« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月30日 (木)

幌武意でダイビング 12/29 ホテイウオの成魚

今日は小雪の降る中、潜り納めです。 水温は9.2℃。

ホテイウオの成魚が産卵のため岸寄りしてきています。
今日は10匹以上も見ちゃいました。
これから、巣作り、ペアリングを経て産卵。
抱卵を見ることが出来るのは1月中旬ごろ。
今の時期は、ホテイウオの全身や泳ぐ姿が見られるレア?な時期でしょうか

今日のトドは、Nさんだけ見ることが出来ましたが、マクロレンズのため写真は

Pc294294_hoteiuoホテイウオ(成魚)

(左クリックで拡大)

いつ見ても、可愛い(?)顔です。














Pc294302_hoteiuo ホテイウオ(成魚)

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

「だるまさん」みたいです。














Pc294312_hoteiuo ホテイウオ(成魚)

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

お腹に吸盤があるので、こんな壁にも張り付くことが出来ます。

















ホッケに追われているホテイウオです。

のんびり泳ぐホテイウオ


 

 
 
 

Pc294282_tako_akatyan タコの赤ちゃん

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

大きさは数cmで、まだ体が半透明です。頭(胴体?)の中が透けています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

タコの赤ちゃん 3D 交差法

ちょっとフラフラしているので、見ていると酔うかも


 
 

 
 
 
 
Pc294278_onikajika オニカジカ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

よく見る色合いのオニカジカです。













Pc294309_onikajika オニカジカ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

黄色い、オニカジカ。














Pc294290_hottuke_tamago ホッケの卵

(左クリックで拡大)

もう卵の中ははち切れそうです。














Pc294344_gaberaminoumiusi ガーベラミノウミウシ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

下から

お父さん
お母さん
子供

見たいな大きさでした

 
 
 
 
 
 
 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

どうしても立体視が出来ない人のために~交差法立体写真の見方

潜りに行きた~い。

Tenki どうも、休みと海のコンデションが合いません。

年内にもう一度、潜れるでしょうか。

アクアキャットさんはコンデションが良ければ年末年始無休でOK。 
 
 
 
 
そんなこんなで今日のネタは

「どうしても立体視が出来ない人のために ~ 交差法立体写真(3D)の見方」

「立体視できない」で検索されている方が多いみたいなので、こんなのはどうでしょうか。

※私のブログの立体写真は交差法で作っているので、今回は交差法のみ対応です。
平行法は真ん中を仕切った箱状のビューアーを作れば裸眼でダメな方でもなんとか見てもらえましたが、ビューアーの大きさを、写真のサイズに合わせて作るため、汎用性がありません。この方法は又改めて書きます。

追記: 平行法立体写真の見方   追加しました(2012/04/04) (ブログ内リンク)

やり方は・・・

厚紙に枠を切り抜き、交差法で作られた立体写真(写真でもモニターでも可)と目の間に入れて見る。これだけです。

立体視が苦手な人は、「立体視したとき横に3枚の写真が並んだ様に見え、その真ん中の写真だけを集中してみる」事が難しいようです。それなら左右に見える不要な写真を無くしてしまえ。と言うのが今回の発想です。

Kousahou_3d_mikata_2 やり方は、

①A4サイズぐらいの厚紙に45x70mmの枠を切り抜く。切り抜いた枠の上の方に5mmぐらいの目印になる点を書く

※自分の環境に合わせた、枠の大きさは⑤を参照

②モニターと目の距離を60cmぐらいにする。

③切り抜いた枠を目から20cmぐらいの所に置く。

④まず右目だけで、Bの写真だけが枠内に見えるように、前後・左右に枠の位置を合わせる。

⑤枠をそのままの位置で、次に左目だけで枠を見ると、Aの写真だけが見えているはずです。

もし、ずれていたらモニターと目の距離を前後させて、枠内に見えるように調整してください。
(※今回の枠の大きさは私のモニターサイズに合わせた大きさです。モニターが大きな方は枠を少し大きくしてみてください)

枠の大きさ
 枠の横幅=24cm÷2×(20cm÷60cm)=4cm → 余裕を加えて45mm
 枠の高さ=18cm×(20cm÷60cm)=6cm → 余裕を加えて70mm
 (写真サイズ、各距離20cm、60cmは、自分の環境に合わせて計算してみてください)

⑥次は両目を開けて、枠の上の目印の点を見ます。
そのまま視線を下ろして枠の中を見ると、写真は1枚で立体に見えてきませんか?

⑦おまけ
慣れると、手のひらの小指側で左右の壁を作り、切り抜いた枠と同じ効果で見ることが出来ます。この方法だと、手のひらの間隔を変えることで写真のサイズが変わっても簡単に対応できます。

下の交差法立体写真で試してみてください。

Pa313730_kemusikajika

ケムシカジカ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月19日 (日)

吹雪の中、海まで来たのに! 12/18

 吹雪の中、幌武意までやってきました。 が
予想より、波が上がってきていて今日のダイビングは中止
泊まりで来た方は、早くも乾杯が始まりました
私はスタコラ帰ります。今日は往復8時間のドライブ。
帰り道の峠では、何台かの車が路外へ転落。雪道の安全運転・肝に銘じます。

今日も例のごとく、『2D動画から、3D動画を作るの巻 ~ その3』

カタクチイワシの群れ N-3D
 


 
 
 普通のビデオ(2D)を、3Dビデオに変換してみました。
今回は、大成功(?)です。
ちなにみ「N-3D」は、「なんちゃって3D(疑似立体ビデオ)」の意味です。

大画面でも見ることが出来るように、交差法で作っています。
解像度720Pでぜひ見てください。
コントラストの無い映像なので、480P以下では圧縮が大きくて、もやがかかっているように見えます。

今回は、『むっちゃん』さんの、ステレオムービーメーカーVer1.20 を使わせていただきました。
こんな便利なソフトがあったんですね。今まで、フォトショップでモンモンと作っていた苦労が嘘のようです。感謝!感謝!です。

むっちゃんのホームページ
http://www.stereomaker.net/muttyan/index.html
 
 
 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月14日 (火)

時化で海に行けなかったので・・・ 

今週は時化で海に行けなかったので、過去のストックを、高画質番で再UP。
(最近、YouTubeを覚えたばかりなので、ネタのないときはこればっかり
 
 
どうしても、『風の谷のナウシカ』のオームに見えてしまいます。 


 
 
 
 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月11日 (土)

2D動画から、3D動画を作るの巻 ~ その2

『 2D動画から、3D動画を作るの巻 ~ その2 』 です。

タコを攻撃するホッケ 3D Video (2010/12/06 撮影) : 立体ビデオ×交差法
 


 

 
 今回も、普通のビデオ(2D動画)から、擬似的な3Dビデオ(3D動画、立体ビデオ)を作ってみました。

詳しい作り方は、2010/04/04の、『 2D動画から、3D動画を作るの巻 』にあります。
 
 
 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 8日 (水)

幌武意でダイビング 12/6 オニカジカ

水温10.6℃。 もう陸の上より、海の中の方が暖かいです

今日は、今年初のトドが出ました(そうです)。
アクアキャットのシャチョーがライトを振って教えてくれたのですが、もういませんでした
次回に期待しましょう。

Pc064193_onikajika オニカジカ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

オニカジカも今年初です。














Pc064208_kajika 赤いカジカ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

赤いマフラーを巻いている?














Pc064164_hokke_tamago ホッケの卵

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

今日は潮の流れがあってスーパーマクロはお預けでした。












Pc064202_nabeka ナベカ

(左クリックで拡大)

初めて見ました。

コケギンポのように穴に入っていて、頭しか見えませんでした。











Pc064211_akaeraminoumiusi アカエラミノウミウシ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)
















Pc064176_huraberinaberurukosa フラベリーナベルルコサ?

(左クリックで拡大)

















Pc064232_hutairominoumiusi フタイロミノウミウシ

(左クリックで拡大)

色が白くて目(触覚)が赤い。
(本当の目は触覚の付け根にあるのだが)

来年の年賀状写真の候補です。









Pc064186_suginohaumiusi スギノハウミウシ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

どちらが前でしょう?














Pc064219_kani カニ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

名前は分かりません。














Pc064239_asari アサリ ?

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

水管と足がどうやってこの大きさの貝殻に入るのだろう?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日は、ホッケとアイナメがタコを攻撃しているのに3回も遭遇。
(※海の中のビデオは暗いのでコントラスがありません。HD(720P)で見ると少しは増に見えます)


 
 

 
 
タコの墨は連続発射出来る! 


 
 

 
 
まとわりつくアイナメ。
もしかして私への攻撃チャンスを窺っていたのでは? 


 
 
 
 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »