« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月25日 (日)

ドナルドダックにそっくりなコケギンポ 2011/09/24 積丹・美国でダイビング

 水温が、先週の22℃から一気に17℃に下がっていました。
前日までの台風に寄る大荒れで深層の冷たい海水が上がってきたみたいです。
今日の2本目は、フードを被る人もちらほらと。
ちなみに私は一年中フード派で、3枚のフード 1mm、3mm、5mmを使い分けています。


ドナルドダックにそっくりなコケギンポ

 口を大きくパクパクと、可愛いコケギンポです。
ドナルドの声が聞こえてきませんか?





※過去の動画は、YouTubeの r1rawd チャンネルに有ります。




P9244338_kokeginpo コケギンポ

(左クリックで拡大)

まだ小さなコケギンポですが、全身を見られるのは珍しいです。
















クロガシラガレイ

 30cmぐらいのクロガシラ。
初めてカレイの口が開いたのを見ました。











P9244354_kurogasiragarei クロガシラガレイ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

上のクロガシラです。
















P9244290_onakano_okii_bero お腹の大きなベロ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

 お腹が膨らんでいるのは、卵なのか、小魚の丸飲みなのか解りません














P9244361_kyuusen キュウセン

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)


少し離れた距離の写真だと、体色は見た目に近いですが(下の写真へ続く)













P9244369_kyuusen キュウセン

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

接近で撮すと赤見が強いようです。
(2枚とも、WBは水中モード)














P9244383_suityuu_800 ウマズラハギ

(左クリックで拡大)

XZ-1の水中モード・ホワイトバランスで撮すと、やはり赤すぎます。
でも、見た目は下の写真より綺麗。














P9244383_5500k_800 ウマズラハギ

(左クリックで拡大)

上の写真を、WB5500K(フラッシュ)で現像すると水中で見る色に近くなります。

どちらが本当の色でしょうか?

XZ-1 WBで悩みます。











 カメラをXZ-1に変えて、3Dの画角が少し広がったので初めて人を撮してみました。
モデルになってくださった、Sさん、Hさんはフードで顔がお見せできなくて残念です


P9244389_s_san Sさん

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

透明度が7~8mなのでちょっと霞がかかったような感じです。
魚などのようにカラー調整するとバックのブルーが消えてしまうのであまり修正せず、海らしくしてみました。










P9244387_h_san Hさん

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

今日で49本目のHさん。
次回は、祝50本です。














にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月20日 (火)

スジハゼとテッポウエビの共生 2011/09/18 積丹・幌武意でダイビング

 昨日からの波が治まりません。
2本とも、幌武意漁港内のダイビングになりました。
港の中もウネリがあって砂が舞っています。透明度は2~3mでしょうか。

そんな状態なので、今日はあまり動かず 「スジハゼとテッポウエビの共生」 一本狙いです。


スジハゼとテッポウエビの共生

2ダイビング掛けてやっと撮れました。
ライトを点けるとテッポウエビが出てこないので、照明無しでの撮影です。






一つの巣穴にスジハゼとテッポウエビが共生して住んでいます。
目の良くないテッポウエビは、目の良いスジハゼに外敵の見張りをしてもらいます。
その代わり、テッポウエビは巣穴を作り、せっせと巣穴のお掃除をします。
テッポウエビは危険を知るために、スジハゼの体に触角で触れながら巣穴から出てきます。
後半に警戒したスジハゼが下がって、尾びれでテッポウエビが巣穴から出るのを止めています。





P9184225_youjiuo ヨウジウオ

(左クリックで拡大)

この顔から、全体の姿が想像できますか?
















P9174183_inabauwa_ebi イナバウワ・エビ?

(左クリックで拡大)

しっぽが逆ぞりのエビ。
初めて見た?
ので、勝手に「イナバウワ・エビ」と呼んじゃいます











にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緑色のアミメハギ 2011/09/17 積丹・幌武意でナイトダイビング

 今日は久しぶりのナイトダイビング。
でも、波が上がってきてボートダイビングは中止。
急遽、幌武意漁港の中での、ナイトダイビングとなりました。

幌武意漁港 ~ 侮れません。
ここで、オオカミウオやフサギンポを過去に見ています。
今日は何を見られるでしょうか?


P9174197_midori_amimehagi 緑色のアミメハギ

(左クリックで拡大)

アミメハギの色彩変異でしょうか?
















緑色のアミメハギ

海草の中に入ると、見分けがつきません。









P9174162_hiratumegani ヒラツメガニ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

このカニさん。後ろ足がオールのようになっていて泳ぐことが出来ます。
逃げ足の速いことと言ったら・・・













P9174201_mahugu マフグ

(左クリックで拡大)

ナイトダイビングでは、こんな近くまで寄ってくれますが、翌日の昼間は、なぜか寄ってくれません。
(ウマズラハギも同じでした)














P9174151_umazurahagi ウマズラハギ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)














にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セスジミノウミウシ 2011/09/17 積丹・幌武意でダイビング

 今日は波が高く、船を出せるギリギリのコンディション。
2本目の帰りは、まるでジェットコースターです。
後ろ向きに座っていたので、4mの波を越えるときは でした。
(波が有るときは前向きに座りましょう)



P9174056_sesujiminoumiusi セスジミノウミウシ

(左クリックで拡大)

 積丹で、こんな南の島にいるようなカラフルなウミウシが見られるなんて!
地元のガイドさんも5年ぶりに見たとのこと。
先週から出ているようなので、まだ次週も見られる(かも?)

ウミウシ好きの人は、幌武意に行く価値は有ります。
(外れても






セスジミノウミウシ

流れが有ったのでミノがなびいてしまい、開いた綺麗な姿は見られませんでした。










P9174061_sesujiminoumiusi セスジミノウミウシ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

ミノが少ない個体です。

















P9174087_sesujiminoumiusi セスジミノウミウシの交接

(左クリックで拡大)

2匹が交接しているところへもう一匹がやって来ました。

3匹集まると、「紫の花びら」の様です。












セスジミノウミウシの交接









P9174092_sesujimino_tibi セスジミノウミウシの子供?

(左クリックで拡大)


1cmも無い大きさです。

この子が上の写真の大きさになるまで、幌武意に居続けてくれるでしょうか?












サンゴタツのお食事?

 今週も見ることが出来ました。 これで4週連続、今年は当たり年か?
サンゴタツが何かを食べているようです。 なんでしょうか?








コウイカの子供、人の顔に変身?

 初めは茶色だった背中が、みんなでストロボ攻撃したためでしょうか?
背中が、人の顔に変身。





偶然でしょうか? それとも・・・



P9174111_gisukajika ギスカジカ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

季節はずれのお客さんです。
















P9174115_gisukajika ギスカジカ

(左クリックで拡大)

















にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

サンゴタツに怒るヤドカリ 2011/09/11 積丹・美国でダイビング

朝、5時に家を出るときの気温は13℃。 北海道は、もう秋です。

 今週も居ました、サンゴタツ。
海流が西から流れて来て、ぶつかるポイントに居るようです。

サンゴタツに怒るヤドカリ

 近づいたサンゴタツ(タツノオトシゴ)を威嚇するヤドカリ。
終いには上に乗られて、触覚を尾で巻かれてしまいます。
踏んだり蹴ったりのヤドカリ君、水深23.7mのバトルです。
タツノオトシゴは本州から来られた方は珍しくも何ともないらしいが、北海道・積丹ではレアものです。



P9113979_kyuusen キュウセン

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

キュウセンの雌です。
図鑑を見ると、このサイズより成長すると雄に変わる?
こんな魚も居るんですね!














P9113964_aburako アブラコ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)










P9113960_kajika_hogosyokuカジカの保護色?

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

ライトで照らして探さないと、回りにとけ込んでどこにいるのか解りません。

人の眼は立体視で見ることが出来るので、何とか探せると思うのですが、立体視しない平面の写真だとどうでしょう?










P9113986_kokeginpo コケギンポ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)


















P9113995_kokeginpo コケギンポ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)


















P9114000_komonumiusi コモンウミウシ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

今年はやたらに数が多い。
その分、他のウミウシさんが少ない~














P9114022_kanzasiumiusi カンザシウミウシ

(左クリックで拡大)

どうして垂直の壁にいるの~
片手撮りではキビシー
















P9114017_ryuuguuhaze リュウグウハゼ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

たまには撮さないと~
















P9114037_umazurahagi ウマズラハギ

(左クリックで拡大)



















P9114034_bero_up ベロのアップ

(左クリックで拡大)

アップで見ると、なんてカラフル!

目も、エメラルドグリーン。

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月)

タカクラタツ (タツノオトシゴ) 2011/09/03 積丹・美国でダイビング

 台風の接近する中、美国・宝島周辺はウネリもなく、いつもと変わらないダイビングが出来ました。
(美国港から離れたポイントは波が高くムリでした)
今日は安全を考えて、N船長さんは船上で待機。

こんな日に、レアものが見られるのですね!



タカクラタツ (タツノオトシゴ) 3D 交差法  積丹・美国

  交差法は、フルスクリーンでも見ることが出来るのでお薦めです。






タカクラタツ (タツノオトシゴ) 3D 平行法  積丹・美国

  平行法は、15インチぐらいなら、練習で何とかなります。







 サンゴタツは同じ場所に数週間、定着しているので、タカクラタツも期待できるかも?
来週もさがせるといいなー

北海道の海も温暖化なのでしょうか?
死滅回遊魚といわれているタツノオトシゴも、積丹での目撃が多くなっています。
スズメダイはもう、冬を越しています。




P9033836_takakuratatu タカクラタツ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

ガイドのMさんが見つけてくれました。
てっきり、サンゴタツと思っていたのですが、ログ付けの時に図鑑を見て、タカクラタツの方に似ている!
採取しないと解らない胸びれ、背びれの数なんて、採取してはいけないダイバーさんには解りません。
見た目で、「タカクラタツ」と言うことにしようと全員一致





P9033904_komonumiusi コモンウミウシの触角

(左クリックで拡大)

エラのアップも撮ろうと思ったのですが、カメラを近づけると閉じてしまいます。フォーカスライトを消してもだめでした。
数匹トライしたのですが全滅でした。
一度閉じると、数分待っても開いてくれず、エアーだけが消費されていく。









P9033865_umiusi_tamago ウミウシの卵

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

親のウミウシが一緒でないと、種類は分かりません。
















P9033901_umiusi_tamago ウミウシの卵

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)


2枚撮りの写真から作成








P9033850_hiramusi ヒラムシ ?

(左クリックで拡大)

ウミウシではなさそうです。
オレンジの触角はヒダもなく、透明な膜で覆われています。
大きさは5mmぐらい。














P9033909_ougonmurasoi 黄金ムラソイ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)






















今日のガヤ君

目が合ってしまったガヤ君。
向こうが興味を持ってくれたようです。
「水深20m・照明無し・天気は曇りで小雨」の条件下での、XZ-1の動画です。



にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »