« アイナメとクジメ 2012/12/01,02 (2/7) 函館・臼尻でダイビング  | トップページ | ケムシカジカの卵  2012/12/01,02 (4/7) 函館・臼尻でダイビング »

2012年12月 4日 (火)

イボダンゴ属の一種 2012/12/01,02 (3/7) 函館・臼尻でダイビング

 小さくて赤いかわいい子。

でも、「 君の名は? 」 と、聞いたら、たいへんややこしいことになっているようです。

今のところ、「 イボダンゴ属の一種  Eumicrotremus sp.」 となっています。

ダンゴウオの仲間だそうですが、まだ、未分類で種類の数が変わったりする過程なので、
正式な名前が無いそうです。 

でも、素人ダイバーさんはそんなこと気にすることもなく、綺麗で可愛ければそれでOK 

全部で、4個体見ることが出来ました。
体の模様が全部違います。
4個体で写真は6枚。 よーく見れば、区別できますよ


寿命はどのくらいなんだろう? 
写真データーを集めると、個体識別できそうな気がしてきます。

頭の上の2本の角(鼻管)を見ると、ピッコロ大魔王を思い出します 。

 

 

 

イボダンゴ属の一種  (左クリックで拡大)

   お腹に、ムナビレが変化した吸盤が見えています。

Pc010082_ibodamgo

 

 

 

イボダンゴ属の一種  (左クリックで拡大)

Pc020138_ibodango

 

 

 

イボダンゴ属の一種  (左クリックで拡大)

Pc020140_ibodango

 

 

 

イボダンゴ属の一種  (左クリックで拡大)

Pc020210_ibodango

 

 

 

イボダンゴ属の一種  (左クリックで拡大)

Pc020211_ibodango


 

 

 

イボダンゴ属の一種  3D立体写真・交差法 (左クリックで拡大)

Pc020098_ibodango

 

 

積丹にも同じように見える ’ナメダンゴ(と呼んでいる)’ がいます。
これから、なんて呼べばいいんだろう?
「 ダンゴウオ 」と呼べば、無難かな?

 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

|

« アイナメとクジメ 2012/12/01,02 (2/7) 函館・臼尻でダイビング  | トップページ | ケムシカジカの卵  2012/12/01,02 (4/7) 函館・臼尻でダイビング »

函館・臼尻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イボダンゴ属の一種 2012/12/01,02 (3/7) 函館・臼尻でダイビング:

« アイナメとクジメ 2012/12/01,02 (2/7) 函館・臼尻でダイビング  | トップページ | ケムシカジカの卵  2012/12/01,02 (4/7) 函館・臼尻でダイビング »