« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月26日 (金)

幌武意でダイビング 2/24 ウルトラマンのような魚?

水温6.3℃まで下がってきました。

今日はトドの幼獣が出た(そうです)
ログ付けの時にビデオを見せてもらったら、私のエアーの上を通過していました。
下しか見ていないとこうなってしまいます。

P2249153_gaji_kei 不明

(左クリックで拡大)

頭にウルトラマンのようなトサカが有ります。パソコンを見て分かったので、はっきり分かる横顔が有りません。
ガイドさんも初めて見たそうで、ガジ系の幼魚では?










P2249153_gaji_kei_tosaka_2 不明

(左クリックで拡大)

















P2249159_gaji_kei不明

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)
















P2249161_hoteiuo_houran ホテイウオの抱卵

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

もう力尽きる寸前でしょうか?今年最後の姿になるかもしれません。

でも、下の稚魚に引き継がれていきます。









P2249179_hoteiuo_tigyoホテイウオの稚魚

(左クリックで拡大)

















P2249186_hoteiuo_tigyo  ホテイウオの稚魚

(左クリックで拡大)

















P2249187_hoteiuo_tigyoホテイウオの稚魚

(動画)

2249187_hoteiuo_tigyo.wmv」をダウンロード

なぜか稚魚は浅場に多い。この日はうねりで、稚魚の尻尾が左右に吹き流し状態です。彼らはお腹に吸盤があるので袋海苔にしっかり付いていて流されることは有りません。(この動画は上の子です)





P2249148_kajikaカジカ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

10日前と同じ場所に居ました。後で考えると抱卵していて移動していなかったかもしれません。
次回は、卵も探してみましょう。
動かないカジカが居たら、近くに卵があるかもしれません。






P2249143_sakuraminoumiusi サクラミノウミウシ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

枝だっぷりが良かったので。

この木みたいなものの名前は何でしょう?











P2249151_ryuuguuhaze リュウグウハゼ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

腹びれで立つ(?)事が出来ます。













P2249166_mututogemoebi ムツトゲモエビ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

ヒトデに乗っていました。














P2249168_mututogemoebiムツトゲモエビ

(左クリックで拡大)

目の後から頭に6本(5本かも)のトゲがあります。
だから、ムツトゲモエビ?(だったらいいな












P2249213_kitunemebaru

キツネメバル

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

40cmぐらいの大物でした












P2249198_aikajika  アイカジカ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)
















P2249221_itomakihitode イトマキヒトデ

(左クリックで拡大)

久しぶりに見かけたので















 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

幌武意でダイビング 2/14 ダンゴウオ

今日はダンゴウオ登場。
ホテイウオの抱卵は数が減ってきています。
孵化した稚魚は5~6mmのものが見られるようになりました。
2本目は、エビがたくさん。
天気はあいにく、曇り時々雪でしたが透明度は20m以上。水温7℃。

P2149054_dangouo ダンゴウオ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

全身が見られたのは今年初です。













P2149049_dangouoダンゴウオ

(左クリックで拡大)

上の子の、2D。















P2149027_dangouo ダンゴウオ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

別の子です。

背景と同じ色なので、居ると思って探さないと、見つかりません。

ダンゴウオに限らず、ライトがないとまず探せません。
カメラ派でなくともライトは必需品です。





P2149005_hoteiuo_tigyo ホテイウオの稚魚

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

立体写真はまだマクロが使えないのでこれが精一杯でした。
早くマクロ仕様の立体アダプターを作らねば。










P2149039_hoteiuo_tigyo ホテイウオの稚魚

(左クリックで拡大)

















P2149047_hoteiuo_tigyoホテイウオの稚魚

(左クリックで拡大)

















P2149012_beruserrakariforunika ベルセッラカリフォルニカ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

これも、今年初。














P2149028_kokeginpoコケギンポ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

貝殻の中にいました。














P2149032_onikajika_yougyo オニカジカの幼魚

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

まだ、トレードマークのおでこの「赤いリボン」が有りません。











P2149096_kajikaカジカ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

色が綺麗だったので。














P2149073_asahianahaze_namako ナマコに乗ったアサヒアナハゼ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

無賃乗車です。













P2149085_mututogemoebiムツトゲモエビ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)
















P2149094_kamutyakkamoebi カムチャッカモエビ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)
















P2149061_sunaebi スナエビ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)
















  
にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月13日 (土)

幌武意でダイビング 2/11 「天使の輪」を見た

初めてホテイウオの稚魚の、「天使の輪」を見ました。
生まれて間もない時期しかないそうで、いつも見ていた稚魚は、有る程度育ったものだったんだと分かりました。
でも~、サイズも小さい。 2mm前後です。(ただのゴミです
ホテイウオの抱卵もほとんど終わっていて数個体しか確認できませんでした。

P2118992_hoteiuo_tigyo_2 ホテイウオの稚魚

(左クリックで拡大)

「天使の輪」(繋がっていないけれど)が見えました。

2mmぐらいです(肉眼では頭の丸いところしか見えないので頭の大きさで書きます)

コンデジ+マクロ(クローズアップ)レンズの宿命です。
被写界深度が1mmも有りません。絞りF22が欲しい




P2118988_hoteiuo_tigyo_2 ホテイウオの稚魚

(左クリックで拡大)

横から見ると尻尾も分かります














P2118909_hoteiuo_tigyoホテイウオの稚魚

(左クリックで拡大)

もう、5~6mmになっています。














P2118947_hoteiuo_tigyo_5 ホテイウオの稚魚

(左クリックで拡大)

ホテイウオの稚魚は、別の魚かと思うほど、いろんな色や模様が有ります。

でも親になると皆同じ。不思議です?










P2118941_hoteiuo_houran ホテイウオの抱卵

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

やっと見つけた卵が見える姿です。

来週はもう無いかな?

上の稚魚からは想像も出来ない姿へ変身?










P2118923_yariika_tamagoヤリイカの卵

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

今年は、やたらと目に付きます。ACのUさんも、今年は多いと言っていました。

さやの中に、丸く見えるのが一個一個の卵なのかな?
魚の卵みたいに、目が見えてくるのだろうか?
これからが楽しみです。






P2118973_menkogani メンコガニ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

足が見えないので、死んだカニの甲羅かと思ってひっくり返してみると?












P2118977_menkogani_uraメンコガニ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

甲羅に隠れて体がありました

写したあと、ちゃんと元に戻しておきましたが、この状態から一人で起き上がれるのだろうか?
どうやって脱皮するのだろうか?
不思議な形です。





P2118927_kaimenhonyadokari カイメンホンヤドカリ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)
















P2118935_kajika_mesu カジカ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

お腹が大きいです。

卵を見てみたいです












P2118944_kitunemebaru_yariikatamago ヤリイカの卵と、キツネメバルと、エビの赤ちゃん?

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

一枚の写真にい~っぱい













P2118970_kinko キンコ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

初めて見たキンコ。
初めは、ナマコから腸でも飛び出しているのかと思いました。











P2118986_umiusi_akatyanウミウシの赤ちゃん?

(左クリックで拡大)

2mmぐらいの赤い点を発見。あとでパソコンで見たら触覚らしきものが2本。

赤いので、勝手にチシオウミウシの赤ちゃんにしてしまいます(ちがったらゴメン)











天気は、曇り/時々吹雪き、水温6.8℃でした。

冷えて上がったあとはエコバスへどぶーん。
もう止められません。(K社長~。ちょっと熱いよ)

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 2日 (火)

幌武意でダイビング 1/31 ホテイウオの稚魚

ホテイウオの卵がもう、ハッチアウトしています。
コオリカジカの卵も見ることが出来ました。
でも、トドさんは定休日(前日は居たそうです

この日は冬としては最高のコンデション。
曇りのち晴、風はなく、べた凪、水温7℃、透明度20m、水底のうねりもなし。

P1318805_hoteiuo_tigyo ホテイウオの稚魚
(ゴッコの稚魚)

(左クリックで拡大)

今年初めての稚魚です。
頭の部分で2~3mmです。尻尾まで入れると5mmぐらい。
この形の稚魚の場合の「大きさ」は、頭の部分の大きさなのか、尻尾まで入れた大きさなのかよく解りません?
肉眼では頭の部分しか見えませんから





P1318873_hoteiuo_tigyoホテイウオの稚魚
(ゴッコの稚魚)

(左クリックで拡大)

ホテイウオの稚魚にはいろんな色や模様があります。
見ているだけで楽しい












P1318870_hoteiuo_tamagoホテイウオの卵
(ゴッコの卵)

(左クリックで拡大)

黒く見えるのは目の部分。
白っぽいのは体の部分がだいぶ出来ている部分だと思うのですが。
岩の隙間の奥にあるので、60cmぐらいから180mm相当の望遠で撮ったので、イマイチ細部が分かりません。







P1318782_hoteiuo ホテイウオの抱卵

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

ほぼ全身が写せたので

ホテイウオは抱卵中に食べないそうで、ひれを動かして卵に新鮮な海水を送っています。ハッチアウトの時には体がもうぼろぼろになって死んでいくそうです。







P1318778_hoteiuo ホテイウオの吸盤

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

抱卵が終わってヒトデに食べられているホテイウオです。
ちょうど吸盤が見えていたので











P1318844_koorikajika_tamago コオリカジカの卵

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

コオリカジカの卵を初めて見ました。
実は、写したときは卵があるのが分からないで、あとでモニターを見て分かりました。卵は周りと同じ色なので気づかないですよね?








P1318844_koorikajika_tamago_2 コオリカジカの卵

(左クリックで拡大)

上の写真の拡大です。

左側に見えている赤いつぶつぶが卵です。












P1318765_kozakiraminoumiusi コザクラミノウミウシ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

5mmぐらいで裏側にもう2匹居ました。











にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »