« コモンウミウシ 触角の面積は? | トップページ | セスジミノウミウシの色彩変異 2011/10/15-② 積丹・美国でダイビング »

2011年10月17日 (月)

イソバテング 2011/10/15-① 積丹・美国でダイビング

 今日、初めてイソバテング(磯葉天狗)を見ることが出来ました。
10cmぐらいの大きさで、もう目の可愛いことと言ったら

地方名を「サチコ」と呼ぶのですが、どうしてか分かりません。

Pa154613_isobatengu イソバテング

(左クリックで拡大)



















Pa154628_isobatengu イソバテング

(左クリックで拡大)



















Pa154629_isobatengu イソバテング

(左クリックで拡大)



















Pa154620_isobatengu イソバテング

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)


















Pa154624_isobatengu イソバテング

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)


















 イソバテングは、浮き袋が無いため、ほかの魚のように浮いて泳ぐことが出来ません。
そのため、泳ぐ時は胸びれを飛行機の羽のように大きく広げて、尾の推進力で進みます。
胸びれは、飛行機の羽のように揚力を得るためと方向を変えるのに使っているみたいです。だから、尾を止めると沈んでしまいます。
泳いでいるときは、胸びれから後ろの部分だけを左右に動かし、胸びれから頭の部分はは動きません。


「イソバテング 2011/10/15 積丹・美国」













にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

|

« コモンウミウシ 触角の面積は? | トップページ | セスジミノウミウシの色彩変異 2011/10/15-② 積丹・美国でダイビング »

美国-秋 9~11月」カテゴリの記事

ビデオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イソバテング 2011/10/15-① 積丹・美国でダイビング:

« コモンウミウシ 触角の面積は? | トップページ | セスジミノウミウシの色彩変異 2011/10/15-② 積丹・美国でダイビング »