« 今日のウミウシ 2012/09/08 (5/5) 積丹・美国でダイビング | トップページ | カメラはバリアフリーじゃない! »

2012年9月17日 (月)

ビデオの青かぶりの修正

今週のダイビングは、お休みです

そんなわけで、今日のネタは、「ビデオの青かぶりの修正」。 (ネタがなかった

-----------------------------------------------------------------------

 最近はカメラ(XZ-1)のホワイトバランスを「水中」に固定しているので、必然的に
ビデオ撮影のWBも「水中」になってしまいます。(XZ-1の仕様です)
(緑に)青かぶりはしないのですが、(ほんとの)青が強すぎます。
北の海の色ではないですネ。 南国のスカッと抜けた青です
これも、今後修正の方法が確立したら手を付けたいところです。
ホワイトバランスを晴天などにすると、従来の青かぶりビデオになるのですが、赤が
消えてしまっているので、修正で復元できません。
ビデオの修正を前提にすると、やはり赤が残る「水中WB」の選択になってしまいます。

と、ここまでは、XZ-1の愚痴

-----------------------------------------------------------------------

 で、気になるのが前のカメラ(SP-560UZ)で写したビデオの青かぶり。
その時は、ビデオの編集ソフトや高速のハード、知識も無く、青かぶりのままでYoutube
に掲載していました。

 今のパソコンに付属していたビデオ編集ソフト Adobe Premiere Elements 9 は
重いのでほとんど使ったことが無かったのですが、多画面の制作のニーズがあったので
少しいじってみると、色の修正機能が結構使えるみたいなので、青かぶり修正に
チャレンジしてみました。

※ 普段のビデオ編集は、ムービーメーカー2.6を7にインストールして使っています。

----------------------------------------------------------------

まずは、修正前/修正後の比較ビデオです。(Adobe Premiere Elements 9 使用)

ビデオの青かぶりの修正

 

左側のビデオはオリジナルで、ホワイトバランスは「晴天」で写しています。
見事に青かぶりしていますね。

右側のビデオは,青かぶりを修正したものです。
カラーバランス調整は、レッド 100%、グリーン 82%、ブルー 110%。
明るさは、 -11.2%、コントラスト 10.6%
で調整しました。

やっぱり、修正後の右側の方が綺麗に見えます。

こんなに綺麗に修正できるなら、青かぶりを修正して再UPした方がいいのかな?

   ※ ビデオのナレーションは、下記で作りました

       音声読み上げソフト SofTalk  (フリーで超便利なソフトがあるんですね)
       声 TOSHIBA Speech Synthesis Female Japanese (パソコン付属)

 -----------------------------------------------------------------------

青かぶりの修正後に、色のバランスがどう変わったかを見るために、ビデオの先頭部分を
キャプチャーしてヒストグラムを見てみます。

 

青かぶり(オリジナルビデオ)の、ヒストグラム

   グリーンが右寄りで、画面全体の緑が強い。

Aokaburi_syuuseimae


青かぶりの修正後のヒストグラム

  グリーンのレベルが下がって、RGBのバランスがそろっています。
  上の補正前のキャプチャー画で、Photoshopの自動カラー補正の結果に近いです。

Aokaburi_syuuseigo

     Premiere のエフェクトにある「自動カラー調整」はシーンで補正量が変化して
    しまうため、ビデオ全体を統一した補正量で修正できませんでした。
    そのため、今回は手動のカラーバランス調整を使っています
    もしかしたら、その機能がPremiereにあるかもしれないが、まだ付け焼刃なので
 

 

 

参考 : キャプチャー画の青かぶり修正を、「Photoshopの自動カラー補正」で行ったもの

    この補正が、Premiere で出来たら最高ですね。
 

    

Aokaburi_syuuseigo_ph

ビデオのカラー調整にも、Photoshopのような「トーンカーブ」の調整が有ればもう少し
細かく修正できると思うのですが、演算が増えてもっと重たいソフトになるだろうしなー
(プロ用の編集ソフトにはきっと有るんだろうなー)

追記:2013/03/04
    Ps CS6 にバージョンアップしたら、おまけ?で付いていた、ビデオ編集機能で、
   トーンカーブ、レベル補正、色相など、ビデオにも写真と同じ補正が出来るように
   なりました。  ばんざーい 
   XZ-1 の真っ青な青かぶりしたビデオを修正した例です→
 2013/03/03ブログ

 

--------------------------------------------------------------------

 普段のビデオ編集には、Windows Movie Maker 2.6 を使っていますが、色の補正機能
が無いため、前処理でPremiereで青かぶりの補正をしてから編集となるので、エンコードが
一回多くなります。 (さらに、youtube にupでまた劣化なんですよネ)
でも、その画質低下が私には良くわからないので、問題なしとします
(画質低下より、青かぶりの修正の方が優とします)

-----------------------------------------------------------------

 約1年前に、今のパソコン環境(7、Core i7-2670QM、メモリー8GB)になって、初めて
青かぶりの修正が可能なハードとソフトになりました。

前のPC環境(XP,CeleronM360、1GB)で、同じことを処理しようとしたら、10倍以上の
エンコード時間がかかってしまうので、「青かぶりも修正なしでいいや―」という気分に
なってしまいます。 (たまに、「応答なし」にもなります)

ちなみに、5分のビデオ(1280x720)をムービーメーカーの最高画質(1280x720、品質100)
で書き出しを行うと、

  以前のPC  46分17秒 ~ おまけに再生は数秒ごとに画面が変わる超コマ落ち
              
  今のPC    3分43秒

これだけの性能差で、値段はほぼ同じ。 技術の進歩はすごいです。
おまけに地デジまでついてます(が、まだPCで見たことはないです

ノートパソコンでこの差だから、ディスクトップPCのハイエンド機はどれだけ早い~

------------------------------------------------------------------

ビデオの「オオカミウオ」は、2011/05/15に北海道・積丹・幌武意で写したものです

      オオカミウオの記事

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

|

« 今日のウミウシ 2012/09/08 (5/5) 積丹・美国でダイビング | トップページ | カメラはバリアフリーじゃない! »

ビデオ」カテゴリの記事

コメント

46分とか… よく頑張ってましたねー
最近はハイエンド機は使ってませんが、デスクトップでそこそこのマシンだと、
たぶん1分くらいの作業かも知れないですね。
そういう自分は、もっぱらWIN7 i3-380M 2GB-DDR3 のノートです。
母艦は別宅jにありまして、ほぼ「記録保存用PC」になってます(ノ∀`)

投稿: okada | 2012年9月18日 (火) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビデオの青かぶりの修正:

« 今日のウミウシ 2012/09/08 (5/5) 積丹・美国でダイビング | トップページ | カメラはバリアフリーじゃない! »