« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月24日 (火)

もうすぐ流氷ダイビング。 気が早い?

北海道は雪が降ったり止んだりですが、まだ根雪にはなっていません。
もう内地のダイビングショップさんから、流氷ダイビングの予約が入っているそうです。

今年の流氷はどうでしょうか。これほど不安定なものはありません。
今年の2月、「知床グランドホテル北こぶし」さんのライブカメラで見た流氷です。
ダイビング日が近づくと、今日はどうかなと毎日ライブカメラチェック。
これもまた楽しい

15日には接岸していなかったのに、16日には一面流氷で覆われています。
昨日は良かったのに今日はダメ。 と言うのがよく解ります。

2009_02_15 2月15日

流氷はありません

写真は流氷ダイビングのポイントです

私が行ったときは、左下に見える岩よりちょっと沖合側で入りました。










2009_02_16 2月16日

一晩で様子が一変。

海一面流氷です。















2009_11_2411月24日

比較のために見てみました

快晴みたいです。

ちょっと波が高い。















流氷ダイビングを予定している方は、「知床グランドホテル北こぶし」さんのライブカメラで是非チェックを。 
でも、カメラの取り合いは必死です。
天気が良い日は、流氷ダイビングポイントにいる人がかろうじて動いているのが分かるくらいには見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

ウエイト考

今回は、写真の記事はありません。

ドライスーツの適正ウエイトについて疑問だったことです。

インストラクターさんから、「もっとウエイトを減らせるはずです」と言われたのですが?


問題 : 標準体重より 15 Kg オーバーのダイバー 。 

      標準体重に比べて、浮力の増減はあるの?

     ①体重増加による浮力変化

      体重増加はほぼ脂肪なので、脂肪の比重を 0.92 とすると、体積の増加は

      15x(1/0.92)=16.3 L

      体重増加による浮力変化=16.3-15=1.3 Kg

     ②ドラえもん体型ドライスーツの生地面積増加による浮力変化

      体表面積 1.13 倍、ドライスーツの浮力 4 Kg (夏用インナー、推定)として

      ドライスーツの生地面積増加分による浮力変化=4x(1.13-1)=0.52 Kg    

     ③浮力の変化(合計)=1.3+0.52=1.82 ≒ 2 Kg

答え : +2 Kg の浮力増加

     標準体重の人より 2 Kg ウエイトを増さないと沈まない?

     本当? 計算あってる?

 

夏場の薄いインナーのとき、ぎりぎりのウエイト 8 Kg の私。

標準体重(に戻れたなら)なら 6 Kg でOKと言うことでしょうか?

冬場は水温5℃まで下がるのでインナーも厚くなるし、エアーもたっぷり入れたいので、
11Kgぐらいになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

カップヌードルが縮んだ?

札幌のダイビングショップRさんで見つけました。

深海の高い水圧で潰れたカップヌードルの容器。(右側)

Suisin_3182m_2
水深 3,182 m まで行って帰ってきた子です。

水深3,182mは319気圧の高圧世界。

発泡スチロールの気泡セルが潰されて、高さ10.5cmが7cmに縮んじゃいました。

お湯を掛けても戻りません








比較に潰れる前のカップを並べて写したかったのですが、今は紙カップになってしまったため手に入りません。(左側は合成です)
紙カップになったため、この実験はもう出来無くなりました。
貴重なサンプルになってしまいました。

いつも使っている10リットルの空気タンク。200気圧に圧縮された空気が入っています。
これって、200リットルのドラム缶10本分の空気が入っているって事です。
普段気にもしていない200気圧タンクもエライ。

スクーバダイビングって、ドラム缶10本分の空気で50分ぐらい潜っているんですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

美国でダイビング 11/14 ホッケの産卵始まりました

 今日は朝から雨、おまけに風も強い。
午後から荒れるとのことなので2本早めに入ろうとブリーフィング。
1本目入るときは波も大きくなかったのだが、上がると一変。
風はヒューヒュー、波はドンブリコ。
顔に当たる雨はみぞれの手前で痛い。
先に上がって待っていた方は船酔い。
今日は1本で撤収。
何事も安全第一。


ホッケの産卵が始まっていました。
水温12.7℃。 1週間毎に1℃下がってきています。
でも、透明度は15m。天気が良いと水底からお日様が見られたのに。残念

Pb147609_hokke_tamago ホッケの卵

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

綺麗なグリーンです。
グリーンの卵は生まれたてで、しばらくすると次の写真のように金色になるそうです。










Pb147608_hokke_tamago ホッケの卵

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

上のグリーンの卵がしばらくすると金色になります。













Pb147599_hokke_tamago ホッケの卵

(左クリックで拡大)

金色の卵です。

前々回(10/31)見た、アイナメの卵と内部の構造が違うみたいです。











Pb147605_bero ベロ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

ベロもお腹が大きくなっています。
でもベロの卵って見たことありません。











Pb147621_siroumiusi シロウミウシ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

浅場で見つけたので、うねりで触覚とエラがユラユラ。
写す方もユラユラ。












Pb147626_sarasaebi サラサエビ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

今回も、前に見つけたときと同じ構図。石の奥にいるので全身が写せません。












Pb147629_mamegasi マメガシー

(左クリックで拡大)

初めて見た(様な)子です。
ガイドさんに名前を聞いたのですがうる覚え。

あっているでしょうか?

石の奥にいて左側の写真は頭しか写ってなかったのでカット。









Lake_sp_3 

  内地からダイビングに来ていた方は、明日は支笏湖でレイクSP。
水温8℃くらいですよ










[検索キーワード]
海中立体写真 水中立体写真 立体写真 ステレオ写真
Stereogram Stereo Photo 3D  海の中 海中 水の中 水中

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

美国でダイビング 11/8 ケムシカジカ、アイナメ抱卵 が沢山

水温13℃まで下がりました。
寒くなると魚影が濃くなってきます。
ホッケが出てきていますが、早すぎて尻尾の写真しか撮れませんでした
ケムシカジカ、アイナメの抱卵は、あちらこちらで目に付くようになってきました。
まだエチゼンクラゲを見ることが出来ましたが、もう元気がありません。ぼろぼろになったエチゼンクラゲもいました。

Pb087478_kemusikajika ケムシカジカ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

岩壁に横になって張り付いていました。
通りすぎようとしていきなりいたので、こっちもびっくり、相手もびっくり。










Pb087489_kemusikajika ケムシカジカ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

この日は、4匹見つけたのですが、何とか写せたのは2匹でした。












Pb087524_aburako_houran アイナメの抱卵

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

近づくと、威嚇されてしまいました。
ごめんなさい












Pb087563_aburako_houran アイナメの抱卵

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

卵の中に目が見えるようになるのは1ヶ月ぐらい先とのことです。












Pb087481_komonumiusi コモンウミウシ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

お久しぶりです














Pb087551_kadorinaumiusi カドリナウミウシ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

エラが開いて綺麗です














Pb087572_kokeginpo_2コケギンポ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

コケギンポは、やっぱり口を大きく開いているのが、めんこい。












Pb087578_sunaebi スナエビ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)
















Pb087582_ougonmurasoi オウゴンムラソイ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

このポイントで何回か見ているのですが、同じ個体なのかどうか分かりません。
同じ場所に住み着くのでしょうか。











[検索キーワード]
海中立体写真 水中立体写真 立体写真 ステレオ写真
Stereogram Stereo Photo 3D  海の中 海中 水の中 水中

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

どうしても立体視が出来ない人のために その5

どうしても立体視が出来ない人のために、”ふりふり3D”(なんかににてるなー)を作ってみました。(その5)

Pa317423_aburako_houran_f3d_10_300_

アイナメ(アブラコ)の抱卵です。

(091031_美国)




























[検索キーワード]
海中立体写真 水中立体写真 立体写真 ステレオ写真
Stereogram Stereo Photo 3D  海の中 海中 水の中 水中

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

美国でダイビング 10/31 アイナメの抱卵

アイナメ(北海道ではアブラコと言います)が抱卵していました。
ちなみに抱卵と言っても卵を守っているのは、婚姻色で黄色くなった雄です。
雌はどこにいるのでしょうか?

水温は14℃まで下がりました。
帰りは、途中から霙になり、翌日起きたら2cmぐらいの初雪でした。

Pa317425_aburako_houran アイナメの抱卵
(アブラコの抱卵)

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

卵が収まりきらなかったので縦長くなってしまいました

卵の色も、緑・黄・赤など色々有りますが、なぜ色が違うのか不明だそうです。

















Pa317440_aburako_tamago アイナメの卵
(アブラコの卵)

(左クリックで拡大)

上の写真とは違うアイナメの卵で、まだ生んでから1週間たっていません。(先週は無かった)

もう少ししたら、目が見えるようになります。
ハッチアウトを見てみたいものです。






Pa317385_kobudai_yougyo コブダイの幼魚

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

この姿から、あごが突き出ていて頭にコブがある成魚の形はどうしても想像できません。

積丹では、成魚を見ることは出来ません。どこにいるのでしょうか?







Pa317397_kani カニ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)
















Pa317406_amimehagi アミメハギ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)
















Pa317416_kemusikajika ケムシカジカ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)

おでこにリボンが付いているみたいです

目玉は、顔の輪郭から飛び出て、ちょこんと乗っている様です。









Pa317449_tako タコ

立体写真×交差法
(左クリックで拡大)


















[検索キーワード]
海中立体写真 水中立体写真 立体写真 ステレオ写真
Stereogram Stereo Photo 3D  海の中 海中 水の中 水中

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »