« 4週間ぶりのダイビング 2012/11/23 (1/3) 積丹・幌武意でダイビング | トップページ | ホッケの卵 2012/11/23 (3/3) 積丹・幌武意でダイビング »

2012年11月26日 (月)

アイナメの保護卵 2012/11/23 (2/3) 積丹・幌武意でダイビング

 ダイビングできなかった1か月の間に、アイナメやホッケの産卵が始まっていました。
アイナメに至っては、もうハッチアウトしている卵塊もあります。

アイナメの卵の孵化時間を調べてみると、資料がありました。

    孵化時間
     北海道:
     31 日(水温13℃)
     34 日(水温11℃)
     45 日(水温9.5℃)
     50 日(水温9℃)
     
     54 日(水温7.4℃)

    ※ 「主要対象生物の発育段階の生態的知見の収集・整理 報 告
       社団法人全国豊かな海づくり推進協会」より、引用させていただきました。

 今日ハッチアウトしていたアイナメの卵塊は、4週間前には有りませんでした。
今日の水温は、12.9℃ だったので、上の表から孵化時間は31日。
前回のダイビング(10/27 水温16℃)直後に産んだとすると、28日でハッチアウトは
資料と合います。
水温がこれから下がると、孵化時間も伸びるんですね。

 

 

とーちゃん かっこいい~

    アイナメの保護卵  3D立体写真・交差法 (左クリックで拡大)

Pb239833_ainame_hogoran

 

 

あたぼうよ!

    アイナメの保護卵  3D立体写真・交差法 (左クリックで拡大)

Pb239834_ainame_hogoran

 

 

でも後姿は、ちょっとさびしい

     アイナメの保護卵  3D立体写真・交差法 (左クリックで拡大)

Pb239832_ainame_hogoran

 

 

アイナメの卵   3D立体写真・交差法 (左クリックで拡大)

Pb239813_ainame_tamago

 

 

アイナメの卵  3D立体写真・交差法 (左クリックで拡大)

   上の写真の拡大です

Pb239813_ainame_tamago_2a

  R1 memo:

    上の写真で、左側の写真は少しピントが合っていませんが、立体視すると頭の中で
   合成される1枚の立体像では、ピントが改善されて見えます。

   立体視では、
    1、左右どちらかの像のピントが甘くても、合成立体像ではピントの合っている写真
      側によって、ピントが改善されて見える。
    2、立体感をもたらす視差による位置情報は、少しピントが甘くても再現される。
   のでしょうか?

 

 

アイナメの卵   3D立体写真・交差法 (左クリックで拡大)

   上の写真より、アイナメの胎児が大きくなっています。

Pb239816_ainame_tamago

 

 

アイナメの卵   3D立体写真・交差法 (左クリックで拡大)

   初めに産み付けられた一番下の卵塊はすでに、ハッチアウトしてました。
   4週間前には無かった卵塊なので、生んでからハッチアウトまで4週間未満です。
   右側の写真の矢印の卵は、中で胎児が動いています。

Pb239879_ainame_tamago_2

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

|

« 4週間ぶりのダイビング 2012/11/23 (1/3) 積丹・幌武意でダイビング | トップページ | ホッケの卵 2012/11/23 (3/3) 積丹・幌武意でダイビング »

幌武意」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイナメの保護卵 2012/11/23 (2/3) 積丹・幌武意でダイビング:

« 4週間ぶりのダイビング 2012/11/23 (1/3) 積丹・幌武意でダイビング | トップページ | ホッケの卵 2012/11/23 (3/3) 積丹・幌武意でダイビング »