« オキタナゴの雄の婚姻色 2012/10/13 (4/4) 積丹・幌武意でダイビング | トップページ | 水温がやっと下がってきました  2012/10/27 (1/3) 積丹・幌武意でダイビング »

2012年10月21日 (日)

積丹・美国の宝島周辺の、3D海底地形

 今週の美国ダイビング(10/20)は、波が高くて中止となりました。
今年の、ROBINSONさんの美国ダイビングはあと1回(11/3or4)なので、次回に期待です。

※ ROBINSONに限らず、積丹・美国のダイビングサービスは小型船のため、波が荒く
  なる冬は、雪の降る前に船を陸に上げてしまうので、冬の間は美国でのダイビング
  が出来なくなります。
  来年の春までは、「大型の船とダイビング用係留アンカー」を持っている、幌武意の
  アクアキャットさん(年中無休です)ベースのダイビングになります。
   (ROBINSONさん主催の幌武意ダイビングツアーは、札幌からの発着になります。)

なので今回は、「海に行けないシリーズ」です。

 

 

 美国で有名(かな?)なダイビングポイントは、宝島周辺になります。
今回は、「いつもどんなところでダイビングしているの?」との、質問に答えて

「 積丹・美国の宝島周辺の、3D海底地形 」 を作って見ました。

 

 

(写真1) 積丹・美国の宝島周辺の、3D海底地形 ~ 広範囲
       (3D・交差法 (左クリックで拡大))

Bikuni_3d_cho764_c4_17_and_18blogl

※3Dの高さ方向は、2枚の航空写真の視差が大きいため、2~3倍に誇張されています。
 

 

 右上のハート形に見える島が、無人島の「 宝島 」です。
宝島がハート形になっているのを、みんなは知らない! 
ココだけの秘密です 

この周りには、ダイビングポイントがたくさんありますが、同じポイントでも、ダイビング
サービスにより、呼び名が違います。
又、ダイビングポイントはレアものが見られるマル秘ポイントなどがあるので、位置は
企業秘密(かな?)なので示しません。
いつもどの辺でダイビングしているか知りたい方は、ガイドさんに聞いてネ

 ロビンソンの、オープンウオーターの海洋講習は、宝島の左下にある小さな岩礁
(ロビンソンでは、小宝島と呼んでいます)をベースに、宝島との間にある穏やかな水路
で行われます。
私も、ここでダイバーさんになりました 

 海岸は、海からすぐに切り立った高い崖が幌武意までずーっと続いていて、美国から
幌武意までの間は上る道がありません。
この間にあるダイビングポイントまでの移動は、すべてボートになります。

 

 3Dの元になった写真は昭和51年に撮影されたものなので、港の岸壁や街並みが今と
全然違います。
海底の地形は変化していないと思われるので、今でも同じ状態だと思います。
 

 

参考に、グーグルマップで現在の積丹・美国を見てみますネ。


大きな地図で見る

 

 3D写真の元写真は、昭和51年(1976)に写されたもので、上のグーグルマップは、
2012年とすると、36年後の写真です。
人間がいかに地形を変えたかわかる写真ですネ。

 

次は、宝島周辺の拡大・3D写真です

(写真2) 積丹・美国の宝島周辺の、3D海底地形 ~ 宝島周辺の拡大
       (3D・交差法 (左クリックで拡大))

Bikuni_3d_cho764_c4_17_and_18blogs

※3Dの高さ方向は、2枚の航空写真の視差が大きいため、2~3倍に誇張されています。

 

 宝島周辺の海底に隠れていて見ることの出来ない、水面下の岩礁(隠れ根)が、
白く見えています。
3Dで見ると、水面下の隠れ根の位置と大きさ、形が解かります。
ダイビングポイントまで、自分でナビゲーション出来そう(な気がします 

ここでダイビングしたことのある方なら、どの辺でダイビングしていたのか解かりますよネ。
水深は、隠れ根の水底の砂地で20mぐらいです。

写真は、天気が良く海水の透明度が抜群の日だと思われます。
こんな良い日にダイビング出来たら、「積丹ブルー」の抜けるような青が見られたでしょう。

海底地形の写真から読み取れる情報は、私にはこのくらいなのですが、判る人が見たら

   ガイドさん:この辺に魚や生物が多そうだとか、ダイビングコースの選定 とか
   漁師さん :この辺にウニやアワビがいそう とか
   釣り人  :この辺が釣れそう とか
       地形好き:海岸線の浸食と、宝島の形成 とか

等、たくさんの情報を得られるんでしょうネ!

-------------------------------------------------------------------------

 「 積丹・美国の宝島周辺の、3D海底地形 」を作るにあたって、
下記の写真を使わせていただきました。

「国土画像情報(カラー空中写真) 国土交通省」 昭和51年度 CHO-76-4_C4_17,18

整理番号 CHO-76-4
撮影年度 昭和51年度
地区名 仁木
撮影縮尺 1/15000
地形図番号 NK-54-20-5
5万分の1地形図名 古平
撮影コース C4
写真番号 17
緯度 43°17′48″
経度 140°35′11″

空中写真の北方向 
整理番号 CHO-76-4
撮影年度 昭和51年度
地区名 仁木
撮影縮尺 1/15000
地形図番号 NK-54-20-5
5万分の1地形図名 古平
撮影コース C4
写真番号 18
緯度 43°17′50″
経度 140°36′11″ 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

|

« オキタナゴの雄の婚姻色 2012/10/13 (4/4) 積丹・幌武意でダイビング | トップページ | 水温がやっと下がってきました  2012/10/27 (1/3) 積丹・幌武意でダイビング »

積丹」カテゴリの記事

空撮シリーズ」カテゴリの記事

コメント

宝島周辺の海図(?)って言うんでしょうか、水深を等高線(?)で示したのが欲しいですね。そこに目印を書き込めると、もっと地形を把握できそうです。
イントラの講習ではその辺もしっかり指導されるんですよね…   

最近イントラになったあの人に、しばらく島周囲を周ってもらって、地図作成をおねだりしましょうかー!

投稿: okada | 2012年10月22日 (月) 22時07分

Dさんは、インストラクターの講習時に小宝島の地形図を作っているのですが、見せてくれません。
今度会ったら、もう一度頼んでみませう。

投稿: R1 | 2012年10月22日 (月) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 積丹・美国の宝島周辺の、3D海底地形:

« オキタナゴの雄の婚姻色 2012/10/13 (4/4) 積丹・幌武意でダイビング | トップページ | 水温がやっと下がってきました  2012/10/27 (1/3) 積丹・幌武意でダイビング »