« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月26日 (火)

幌武意でダイビング 1/24 ナメダンゴ と ダンゴウオ

気温2℃、曇り空からたまに出るお日様。
海も穏やかで透明度も良く、水温8℃。
この時期としては絶好のダイビング日和?

今年初の、ナメダンゴ と ダンゴウオ を見ることが出来ました。
ホテイウオの卵も発眼しています。2月初めには、3~5mmのホテイウオの稚魚を見ることが出来そうです。
トドさんは、また定休日でした。

今日は、ニコノスを持ったゲストさんが居ました。
フィルムで36枚しか写せないなんて、下手な鉄砲も数打ちゃ当たるの私にはまねできません。
デジカメになってから、大事に取る気持ちがだんだん無くなってきているのは私だけ?

P1248727_namedango ナメダンゴ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

今年初のナメダンゴです。
吸盤で岩に張り付いているのが分かるでしょうか?












P1248729_dangouo ダンゴウオ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

ダンゴウオも今年初です。
穴に入っていて全身が見えないのが残念。












P1248669_aikajikaアイカジカ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)
















P1248673_aikajika アイカジカ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

頭のアップです。と言うか、なぜかどんどん近づいてきて頭しか写せなかったのです
ライトの明かりに寄ってきたのでしょうか?









P1248690_karei カレイ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

どこにいるか分かりますか?













P1248668_onikajika オニカジカ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)
















P1248664_akiginpoアキギンポ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)
















P1248679_yadokari ヤドカリ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

たまに見ることが出来るのですが、小さいヤドカリを引きずっています。
小さいのはメスでしょうか?











P1248677_kitunemebaru キツネメバル

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

久しぶりに見たような気がします?













P1248702_hoteiuo ホテイウオの抱卵

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

ゴッコの抱卵です。














P1248744_hoteiuoホテイウオの抱卵

(左クリックで拡大)

卵がもう発眼しています。















P1248744_hoteiuo_hatuganホテイウオの卵

(左クリックで拡大)

黒い点が、発眼している目です。













 

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月19日 (火)

幌武意でダイビング 1/17 ホテイウオの抱卵が始まっています。

ホテイウオの抱卵が始まっていました。
抱卵しているのは雄。 雌はどこにいるのだろう?

今日はトドさんの定休日でした。 残念 

P1178642_hoteiuo ホテイウオの抱卵

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

写真は逆さまでは有りません。
この日は10個体ぐらい見ることが出来たのですが、なぜかホテイウオは逆さまの姿が多いのです?

ほとんどはホテイウオの体で卵が隠れて見えません。この日は、2カ所で卵を写すことが出来ました。




P1178581_hoteiuoホテイウオの抱卵

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

ホテイウオは表情が可愛いのです。カメラが入らないので縦に写っています。ホテイウオのことをこの辺では、ゴッコと呼びます。
2月には卵が孵り、3~5mmの稚魚を見ることが出来ます。これから行く方は、高倍率のマクロレンズが必須となります。でもマクロではトドは写せない。どうします?




P1178555_suzumedai スズメダイ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

死滅回遊魚と言われていますが、水温9℃でまだ元気です。
もしかしたら、定住しているかも?










P1178558_bero ベロ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

ヒトデが狙っている?














P1178561_karei カレイ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

どうして周りと同じ色に、なることが出来るのだろう?













P1178567_kajika カジカ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)
















P1178588_emuraminoumiusi エムラミノウミウシ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)
















P1178609_yariika_tamago ヤリイカの卵

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

ヤリイカの産卵も始まっています。

去年も同じ場所で産卵していました。何でだろう?










P1178582_hitodeヒトデ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

いつもは平らなのに、こんなに盛り上がったのは始めて見ました。
もしかしたら何かを包んで食べているのだろうか?
ひっくり返しての確認はちょっと不気味なのでパス













にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月14日 (木)

1/10 納沙布岬まで、『ラッコのクーちゃんを見に行こう』ツアー

羅臼ダイビングツアーの、1/10は波が高くてダイビング中止になってしまいました。
 (1/9,11の水温は、2℃でした。書き忘れました) 

知床ダイビング企画のSさんから、今なら納沙布岬でラッコのクーちゃんを見ることが出来るとの情報で、急遽 『ラッコのクーちゃんを見に行こう』 ツアーに行ってきました。
ロビンソンのNさん。みんなのわがままを聞いてくれて感謝・感謝です。

居ました~    みんなの日頃の行いが良かった?

P1108401_rattuko ラッコのクーちゃん

(左クリックで拡大)

この辺にいるラッコはみんな「クーちゃん」と呼ばれます

待つこと30分

沖からやってきて、岩の周りでしばらく遊んだあと、また沖に帰っていきました。








P1108402_rattuko ラッコのクーちゃん

(左クリックで拡大)

水温2℃で、どうして平気なのだろう?












P1108403_rattuko ラッコのクーちゃん

(左クリックで拡大)

















P1108412raw_rattuko_2 ラッコのクーちゃん

(左クリックで拡大)



















P1108345_nosattupu_misaki_3000 納沙布岬パノラマ
(左クリックで拡大)




左端が納沙布岬の灯台です
ラッコのクーちゃんは、中央に見える3個の岩の周りを周回して帰って行きました。
クーちゃん撮影の常連さんは、白い長いレンズをかまえて、朝から岩の上で待っていたのだそうです。(写真中央の方々です)
岩までちょっと距離があるので、長い望遠レンズが必須です。
常連さんの話では、北方領土にラッコのコロニーがあって納沙布まで遊びに来て居るらしいとのことです。
30分の待ち時間で見られたのはラッキーでした。
アザラシも居たのですが、警戒心が強いのか写真が撮れる距離まで近寄ってきません。

P1108327_ookamiuo オオカミウオ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

帰りの道の駅で見たオオカミウオです。
口を開けてくれなかったのが残念です。

 今回、一眼レフカメラの方たちはダイビング用にマクロやワイドレンズしか用意していなかったので、急に決まった『ラッコのクーちゃんを見に行こう』ツアーでは望遠レンズが無くでした。
冬の羅臼では、鷲、アザラシ、トドなど、陸上でも写すものがたくさんあるので、是非望遠レンズも持って行きましょう。

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月13日 (水)

羅臼でダイビング 1/9,11 波高し打撲傷です?

《 羅臼ツアー 顛末記 》

1/8 夜22:30出発。1/9~2本、1/10~2本+ナイト、1/11帰路 の予定で出かけたが?

1/9 民宿で仮眠、朝食後、朝10時にポイント到着。
波が予想より大きく、正面のトド岩側から入るのは無理な状態。 
ローソク岩の右側からなら、何とか入れるとのことで入ったのだが、海の中は、大きなうねり、砂が舞い上がって写真はマリンスノー状態。
這々の体で浮上するも、40分の間にさらに波が高くなっていて一人で上がるのはかなりハード。陸から補助してもらいながら腹ばいでやっとエキジット。疲れた~
で、午後のダイビングはさらに波が高くなったので中止になりました

1/10 波がさらに高く、今日のダイビングは中止。
急遽、納沙布岬まで、『ラッコのクーちゃんを見に行こう』ツアーに変更。
(これは、次のブログへ続く)

1/11 波が治まっていたら1本入ろうと様子見。1/9より波は治まっていて、トド岩の正面側から何とか入った。のだが、海の中は1/9と同じでまともな写真はありません。お魚さんもいなかった
40分後に上がると波が大きくなっていて、カメラを持ったままで一人では上がれず、先に上がったガイドのNさんにカメラを受け取ってもらって、やっと四つんばいでエキジット。ゴロタ石の上で1回転?。あちこちが打撲と筋肉痛で痛い。
ボートダイビングの楽ちんなこと。(体がなまっている?だけ)
あとはスタコラと一路札幌へ。ガイド兼ドライバーのNさん。お疲れ様でした。

今回のツアーの目玉は、、『ラッコのクーちゃんを見に行こう』ツアーになっていました

P1098271_namedango
ナメダンゴ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)















P1098259_ebiエビ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

緑色のエビです。
名前は不明













P1098275_onikajika オニカジカ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)
















P1118434_hanasakiuniusi ハナサキウミウシ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)
















P1118440_tarabaganiタラバガニ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

タラバかアブラか区別できません













P1118441_tarabaganiタラバガニ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

タラバかアブラか区別できません













P1118443_sirohokuyouumiusi シロホクヨウウミウシ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

















羅臼のダイビングポイントです

Dscf0027_todoiwa_3000  トド岩とローソク岩
(左クリックで拡大)




中央の岩がトド岩で、ここを行き帰りで一周するのが標準的なルート。
その先には、-20mの岬。すぐにドロップオフで-40mぐらいまで落ちています。
右側に見えるのがローソク岩です。

下はトド岩正面のエントリーポイントの様子です。

2010_01_10_todoiwa_001_0001 ダウンロード 2010_01_10_todoiwa.wmv (442.7K)

1/10 波が高くて中止です












2010_01_11_todoiwa_0001_2 ダウンロード 2010_01_11_todoiwa.wmv (397.6K)

1/11 入る前の波。上がるときは・・・














民宿 「よね丸」さんの夕食

Dscf0002_09_yuusyoku 1/9の夕食

(左クリックで拡大)

よね丸さんに泊まったお客さんは、これでリピーターになります。














Dscf0016_10_yuusyoku1/10の夕食

(左クリックで拡大)

必ず体重が増えます




















にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

今年もガンガン、潜るよ~ 1/1 元旦

 今年も、元気で安全に注意して、ガンガン潜るよ~

初潜りは、1/9,10に、羅臼ローソク岩です。
ここの、ナイトダイビングは最高です。ワクワク♪
天気が良いように、ただただ祈るばかりです。
雪が降ろうが、寒かろうがOKです。波さえなければ

_umi_3

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »