼タイプではなく約200~300mmぐらい離れて見るタイプです。

見えるって素晴らしいー。
2倍マクロ時に体長5mmのホテイウオの稚魚の目にピントが合っているのかちゃんと
わかります。

でも欠点もあります。ローアングルの写真が撮れないのです。
カメラレンズ~モニター~ルーペファインダーの光軸が直線なので平坦な砂地などでは
カメラをローアングルにするとルーペファインダーのレンズ面が低くなり腹這いになっても
覗き込むことが出来ません。
どうしても斜め上から覗き込むような構図しか写せないのです。

ルーペファインダーの改造前の光軸はこんな感じでした(チルト0度)

Loupe_finder_0

※写真は説明用にXZ-1用PT-050を使っています。
  現在は、XZ-2+PT-054で使用しています。

 

 でも、ガイドのNさんは一眼使いですがローアングルの写真を写せます、それは
「45°ビューファインダー VF45 1.2x(SEA&SEA)」を使っているからです。
「これを真似してみよう」ということで自作ルーペファインダーを、0~30度の範囲で
チルト出来るように大改造。

ルーペファインダーを傾けることでモニターを斜めから見ることが出来るようになり
ローアングル撮影が出来るようになりました(チルト30度)

Loupe_finder_30

ファインダーのチルト機構は、ルーペの仮想回転軸の中心をモニター表面上に置きたいの
でRスリットと軸を使った回転機構を採用。
チルト角度は大きくするとモニター面を見る傾きが大きくなって見づらくなるので30度まで
としました。
ローアングル撮影時以外はモニターが平行で見易いようにチルト0度で使います。

 

ルーペファインダーを使わない時はレンズを上に跳ね上げて、写真には無いXZ-2用カメラ
グリップにマジックテープで固定できます。

Loupe_finder_up

 

ルーペファインダーの取り付けは、水中プロテクターの遮光フードのレールに装着します。
装着時は抜け止めのストッパーを上げてレールに差し込み、奥まで入ったらストッパーを
下げます。

Loupe_finder_torituke

 

ローアングルのマクロ撮影が可能になると、こんな風に真正面から写すことが出来ます。

P5100027_ayukawaumikotyou

アユカワウミコチョウ ~ 人の顔に見えませんか(^_^;)

でも・・・ 新たな欠点というか慣れが必要になりました。
ルーペファインダーをチルトしてモニターを見ると、目線の軸とレンズ軸が一致しなくなった
ため、モニターを見ながら被写体を追うとカメラ軸が思った方向と微妙にずれます。
そのため被写体を探したりモニター中心にもっていくのが難しくなりました。
この感覚に慣れるまで時間が掛かりそうです(^_^;)

 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

|

« 西之島 2015年05月21日「西之島南西、変色水あり」 | トップページ | 西之島 2015/05/20 の陸地輪郭の想像図 »

マクロ撮影」カテゴリの記事

水中撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水中カメラの老眼鏡:

« 西之島 2015年05月21日「西之島南西、変色水あり」 | トップページ | 西之島 2015/05/20 の陸地輪郭の想像図 »