« 富士山と伊豆半島付近の、3D地形図+3D海底地形図(シリーズ25) | トップページ | アイナメ(アブラコ)の保護卵 2013/11/02 積丹・美国でダイビング »

2013年11月 4日 (月)

箱根の、3D地形図(シリーズ26)

                                        (海底地形図の一覧表)

箱根の、3D地形図(シリーズ26)

 

 富士山つながりで、箱根の3D地形図を作りました。(今回は陸域のみです)
箱根には何回も行ったことがありますが、こんな地形だとは知らなんだ

 

箱根山をおおざっぱに言うとこんな感じでしょうか?

 真ん中にある神山・駒ヶ岳などの周りを「Cの字」状に山で囲まれています。
芦ノ湖はその間の凹み部分に出来た、巨大な「水溜り」です。
周りを取り囲む山の「Cの字」の開いた所には、箱根湯本があります。

地学では、「カルデラの中に中央火口丘と堰止湖の芦ノ湖ができた」と言うようです

 

芦ノ湖ではダイビングが出来るみたいです。

 芦ノ湖は、標高723m。ここでのダイビングは、高所・淡水ダイビングになります。
水温は、6℃(3月)~21℃(8月) (at -10m)。
北海道には支笏湖があるぞ~

 

箱根の3D地形図(裸眼立体視・交差法) (左クリックで拡大)

Hakone_3d_tikeizu

 

*** 追記 2018/01/12 ***

芦ノ湖の3D湖底地形図 (No.3)  を見ることが出来ます。
http://r1rawd.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/d-no3-4466.html

************************

 

箱根山の成り立ちの詳しいことは、ここで見ることが出来ます。

箱根火山
http://www2s.biglobe.ne.jp/~aaihara/hakone.htm

 

にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

 

**************  地形図について  ****************

  1、 作成した地形図は、私が趣味で作ったものです。データの解釈間違い
     や計算ミスなどで、地形図のデータが正しいものとは限りません。
     そのことを理解した上でご覧ください。

  2、 作成した図の垂直:水平比(標高)は実際よりかなり誇張されています。
     そのため、斜面の勾配が急に見えても、実際はもっとなだらかです。
     標高は、カラーチャートを参照ください。

  3、 作成した地形図に使用した地形データ。

     陸域:
      「独立行政法人 防災科学技術研究所、工学院大学」で作成・公開している
      「500mメッシュ地形分類データ」を使わせて頂きました。
      【国土庁:都道府県別土地分類図(地形分類図)を使用】

****************************************************

|

« 富士山と伊豆半島付近の、3D地形図+3D海底地形図(シリーズ25) | トップページ | アイナメ(アブラコ)の保護卵 2013/11/02 積丹・美国でダイビング »

海底地形図」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箱根の、3D地形図(シリーズ26):

« 富士山と伊豆半島付近の、3D地形図+3D海底地形図(シリーズ25) | トップページ | アイナメ(アブラコ)の保護卵 2013/11/02 積丹・美国でダイビング »