« ハナイトギンポ  2012/12/01,02 (6/7) 函館・臼尻でダイビング | トップページ | 北海道・積丹の年間海水温度 2008/10/19 ~ 2012/11/23 »

2012年12月 4日 (火)

他にも沢山いたよ!   2012/12/01,02 (7/7) 函館・臼尻でダイビング

 臼尻の海、まだ沢山の生物を見ることが出来ます。

 

 

アキギンポ   (左クリックで拡大)

   フジツボの中にいます。
   もしかすると、奥に卵が有るかもしれません。

   「 アキギンポの姿には必然性があった 」 のが、今回の写真で納得しました!
   頭のフサフサした皮弁、あごの皮弁、目の赤、顔の白・黄・赤の模様。
   このシーンでの、見事な保護色や偽装。
   自然の組み合わせって、不思議です。

Pc010016_akiginpo

 

 

   メモ:
    臼尻で写した全部の写真をよく見てみると ?
   体色と背景の組み合わせが保護色の関係にあるものが多い。
   磯焼けしていない色のある海で暮らす生物において、保護色が必然性を持つ
   ことを、教えてくれた臼尻の海でした。
 

 

 

フサギンポ  3D立体写真・交差法 (左クリックで拡大)

Pc010030_husaginpo

 

 

 

イソギンポ  (左クリックで拡大)

Pc010049_isoginpo

 

 

 

オニカジカ  3D立体写真・交差法 (左クリックで拡大)

    積丹でももう少しすると、交尾、産卵が始まります。
    積丹で写した、オニカジカの交尾写真です(2011/12/29)。

Pc020088_onikajika


 

 

 

カムチャッカモエビ   3D立体写真・交差法 (左クリックで拡大)

    積丹にはいません

Pc020094_kamutyakkamoebi

 

 

 

ハナサキウミウシ   3D立体写真・交差法 (左クリックで拡大)

     ほかに見たウミウシは、ガーベラミノウミウシ、サクラミノウミウシ、イソウミウシ
     今回は初めて見る魚ばかりで、あまりウミウシさんと遊んであげられなかった

Pc020167_hanasakiumiusi


 

 

 

ベロ  (左クリックで拡大)

    最終ダイビングのエキジット手前10mにいた綺麗な色をしたベロです。
    今回のダイビングツアーの最後に写した写真です。

Pc020220_bero
 

 

 

 今回の「函館・臼尻ダイビングツアー」は2日間でしたが、内容が濃く積丹と違った環境の
海で、たくさんの生物を見ることが出来て、本当に参加してよかったと思います。

ロビンソンの西村さん、渋谷さん、グラントスカルピンの佐藤長明さん、凡子さんに、大変
お世話になり本当にありがとうございました。

西村さん、このツアー、またやりましょうね。
個人的には、冬は毎月でもいいですよ

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

|

« ハナイトギンポ  2012/12/01,02 (6/7) 函館・臼尻でダイビング | トップページ | 北海道・積丹の年間海水温度 2008/10/19 ~ 2012/11/23 »

函館・臼尻」カテゴリの記事

コメント

楽しかったですね~。ぜひまた行きたいです。
私の場合、毎月だと財布が破綻しますけどね(ノ∀`)

投稿: okada | 2012年12月 5日 (水) 21時18分

宿泊券が切れる前に必ず行けます(笑

投稿: R1 | 2012年12月 5日 (水) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 他にも沢山いたよ!   2012/12/01,02 (7/7) 函館・臼尻でダイビング:

« ハナイトギンポ  2012/12/01,02 (6/7) 函館・臼尻でダイビング | トップページ | 北海道・積丹の年間海水温度 2008/10/19 ~ 2012/11/23 »